縄文杉キャンプ

ついに完成…!高塚小屋!

こんにちは!青山です。
9月2日~3日にかけて、1人縄文杉キャンプ研修へ行ってきました~。
キャンプの自主勉強のために行ってきたのですが、実は今回はもう一つ目的がありまして…。
それが、こちらです…!

DSC00430

ついに、待ちにまった高塚小屋が完成したんです!!
この高塚小屋の建て替え工事は今年の5月13日から開始され、当初の予定では7月4日に工事終了予定やったんですが…。
6月の悪天候により工事が延期になり8月に食い込む形になってました。
その高塚小屋がつい最近完成し、晴れて8月30日から利用開始!となったんです。
というわけで、「これは泊ってみたい…」という想いもあり、今回行ってきたわけです!

鉄骨造3階建てバルコニー付、収容人数は20人ほどとなっております。

DSC00432

この高塚小屋ですが、(株)レモンガス社長の赤津様のご寄付により建て替えられることになりました。
本当にありがたいです…。
赤津様、そして工事に関わってくれた皆さま誠にありがとうございます。

それでは、さっそく中の様子をご覧ください!

DSC00433

入口から入ってすぐの様子です。
右側の階段が2階に続いており、靴は1階で脱いで上へと上がる形になります。
どうやら、小屋の壁の造りとしては防水加工した管を積み上げ、その管と管の間を透明のシリコンチューブで埋めているそうです。
これによって自然光が入りやすくなるということらしいですね。

確かに中は明りが入ってきて明るかったです!
色合いも優しくてすごく落ち着く雰囲気がありましたね~。

DSC00439

1階の中から撮った写真です。
いま僕のくつが置いてあるスペースに、宿泊する人の荷物や靴はある程度置けるようになってます。

DSC00435

3階はこんな感じで、バルコニーに出られるドアがあります。
今回はこの小屋に15名ほど泊まったんですが、各階に5~6人程度なら十分な余裕を持って寝れる感じでしたね。
3階はちょっと狭いので、やはり収容人数は20人ぐらいなのかな?といったようすです。

DSC00436

3階へと上がる階段はこのようになってます。
重たい荷物を持って3階へと登るのはちょっとしんどいかもしれないです…。
人数が少なくて、1階に荷物を置くスペースがあったら、下に荷物を置いてシュラフやマットだけを持って上がったほうがいいかもしれません。

DSC00437

バルコニーからの景色です。
中々いい感じですね!バルコニーの広さはちょうど人1人分ぐらいです。
この日は、着いた人から順番にとりあえずバルコニーまで上がってました(笑

で、実際に泊ってみた感想ですが、やはり新しいということもあって綺麗で快適です♪
写真はありませんが、トイレも以前と比べるとかなり綺麗になってました!

ただ、気になる点としては…入口のドアがめちゃくちゃ重かったです(笑
みんな、「え?重っ…!どりゃ~!」といった感じで開けてました。
これは使っていくうちにスムーズになっていくんですかね?力のない女性とかはちょっと苦労しそうやな…という印象を受けました。

でも、とにかく新しい小屋の寝心地、雰囲気は個人的に最高でした!
この小屋をこれからも美しく快適に使っていけるように、利用するみんなで気を付けていきましょう。

DSC00444

ちょっとおまけです。
小屋も印象的やったんですが、この日の高塚小屋に入る光がめちゃくちゃ綺麗やったんです…。
これは夕方の写真なんですが、泊っていた人みんなが「きれい~」って言って思わず見入ってしまってました。

僕のカメラとテクニックでは伝えきれないのが残念です。
まるで”光のシャワー”って感じですごく神秘的な雰囲気でした…。

やっぱり屋久島にいるといいカメラが欲しくなってきますね(笑

 

 

ABOUT ME
青木高志
青木高志
1993年から屋久島に移住。 屋久島ガイド歴21年。 屋久島パーソナルエコツアー代表 屋久島公認ガイド 日本山岳ガイド協会認定ガイド。 大好きなこと。 ①音楽が大好きでバンドでギターを弾くのが楽しみ。 ②焚き火が大好きでダッチオーブンでサーモンやトビウオの燻製料理が得意。 ③旅が大好きで、20代の頃はインド、ネパール、タイ、などを放浪。 ④キャンプが大好きで、縄文杉キャンプツアーをしている。 ⑤自給自足的な暮らしがしたい。原木シイタケにはまっている ⑥写真を撮るのが大好きです。 屋久島に関するお役立ち情報をブログやSNSで発信しています。
こんな記事もおすすめ