屋久島の動物・鳥・昆虫

ヤクザルの親子

yakuzaru

春から初夏にかけてはヤクサルにとっても一年で一番エサが豊富な時期になりますので、
出産もこの時期が一番多いんですよね。
森を歩いているとたくさんの子ザルに逢うことができます。

本土にいるニホンザルと比べるとかなり小柄で、毛が長いのがヤクサルの特長です。
こうやってサル同士が毛ずくろいしているシーンをよく見ますが、
とても気持ちよさそうな顔をしていますね(笑

この毛ずくろいをし合うのがとても大切なコミュニケーションになっているようで
天気がいい日は県道沿い(あったかい)で寝っころがっています。

屋久島にいるヤクサルの数は推定ですが、1万頭以上はいるだろうといわれています。
ちなみに人は約14000人ですので、ほぼ一緒ぐらいになります。(笑
ヤクシカは最近かなり増えているようで、5万頭ぐらいはいるのではないかと言われています。

 

kozaru
ABOUT ME
青木高志
青木高志
1993年から屋久島に移住。 屋久島ガイド歴21年。 屋久島パーソナルエコツアー代表 屋久島公認ガイド 日本山岳ガイド協会認定ガイド。 大好きなこと。 ①音楽が大好きでバンドでギターを弾くのが楽しみ。 ②焚き火が大好きでダッチオーブンでサーモンやトビウオの燻製料理が得意。 ③旅が大好きで、20代の頃はインド、ネパール、タイ、などを放浪。 ④キャンプが大好きで、縄文杉キャンプツアーをしている。 ⑤自給自足的な暮らしがしたい。原木シイタケにはまっている ⑥写真を撮るのが大好きです。 屋久島に関するお役立ち情報をブログやSNSで発信しています。
メールアドレスを登録いただきますと、ブログやYoutubuの更新情報をお届けします。

季節によって異なる屋久島のおすすめトレッキングコースなど、
屋久島のお役立ち情報をブログやYoutubuで配信しています。
ぜひ無料のメールマガジンに登録して更新情報を見逃さないでください。

 

メールマガジンの登録はこちら

こんな記事もおすすめ