ツアー催行期間 3月~11月 対象年齢 7歳~75歳 体重制限 BMI(体格指数)29以下 

屋久島パーソナルエコツアーでは、縄文杉の森で1泊キャンプをすることで、太古から伝わる縄文杉の森をじっくり堪能していただけます。
人のいない夕刻、おごそかにたたずむ縄文杉を満喫。その後、高塚小屋に1泊キャンプをし、ガイドが作る手料理で乾杯!そして翌朝、朝日を浴びた最も神秘的な瞬間に縄文杉をじっくり堪能できるエコツアーです。

 

縄文杉ひとりじめキャンプツアー のアートギャラリー

  • 縄文杉ひとりじめキャンプツアーの画像
  • 縄文杉ひとりじめキャンプツアーの画像
  • 縄文杉ひとりじめキャンプツアーの画像
  • 縄文杉ひとりじめキャンプツアーの画像
  • 縄文杉ひとりじめキャンプツアーの画像
  • 縄文杉ひとりじめキャンプツアーの画像
  • 縄文杉ひとりじめキャンプツアーの画像
  • 縄文杉ひとりじめキャンプツアーの画像

縄文杉ひとりじめキャンプツアー の絶景動画

縄文杉ひとりじめキャンプツアー のメニュー詳細

荒川登山口~縄文杉~屋久杉巨木の森~エメラルドグリーンの沢~荒川登山口
当店の縄文杉ひとりじめキャンプツアーでは白谷雲水峡には行かないので、
時間的に余裕があり、行きとは違うトレッキングコースで下山いたします。

縄文杉ひとりじめキャンプツアー 

縄文杉ひとりじめキャンプツアー 7つの魅力

1 自分たちのペースで気兼ねなくゆっくり歩ける
2 ガイドの解説を聞きながら屋久島の自然を堪能できる
3 誰もいない静かな縄文杉に逢える
4 パーソナルガイドが作る野外料理が美味しい!
5 朝日を浴びる縄文杉が神秘的
6 行きとは違う屋久杉巨木の森をトレッキングして下山できる
7 エメラルドグリーンの沢でゆっくり昼食

  • 縄文杉キャンプ マップ (荒川往復):
  • イメージ図
  • 宿から屋久杉自然館バス停までガイドが送迎いたします。
    屋久杉自然館~荒川登山口までバスで約40分。

    ・入山協力金(2日間2000円:中学生以上)
    ・バス料金が往復 大人1380円 小学生700円 別途必要になります。
    ・トイレは4か所あります。
    ・標高差750メートル

  • 縄文杉キャンプ スケジュール (荒川往復)
  • イメージ図
  • ※発着時間は宮之浦からの設定になっておりますので、他の場所にお泊りの方は時間が異なります。
    (詳しくはツアー前日に確認のご連絡をいたします)

縄文杉ひとりじめキャンプツアー  の基本情報

距離21.6km
標高差750m
対象年齢7歳~75歳(高校生以下は親同伴)
健脚度健脚度健脚度健脚度健脚度健脚度

縄文杉ひとりじめキャンプツアー  の料金表

1名様 2名様 3名様 4名様
エコツアー料金(税込) 70,000 78,000 105,000 128,000
ひとりあたり(税込) 70,000 39,000 35,000 32,000

BMI指数29以下の方がご参加可能です。

 

BMI指数とは、肥満度を表す指標として用いられ、

計算式は以下のとおりで、身長はcmではなくmで計算します。

[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]

 

例:170センチ 60キロの方  60÷(1.7×1.7)=およそ20.1

 

 

必需品!持ち物リスト(色付きのリストはレンタル可能です)

レインウエア 上下に分かれてフードのついたしっかりしたもの(お天気でも必ず持参ください)
トレッキングシューズ 足首までしっかりとサポートされているもの(靴下は厚手のもの)
ザック(カバー付) 35~40リットルサイズが適当です
ストック 下るとき、あると便利です
ヘッドライト 夜トイレに行く時など必要です。ペンライトはNG(転倒時大変危険です)
シュラフ(寝袋) 3シーズン用ダウン製で、コンパクトに収まるタイプをおすすめします
マット シュラフの下に敷きます。下からの冷気も防ぎます。
携帯トイレ 1~2個ほどご準備ください。
ペットボトル 水筒替わりに。500ml程度のもの(夏は2本おすすめ)
軽量折りたたみ傘 雨天時の休憩、お弁当をとるときに役立ちます
手袋 防水加工タイプがおすすめ
お弁当(朝昼分) エコツアー前日、宿で手配できます。もしくはガイドが代行手配できます。
タオル 着替え 1~2枚程度。汗拭きや汚れ落としなど。Tシャツ、長袖Tシャツ、靴下の替えなど
トイレットペーパー 食器の汚れ等も拭きます。
ゴミ袋 1、2枚ほど
行動食 荒天時2日目の昼食などに備えて
各自保険証

 

btn_rental_grn

服  装

  • 上は季節によって長袖Tシャツ、半袖Tシャツ、その上にフリースなど着脱が容易なもの
  • 下は伸縮、速乾性のある軽い素材のもの(濡れると伸縮性のなくなるデニムはNG) 寒い時期はアンダーにCW-Xのようなレギンスタイプを履くのもよいですね。暑くても生足半ズボンはNGです。
  • 野球帽のようなツバのあるキャップ(レインウエアのフードを被ったとき視界が開けます)

このコースでおすすめの宿(地域)は安房地区です。

・グリーンホテル

・杉の里

 

 

 

確認事項

  • お申し込み送信後、当店からお見積もり、事前振込口座案内のメールが届きます。
  • エコツアー催行10日前まででしたら、事前のお振込をお願いします。
  • 当店は基本貸切のご案内ですので、貸切料金は加算されません。
  • 7名様以上の団体様は、お電話などでご相談ください。
  • 消費税込の料金です。
  • 初日朝昼のお弁当代(宿で手配可能)、シャトルバス代(往復1380円)などは別途料金になります
  • 当店で国内旅行傷害保険に加入できます。補償内容はこちらのページでご確認ください。
  • エコツアー当日,宿までの無料送迎サービスいたします(基本宮之浦~湯泊地区) それ以外の地域は、レンタカーなどで指定の場所までご集合願う場合もございます。
  • 山岳部環境保全協力金(山中泊の場合2000円)が別途かかります。

縄文杉ひとりじめキャンプツアーに参加された方々の声

  • このツアーに参加された小黒様の声

    このツアーに参加された小黒様の声

    「おかげさまで女房の熱も屋久島のパワーで解消され連日の晴天でまさに縄文杉をひとりじめ。
    夕方のおごそかな、また朝日をあび気品に満ちた縄文杉を満喫いたしました。
    日帰りでは得る事の出来ない体験をさせていただきました。
    もちろん島周遊、白谷雲水峡での経験も忘れられません。
    若い人たちが足早に走り、その速さを競うような流れの中でガイドさんの
    大変詳しい説明を受けゆったりとした時間を過ごしました。」

  • このツアーに参加された藤田様の声

    このツアーに参加された藤田様の声

    「本当にありがとうございました。
    家族でこんな風にガイドしていただいて山を歩いたのは初めてのことで、本当に心に残る旅になりました。
    佐々木さんのおかげで自分たちだけでは絶対に味わえない贅沢な旅になりました。
    30キロもあるリュックを背負って黙々と歩く姿を、生意気盛りの中学2年の息子はちゃんと見ていて、
    同じような体勢(胸の前で腕組みしてみたり、ポケットに親指だけひっかけてみたり)で歩いていてほほえましかったです。
    親の言うことは聞かなくても、ホンモノの大人を子どもはみているのですね。
    大自然との出会いと同じぐらい、佐々木さんとの出会いも大きなものだったと思いました。」

  • このツアーに参加されたナナ&リサ様の声

    このツアーに参加されたナナ&リサ様の声

    「縄文杉までの道中、生態系のさまざまな一面を垣間見ることができ、未だ解明されない不思議、
    人間の小ささ、いろいろ考えさせられました。今まで全く興味を抱かなかった苔も、屋久島では
    なんと美しく、またいろいろな種類があることか。本当にいつまでも眺めていることができそうでした。
    人間が名前をつけていない杉も、杉以外のさまざまな木々も、みるものすべてが神秘的でした。」

  • このツアーに参加された中村様達の声

    このツアーに参加された中村様達の声

    「屋久島での3日間は、青木さんと一緒に旅ができて、ホントに楽しかったです。
    ずっと青木さんと一緒だっただけに、4人旅してる感じでしたね。。。
    臨機応変に対応して頂いたおかげで、濃いーキャンプでした!!
    縄文杉の昼、夜、早朝、朝の4つの顔に会うことができたことは、最高のお思い出です。
    これもひとえに青木さんが一期一会を大切にして最高の思い出を提供したいという想いで、
    ガイドして頂いたおかげと感じています!
    私たちのような若輩者の話にも付き合って頂いて、
    また度重なる同じ質問にも、呆れず親切にお答え頂き、ありがとうございました!」(笑

  • このツアーに参加された林様の声

    このツアーに参加された林様の声

    「連休のかかりで、観光客の多い中
    たくさんのガイドさんを拝察する機会もあり
    御社の丁寧かつ親切なガイダンスやサービスは群を抜くものだったと
    出会いの幸運に感謝です。
    特に自然と歴史に関する説明の深さと案内下さった場所・タイミングは絶妙でした。
    また、暖かな手料理にも感動しました。…一般はレトルトが多いように見受けました。
    などなど、感動話は尽きませんが、
    今後も是非素晴らしいツアーを継続してください。
    本当にお世話になり、ありがとうございました。
    来夏は沢遊びに伺いますね!」

頁トップ

電話番号