世界自然遺産にも登録された屋久島の森のすばらしさは、すでに多くの人々の目を引きつけています。
しかし、その森を構成する要素の一つ「こけ」に関しては、ほとんど知られていないのが実情です。日本に産する1600種あまりのうち、実に600種ものコケが、深い森と豊かな雨に育まれてこの島に生育しています。 屋久島はまさに世界有数のコケの宝庫です。 すべてのコケを調べるには顕微鏡などが必要になりますが、普段私たちガイドが森の中でよく目にする屋久島のコケ達をご紹介いたします。

 

 

ype-koke-mizukoke

オオミズゴケ

白緑色の柔らかいコケで、乾燥するとさらに白くなる。ミズゴケの仲間は体の中に穴のあいた袋状の細胞を多く持っているため、スポンジのように多量の水(なんとコケの重さの16倍~26倍)を吸い込むことができる。そのため、生えているミズゴケ類を強くつまむと、水がしみだしてくる。

 

 

ype-koke-mizukoke2

ルーペでさらにズームしてみました!

ype-koke-oosiragakoke

オオシラガゴケ

茎は長さ5cm以上になり、葉は白緑色で光沢がない。この仲間は葉の中央部の細胞にだけ葉緑体があり、周辺の細胞には無いため、白く見える。

ype-koke-jakoke

ジャゴケ

幅1~2cmの葉状で、長さ3~15cm、厚くて硬い。表面にヘビのウロコ状の模様があり、その中央に小さな気孔が一つずつある。

 

 

ype-koke-jagoke

細胞みたいな中に気孔があります

ype-koke-yamatofeegoke

ヤマトフデコケ

茎は長さ6cmに達する。屋久島のものはしばしば葉が茎からはずれる。
繁殖力が強く、外れた葉から再生してたちまち裸地一面を覆いつくす。

ype-koke-hirohahinokikoke

ヒロハヒノキコケ

丸くてふわっとした群落を作り、イタチノシッポという別名もある。
屋久島に来られた人なら必ず見ているコケです。
さわると動物の毛みたい。

ype-koke-hououkoke

ホウオウゴケ

茎は長さ9cmに達する。
和名のホウオウゴケは植物体を架空の鳥「鳳凰」の尾に見立てたものである。
沢沿いなど水気の多いところでよく見かける。

ype-koke-nukunukugoke

ムクムクゴケ

全体的に柔らかくモコモコした感じがするのは、葉の先端が細かく糸状に裂けるためで、ルーペでのぞくと密生した細やかな毛を見ることができる。
見た感じムクムクしてますね。

ype-koke-kechouchingoke

ケチョウチンゴケ

沢沿いの湿った岩上や倒木上に生える。  チョウチンゴケの仲間は葉を光にすかしてルーペで見ると、大きな細胞がきれいに並んでいるのが見えてきれいです。

ype-koke-ezomizukoke

エゾミズゼニゴケ

沢筋の湿った地面や岩上に生える。 ヤクスギランド~天文の森によく見られる。  葉の表面は平滑でつるつるしていて、ジャゴケやゼニゴケ類のような模様がないので分類しやすいです。

ype-koke-yakushimagoke

ヤクシマゴケ

明るい道路脇の水の滴る花崗岩質の崖地に生える。
葉は重なり合ってつき、葉の縁に数個のするどい歯がある。
1911年に岡村博士が初めて屋久島から報告した。その後、国内の他の地域では発見されていないが、国外では東南アジアから東アジアにかけて分類することが知られています。

ype-koke-forremuchigoke

フォーリームチゴケ

日当たりの悪い湿った林床、岩上、樹幹基部、倒木などに生える。
島内には他に、小型で白く、縁が裂けないコムチゴケや、ヤマトムチゴケなど数種類がある。

ype-koke-kigoke

オオキゴケ

ヤクスギランド~天文の森でよく見られます。
コケとまぎらわしい植物ですが、地衣類になります。
地衣類は菌類の体内に藻類の細胞を取り込み、共生している。
なんか、枯れているみたいですが、こうゆう地衣類です。
日当たりのよい乾いた岩や樹幹に多く生育し、乾燥に強い

 

屋久島にあるコケが約600種もあるので、これからも地道に写真を撮り分類ができましたらみなさまにお届けしていきたいと思います。一人でも多くの方が屋久島のコケの魅力に触れられることを願っています。

 

 

 

撮影  青木高志

参照:   財団法人 屋久島環境文化財団
「屋久島のコケガイド」より