「はじめて屋久島に行きたいんだけど、どこに行けば満喫できるの?」

これが一番多い質問かと思います。

屋久島といえば、縄文杉や白谷雲水峡が有名ですね。
ただ、満喫できる場所はそれだけではないのです。
ヤクシカやヤクザルと出会えるガジュマルの森や、エメラルドグリーンの沢でひと泳ぎできる秘境の沢などもオススメ!
そんな屋久島を満喫できる人気ツアーをご紹介します。

当店が催行している屋久島トレッキングツアーは亜熱帯から冷温帯までの屋久島をすべて満喫できるように企画しています。

屋久島パーソナルエコツアーがおすすめする、
屋久島トレッキングツアーのベスト6をご紹介します。

ご参考にどうぞ!

 

 

1位 早朝の神聖な森を満喫! 
縄文杉ひとりじめキャンプ

当店、屋久島パーソナルエコツアーで一番人気の屋久島トレッキングツアーが
「縄文杉ひとりじめキャンプツアー」です。
神聖な朝の森の空気の中で、厳かにたたずむ縄文杉。
天気が良ければ、朝日を浴びる縄文杉を体感できます。
あわただしく一日で行って帰ってくる日帰り縄文杉ツアーではなく、
屋久杉の原生林をじっくり堪能したい方へおすすめです。

 

詳しくはこちらの縄文杉体験レポートをどうぞ!
「大満足! 縄文杉ひとりじめキャンプツアー」

 

屋久島キャンプツアーで必要な登山装備

 

 

 

2位 エメラルドグリーンの秘境の沢で遊ぶエコツアー

水の島、屋久島。
このエメラルドグリーンの沢でひと泳ぎすると、脳がスキッとして
「楽しい」「愉快」「気分爽快」「気持いい」「幸せ」
といった脳内物質であるBエンドルフィンがたくさん脳から分泌され、
どんどん脳を活性化させてくれます。
物質欲が満たされても決して味わうことのできない、
人間が本能的に求めている「幸せ」を体感してみてください。

 

詳しくはこちらの体験レポートをどうぞ!
「夏限定!エメラルドグリーンの秘境の沢で遊ぶエコツアー」

 

 

 

3位 苔むした緑の森を体感! 白谷雲水峡トレッキングツアー

約600種類の苔に覆われた緑の森から太鼓岩まで一日かけてゆっくり歩くコース設定になっています。
苔むす森に流れる沢のせせらぎを聞きながら、贅沢な朝食の時間。
苔を観察したり、写真をゆっくり撮ったりと、屋久島の苔むす森をじっくり満喫できます。
当店のオリジナルエコツアーで一押しなのが、
太鼓岩まで行って、行きと帰りが違うルートを歩く
「白谷雲水峡スペシャルトレッキングツアー」がおすすめです。

 

詳しくはこちらの体験レポートをどうぞ!
「苔むした緑の森を体感! 白谷雲水峡トレッキングツアー」

 

日帰りトレッキングツアーで必要な登山装備

 

 

 

4位 屋久島の神髄を堪能できる! 宮之浦岳ピストンキャンプ

屋久島の最高峰、宮之浦岳登頂にチャレンジするトレッキング(登山)ツアーです。

石塚小屋で1泊して宮之浦岳を目指すピストンキャンプツアーになります。
宮之浦岳を越えて、新高塚小屋に縦走するハードなコースではないので、
時間的に余裕ができます。

世界自然遺産地域の核心部である屋久島の神髄をじっくり堪能できるキャンプツアーです。

詳しくはこちら

「宮之浦岳ピストンキャンプ」

 

 

5位 贅沢な森の時間を満喫! 淀川トレッキングツアー

淀川トレッキングツアーの最大の特長は、時間帯をずらすことで、
ほとんど誰もいない静寂した森を堪能できる事です。

この淀川の清流のせせらぎを聞きながら、ゆっくりお弁当&コーヒータイム!

至福のひと時です。

 

詳しくはこちらの体験レポートをどうぞ!

「贅沢な森の時間を満喫!淀川トレッキングツアー」 

 

 

6位 野生のヤクザルとヤクシカに逢える! ガジュマルの森エコツアー

ここもまた屋久島なのか!と思わせる、亜熱帯ジャングルの森をトレッキングします。
海岸に近い地域ではガジュマルやアコウの巨木が見られる亜熱帯的な照葉樹林で、
野生のヤクザルやヤクシカが屋久島の中でも一番多く生息している森です。
屋久島の中でも唯一海岸線沿いから頂上まで世界自然遺産になっている森になります。

 

詳しくはこちらの体験レポートをどうぞ!

「野生のヤクザルとヤクシカに逢える! ガジュマルの森エコツアー」

 

 

楽しいトレッキング(登山)にするにはやはり楽に歩くことです。
楽に歩くとはゆっくり歩くことです。
心臓がドキドキしない程度のペースを維持して歩くことが大切です。
急な登りや下りでは、歩幅を小さくしてさらにゆっくり歩きましょう。

はじめて屋久島トレッキングツアーに参加される方で
「普段あんまり運動をしていないんだけど大丈夫かしら?」

と思っている方は、まずは体力を付けてから参加しましょう。
怪我をしないで楽しいトレッキング(登山)をするにはやはり体力が必要です。
特に太もも、膝、足首のストレッチやスクワットは普段からしておいてくださいね!

 

屋久島登山の安全な歩き方

tozandou