屋久島を知り尽くした現地ガイドブログ

7月に咲いていた屋久島の高山植物。

カテゴリー別 屋久島の花公開日時

 

前回のブログの続きで、
7月17,18,19日に行ってきた屋久島大縦走キャンプツアーの時に咲いていた屋久島の植物達です。

yakushimashouma

ヤクシマショウマ(ゆきのした科) 花期7月~9月

アカショウマの変種で、屋久島の固有変種になります。
標高400mぐらいの沢沿いによく咲いる、渓流沿い植物です。
白谷雲水峡でもよく見かけますが、この写真は標高1500m付近にある、投げ石平の水場に咲いていました。
高所の方がピンク色が多くきれいに咲いている。

himeumanoasigata

ヒメウマノアシガタ(キンポウゲ科)花期7~8月
屋久島の固有種です。標高1600mから1700m付近の高層湿原でよく見られます。
花は直径1cm足らずで、黄色い光沢のある花弁を5枚持つ。馬のアシ型に似ているのでこの名がついています。

 

yakushimanigana

ヤクシマニガナ(きく科) 花期(6~7月)
屋久島の固有種。 標高1600m~1700m付近の湿地に生育し、7月が一番多く咲いています。
葉は幅1cmぐらいで、長さが5cmくらいで、縁に鋸歯が3対ほどある。10cmほどの花茎の先に、
直径やく2cmの黄色の花が咲きく。6枚の舌状花があるところが特長ですね。

 

shakunanganpi

永田岳の頂上付近に咲いていたシャクナンガンピ。
最初はあまりに葉が小さかったので、ヤクシマホツツジかな?と思うほど、歯が小さかったです。

 

shakunanganpi2

シャクナンガンピ (ジンチョウゲ科) 花期6から7月
屋久島の固有種です。 標高1700m付近から高所の岩場でよく咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋久島大縦走キャンプは最高の天気でした!

カテゴリー別 屋久島大縦走公開日時

matuyama3

今回、屋久島2泊3日大縦走キャンプツアーにご参加の松山さんです。 当店ではこのコースの制限年齢を
70歳にしていますが、そのラインの70歳の松山さんです(笑
とても70歳とは思えないほどお元気でした。
写真が大好きな方で、僕と同じニコンのカメラでしたので話が合い、楽しかったです。
ちなみに僕がD300s で、松山さんが最新のD600です。
このキャンプツアーの3日間、最高の天気に恵まれ、視界もすごくよく、周りの島々がよく見えました。
もう二人でカシャン、カシャン、シャッターを切りまくりツアーになりましたね(笑

 

miyanouradake2

宮之浦岳頂上から望む永田岳。 海の向こうには、島々がよく見えます。
この日は天気も良く、視界も最高に良好でした。
左奥が口永良部島、その右隣が黒島、硫黄島、竹島とよく見えました。
鹿児島の開聞岳も良く見え、大隅半島や桜島もなんとなく見えました。
いや~まさにに「日本列島」ですね~

nagatadake

宮之浦岳(1936m)九州最高峰を越え、焼野三叉路に荷物を置いて永田岳も登頂しました。
永田岳から沖永良部島、諏訪瀬島などが見えます。
周りには、ヤクザサが多く、ヤクシマシャクナゲも多く生育しています。
この日は、シャクナンガンぴ、ヒメウマノアシガタ、ヤクシマニガナ、ヤクシマヒメバライチゴ、ヒメコナスビが咲いてましたね

nagatadake2

眼下に永田の部落が見えます。 永田浜の海が青くとてもきれい!!
正面奥に硫黄島が噴火しているのがわかります。 桜島も噴火したみたいで、黒い雲が見えました。

 

matuyama2

正面の山が、宮之浦岳(1936m)です。九州最高峰でもあります。
じっくり写真を撮りながら歩くのは贅沢でしたね!
気に入った写真がどれだけ撮れましたでしょうか?
今度是非見せてくださいね!
僕もかなりシャッター切りましたのでこれから整理が大変ですが、
またこれが楽しみなんですよね(笑

松山さん!またいらしてくださいね!
ありがとうございました。

 

屋久島2泊3日大縦走キャンプツアーの詳細はこちら
http://www.relaxin-yaku.com/daijuusoukyanpu.html

 

 

 

白谷雲水峡から太鼓岩までのトレッキングツアーに行ってきました。

カテゴリー別 白谷雲水峡公開日時

nuratagenseirin

7月14日、海の日が入っての3連休ということで、たくさん方が屋久島に来られました。
この日は連休の中日ということで、ゴールデンウイーク並みの混雑でした。
大混雑はあらかじめ予想されてましたので、
屋久島パーソナルエコツアーでは、早朝からトレッキングをおすすめしています。

この木をくぐると、もののけの世界。。。苔コケワールドに入ります!!

 

nuratagenseirin2

前日に屋久島の山では雨がザーっと1時間ぐらい降りましたので、苔も潤った感じで状態は良かったですね。
岩や木の上に育っている、もこもこの苔に雫が時たま光り輝き、きれいでした!
やっぱり、雨上がりの白谷雲水峡は最高ですね!

 

nuratataikoiwa

快晴の太鼓岩! 九州最高峰の宮之浦岳(1936m)をはじめ屋久島の奥岳がばっちり見えましたね!
左奥には海も見えますので、洋上アルプスの島、屋久島を体感できました!
この時期は午前中に天気がよく、午後からガスってきますので、山の方では曇がかかりやすいです。
ですので、この日は早朝から太鼓岩を目指して歩き大正解でしたね!
真っ青の空は気持ちいいです!

 

nuratataikoiwa2

この花崗岩の岩の上で寝るのが気持ちいいですね~  日々のストレスから開放~
たった一度の人生ですから、やりたいことはやりましょう!
すごーく短い人生ですから、やりたいことは、今、やりましょう!
樹齢数千年という杉が生息している原生林の森の中を一日中歩いていると、
時間の感覚がいつもと(都会での生活)ぜんぜん違うことに気づきます。
「あれ?もうこんな時間になっちゃたの?」

一日、まったく時間を見ない日もあってもいいですよね(笑

朝日が昇り、森を歩き
そして、夕日が海に沈み、
星を見ながら寝る。。。

こんな感じの一日でした。

 

白谷雲水峡・太鼓岩ツアーの詳細はコチラ
https://www.relaxin-yaku.com/shiratani.html

 

 

 

 

 

 

 

縄文杉キャンプツアーに行ってきました。

カテゴリー別 縄文杉キャンプ公開日時

asahijoumon

7月9,10日、縄文杉キャンプで30代の女性2人をご案内してきました。
今年は7月7日に梅雨が明けた感じでしたが、この梅雨明けからの1週間ぐらいが年間でもスペシャルな時期で、
空の蒼さが違います。 この日も、2日間とも最高の天気に恵まれ、朝日に染まる縄文杉が神々しかったです。
この写真ではわかりづらいですが、縄文杉の正面下にヤクザルが優雅に寝転がっています(笑

 

sarujoumon

何千年と変わらない風景。
早朝の縄文杉には朝日がたくさんあたるのでサルも気持ちいいんでしょうね(笑
こうやって見ると縄文杉は本当にでっかいですね~

 

kosika

まだ1か月以内ぐらいのヤクシカの子供。かわいいですね!
初夏のこの時期はサルも鹿も子供が多く生まれます。
夏は食料が年間でも一番多い時期というのと、やはり暖かい時期でもあるので過ごしやすいですよね。

 

uirusonnonaka

ウイルソン株の中に祭られている木魂神社。
ここでいつも安全祈願をして登ります。

豊臣秀吉が京都にある方広寺に大仏殿を建てるということで、島津氏に命令を下している書文がのこっており、
このウイルソン株がその大仏殿用に切られたのではないかと、言われていたのですが、
こんなにでっかい巨木を当時どのように運んだのか?という疑問があります。
また、ウイルソン株が切られた後に育っている周辺の杉の樹齢がおよそ300年から350年ぐらいなので、
秀吉の時代とは100年近くのずれがあることなどから、
現在では、このウイルソン株は江戸時代になってから切られたのではないかと言われています。
切り株の周囲がおよそ13m、(縄文杉は16.4m)の堂々とした切り株です。

 

takatukakoya

6月から始まるといわれていた、高塚小屋の建て替え工事はいまだに始まっておらず、
快適にトイレを使うことができました。
噂では、来週ぐらいから始まるようですが、最低1か月以上は工期がかかりますので、
年間でもピーク時の8月に工事をしている状況になりそうですね。。。(10月以降にしてくれると助かるんだけどな~。。)

ゆくゆくは木造の3階建ての山小屋になるそうで、いまから楽しみですね!

縄文杉ひとりじめキャンプの詳細はこちらです。
https://www.relaxin-yaku.com/1haku-joumon.html

 

 

 

 

 

 

 

7月です!さあ~そろそろ梅雨明けかな!

カテゴリー別 屋久島の海公開日時

natu2011

昨日、奄美大島が梅雨明け宣言をしていましたが、屋久島もそろそろ梅雨明けかな?という感じです。
例年、奄美大島が梅雨明けすると、その後1週間ぐらいで屋久島も梅雨明けしますので、
来週ぐらいには梅雨明けしてるといいですね!
この上の写真は、去年も7月11日に撮った写真です。
梅雨が明けてからの1週間ぐらいが、一年で一番屋久島がきれいな時期になります。
青く澄んだ空が眩しく、限りなく透明な海が青く染まります。
梅雨明けなので、空気がとてもクリアで気持ちい時期ですね!
海の透明度も抜群で、15mぐらいは簡単によく見えます。
熱帯魚、温帯魚がちょうど重なる位置に屋久島はありますので、
魚の種類もすごく多いですね。 チョウチョ魚、ナンヨウブダイ、ハリセンボン、クマノミ、オヤビッチャ、ダーツ、きびなご。。。
そうそう、きびなごの大群の中を泳ぐのは神秘的ですね~(笑
夏、屋久島に来れれる方は水着も忘れずに~です!
屋久島は縄文杉だけじゃありませんので!
是非とも、夏に屋久島に来られ来られる方は、
海で泳いで、そのあと、沢で泳いでください。

これが最高の屋久島の遊び方です。

 

natu2012

去年の7月10日に撮った写真です。
この日は、家族でこの川で泳いでいました。(笑
あ~早く川に飛び込みたーい!
まあ、今日も室内温度は30度ありましたから、晴れれば余裕で泳げますね!
夏はこれがたまりません。 水の島、屋久島ならではの贅沢ですね!!

屋久島パーソナルエコツアーがおすすめする夏限定ツアーが、
「森と水のエコツアー」です。
早朝に白谷雲水峡をトレッキングして、少し汗をかいた後、
沢でお弁当を食べて、そのまま沢や秘境の滝壺に飛び込むツアーで、
お子様がいるご家族には大人気のエコツアーになります。
詳しくはこちらをどうぞ
https://www.relaxin-yaku.com/moritomizu.html
暑い夏には、屋久島の青く澄んだ滝壺に飛び込みませんか!?(笑
ご希望があれば、沢で溶岩プレートでのプライベートBBQパーティーも
受けれますので、お気軽にお問い合わせください!!