屋久島を知り尽くした現地ガイドブログ

屋久島夏祭りの花火大会(注意!大きな音がでます!)

カテゴリー別 Weblog公開日時

MVI_0319.MOV

友人たちと、花火大会に行ってきました。

屋久島の夏 一番乗りの号砲をあげるみたいに、豪快な花火でした。

今年初の花火に私も友人も興奮気味~!! (やばいを連発してすみません・・・)

海の波音を聞きながら水面にうつる花火を見るのは格別です!

来月8日はご神山祭りで花火大会だぁ!!

夏はいいですね

屋久島 ツアー

 

照葉樹林~針葉樹林帯へ

カテゴリー別 Weblog, 白谷雲水峡公開日時

394f5ffbe389f21510dae14be118cffd

標高600m~1000m付近にある白谷雲水峡です。

もののけ姫の映画で一躍有名になったエリアです。

コケと沢がきれいなところで、
一日ゆっくり沢で休憩しながら歩くのがおすすめです。

af0020c52cb7f984760b462d2fd39e32

雨上がりの晴れ間が最高にきれいですね!
特に雫がきらきらしていダイヤモンドのようです。

aa9e5d85aa63fe81e3a36cb493d1cd4c

標高600mからは照葉樹林帯~針葉樹林へ移り変わる標高で、
この付近から、

屋久杉やツガ、モミの木といった針葉樹がちらほら出てきます。

白谷雲水峡エコツアー詳しくはこちら
http://www.relaxin-yaku.com/shiratani.html

 

屋久島 ツアー

照葉樹林の森

34612715d8c263df506d96b96b5d4787

屋久島の最大の特徴は亜熱帯の森から亜寒帯まで、この急峻な山に植生が垂直分布していることです。

沖縄~北海道までの植生を凝縮したような島。これが屋久島が世界自然遺産になった最大の理由でもあります。

別に、縄文杉があるから遺産になったわけではないのである。

そこで、今回からシリーズで亜熱帯の森~亜寒帯の森の様子を4回シリーズで紹介していこうと思います。

最初は、亜熱帯~照葉樹林の森です。

d7bf07f6b9c471cfc56c0000f611a67c

アコウの巨木です。
高さ約20mぐらいの常緑高木。

幹の周囲から気根を出します。
気根とは、空気中で水分を得ている根のことで、亜熱帯の森の多い植物ですね。

c33cf6b5ef19e7fcbb6583bf96083a93

ガジュマルの巨木です。

この木も枝から気根を垂らし、
他の木にその気根がからみつき、
絞め殺してしまう木で有名です。

高さ30m以上にもなるガジュマルの巨木が見られます。

屋久島が北限で鹿児島には自生していません。

秘境ガジュマル巨木の森コースはこちら

http://www.relaxin-yaku.com/hikyou-gajumaru.html

屋久島 ツアー

 

幻想的な宮之浦川

カテゴリー別 Weblog, リバーカヤック公開日時

e65d5cd2aeb6080f8840fccacb534ed1

天の川のようにキラキラ・・・とは、趣が異なりますが、
川の水温が少し高く、空気が冷たいときは、この時期でも
幻想的な風景が楽しめます。

こんなときに、この川で静かにオールでこぐと心が穏やかになりそうですね。

先日の豪雨時のにごった水はあっという間に澄んできれいな川に戻っていました。

屋久島 リバーカヤック

 

家づくりのヤマガラ

カテゴリー別 Weblog公開日時

やまがら.MOV

一生懸命、やまがらの親が巣を作るための材料を集めています。
上手に木の皮をはがしていますね! 

このやまがらはシジュウガラ科の鳥で、
本土のヤマガラに比べると、額のオレンジ色が濃いのが特徴です。

白谷雲水峡や屋久杉ランドで多く見られます。

屋久島 ツアー

 

ヤクザル親子.MOV

カテゴリー別 Weblog公開日時

ヤクザル親子.MOV

西部林道にいた親子のヤクざるです。  
今にも落ちそうな、子猿が可愛いですね!

夏前、
餌が多いこの時期に一番子供が多いです。 

屋久島の中でも鹿や猿に一番多く会えるところが、
この世界自然遺産エリアの西部林道です。 

当店でエコツアーを催行している
「秘境・ガジュマルの巨木ツアー」では
http://www.relaxin-yaku.com/hikyou-gajumaru.html

この西部林道の奥地を歩いていきます。

野生の屋久ざる 屋久シカを観察したい方は、おすすめのコースです。 

屋久島 ツアー