屋久島を知り尽くした現地ガイドブログ

新緑の季節がやってきます。

カテゴリー別 植物, 西部林道公開日時

DSC_1432

3月に入り屋久島では木々の新芽が萌え出しはじめています。
屋久島の3月は雨が多く、この時期の雨を屋久島では「木の芽ながし」と呼んでいます。
雨が降る度に新芽が芽吹き、屋久島の森に春がどんどん近付いてきます。

「木の芽ながし」…響きがすごく綺麗な言葉ですよね~。
最近西部林道に行ってきたのですが、そこでは様々な木々の新芽や新葉を見る事ができました。

DSC_1405 オナガカエデ

特に目を惹かれたのはこちらのヤクシマオナガカエデです。
ヤクシマオナガカエデ(カエデ科) 屋久島の固有種で、低地~山の中腹にかけて生息しています。
赤と黄緑の新葉が綺麗ですね~。
いまちょうど標高の低いところから芽吹きが始まってきています。
道沿いにもたくさん生えている木なので、これからが楽しみです!

DSC_1455 バリバリノキ

大きなバリバリノキの新芽にも思わず目を惹かれました!
バリバリノキ(クスノキ科) 屋久島では標高600mぐらいまで自生していて、
温帯の森の代表的な樹木です。
特徴的な名前の由来は、枝葉に油分が多くて燃やすとバリバリと音がする、
葉が硬く擦れ合うとバリバリと音がすることからきているとされています。

DSC_1602 タイミンタチバナ

春らしい黄緑色の新葉を見せてくれたのは、タイミンタチバナ(ヤブコウジ科)です。
関東地方から西の本州、四国、九州、沖縄まで幅広く分布しています。
屋久島でも低地の林内で多く見ることができます。
あまり利用される木ではないのですが、家畜の駆虫薬として使われていたことがあるそうです。

他にも紹介したい木がたくさんあるのですが、西部林道は種類が多すぎて紹介しきれないですね(笑
標高が低いので西部林道の森は一足先に春が訪れます!
新緑の森をゆったりと歩くのはすごく気持ちいいですよ~

 

西部林道の森を歩くガジュマルツアー詳細はこちら
http://www.relaxin-yaku.com/hikyou-gajumaru.html

 

青山

 

 

 

関連の記事

  • ナンゴクウラシマソウ2010年3月7日 ナンゴクウラシマソウ 今日はエコツアーで西部林道に行ってきました。いろんな常緑樹が芽吹いていて、木の芽流しが奇麗です。もう春ですね。この植物はサトイモ科でテンナンショウ属 ナンゴクウラシマソウです。先端にひげみたいなのがついていて、うらしま太郎が釣りをしているみたいということで、ナンゴクウラシマソウというらしい。 こちらも同じくサトイモ科でテンナンショウ属の仲間でマムシクサ(ホソバテンナ […] Posted in 西部林道, Weblog, 植物
  • 屋久島の照葉樹林はもう初夏です。2013年5月15日 屋久島の照葉樹林はもう初夏です。   いい天気が続く屋久島ですが、この日も朝から快晴でしたので、屋久島の西側にある世界自然遺産地域、 西部林道に植物やサル、シカの観察をしに行ってきました。 この地域は照葉樹林という常緑樹の森で、カシやシイ類のどんぐりがたくさんつく樹木が多いです。 タブ、マテバシイ、ヤマモモ、モクタチバナ、バリバリノキ・・・・と多種多様な樹木で構成されているのが特 […] Posted in 西部林道, 植物
  • 台風の影響で予定変更でしたが。。。2013年10月30日 台風の影響で予定変更でしたが。。。 新婚旅行で屋久島に来られた遠藤ご夫妻です。 縄文杉ひとりじめキャンプツアーに行く予定でしたが、台風27、28号と連続して屋久島をめがけて北上! 安全策をとり予定よりも2日早く屋久島を出ることになり、 エコツアーも島周遊エコツアーと白谷雲水峡トレッキングツアーの2日間に変更になりました。 帰りは最終便夕方6時の飛行機をとり、2日目の白谷雲水峡トレッキングが終了し […] Posted in 白谷雲水峡, 西部林道, 島周遊, 縄文杉キャンプ
  • 春を探しに西部林道へ2013年2月18日 春を探しに西部林道へ 世界自然遺産エリアでもある西部林道へ 春を探しにドライブ。 この森で春を告げるのは・・・   です。 サトイモ科テンナンショウ属の多年草(球根)ですが、 サトイモ科でも毒があるので、ご注意を! 微妙な模様の色合いで目を楽しませてくれます。   光が射すとこんなに綺麗。 西部林道を抜 […] Posted in 西部林道