屋久島を知り尽くした現地ガイドブログ

今年一年に感謝

 yukinagatadake

2013年12月31日 今年も残すところあと一日ですね。 今年一年は皆様にとりましていかがだったでしょうか?
屋久島パーソナルエコツアーの一年を振り返りますと、
全ツアーともに大きな山の事故が一つもなく、安全にツアーが催行できたことが一番の何よりでした。
当店ガイドスタッフが普段からしている安全管理の訓練があるからだと思っております。
そして、屋久島の山の神々に感謝を申し上げます。

来年も事故がないように安全管理をしっかりして、楽しくエコツアーが催行できますように
スタッフ一同ますます精進してまいりますので、
これからも屋久島パーソナルエコツアーをよろしくお願い申し上げます。

2014年から新たに催行しようと現在考えているツアーなんですが、
一般的に森の中をトレッキングするエコツアーではなく、
森の中でカリンバという民族楽器をみんなで奏でて
屋久島の自然音を聞きながら森と調和していく。。。みたいな
心の安らぎを自然の中で体感する、
森林セラピーと音楽療法を合わせたようなツアーを目指しています。

新月の日や、満月の日などに募集型のツアーにする予定ですので
興味のある方はご連絡くださいね!

実際に白谷雲水峡の沢の近くでセッションした動画がこちらです。
http://www.youtube.com/watch?v=i_bhYcFA5eA&feature=c4-overview&list=UU8wbgHmn2eau3gWLRdo_MIw

 

来年2014年もみんなが、そして自分が楽しくなるような企画ツアーをどんどん催行していきたいですね!

よいお年を!

 

 

 

 

 

屋久島の海

カテゴリー別 屋久島の海, 島周遊公開日時

issounoumi

今日は島周遊ツアーということで、写真が大好きなお客様と屋久島を一周してきました。

屋久島は周囲134キロの島で、車道はおよそ100キロになります。
車でぐるっと回るとだいたい3時間ぐらいかかる島です。
島には信号がほとんどないので、 (宮之浦とか安房などの町に2,3箇所あるだけ)
渋滞というのもありません。(笑
屋久島では5台ぐらい車が連なっていると「渋滞してるね~」などと言っています(笑

上の写真は屋久島の北側にある矢筈岬と言って、ラクダみたいな形をした岬です。

この日は空気が澄んでいて、水平線の左側に見える島が硫黄島といいます。
あの戦争の時の「硫黄島玉砕」とは全然違う島で、同じ名前の硫黄島があります。

結構日本には同じ名前の島がありまして、
この硫黄島の隣にも竹島、黒島という島があります。

竹島はあの韓国と領土問題になっている竹島と同じで、
黒島は沖縄の八重山にある黒島と同じ名前ですね(笑

この矢筈岬の先端に矢筈神社があります。

yahazujinja

30mぐらいの洞窟になっていまして、その奥に神様(弁天様)が祭られています。
この岬の上の方まで車で行くことができ、歩いていくことができます。
この洞窟が種子島とつながっているという昔話もあり、昔の人の想像力も面白いですね。。。
屋久島のパワースポットのひとつがこの矢筈神社になります。

 

yudomarionsen

屋久島をさらにぐるっと回って、この矢筈岬の反対側にあるのがこの湯泊温泉の秘湯です。
この温泉は地元の人しか知らないような温泉で、
ほとんど観光客は来ませんので、いつものんびりこの秘湯に入らさせていただいています。
ロケーションもばっちりで、もう最高の温泉ですね!
ただ、海水が入っているときもありぬるいので、冬の時期は晴れている日しか入れません。
この秘湯の脇にも何か所か温泉がわき出ていて、
あせもとか、傷口にもよく効く温泉ですね。
満月の夜に入るのが超おすすめです(笑

 

島周遊エコツアー 詳しくはこちらから
http://www.relaxin-yaku.com/shimasyuuyuu.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋久島ゼロtoゼロへ行ってきました!~後編~

3日目、昨日の夜の淀川小屋もけっこう寒く、小屋の中の気温は約5℃ぐらい。
夜に小屋で一緒やった外国人の人になぜか日本酒を頂いたおかげで、体を温めることができました(笑)
晩御飯に作った味噌汁も体に沁みましたね~。

DSC00096

この日歩く尾之間歩道は距離も長く荒れていて、沢も何度か渡るので天気が悪いと増水して通れなくなる道です。
1日目は雨で、2日目は雨は降ってませんでしたが、一日中曇り…。
3日目の天気も曇りの予報で心配でしたが、太陽が顔を出してくれました!

久しぶりのお日様の光がありがたかったです♪

DSC00132

尾之間歩道を歩いてみると、とにかくコケがすごかった!!
沢が多く、この歩道もめったに人が通らないこともあってか深いコケの世界が広がっています。

DSC00124

雰囲気でいうと白谷雲水峡の原生林に近いかな?という感じでした。
コケも森もすごく生き生きしています。

途中の沢で飲む水が美味しい~。
屋久島の水はやっぱり最高です!

DSC00133

一番心配していた、鯛之川(タイノコウ)です。
川幅も長く、増水すると絶対に通れなくなる場所です。
この日は天気も良くて問題なく川を渡ることができました。
最終日に尾之間歩道を行くことにして本当に良かった…。

DSC00136

この鯛之川はすごく綺麗で、まさしく清流という感じでした。
こんなに綺麗で穏やかなのに、雨が降るとガラッと変わるんでしょうね…。
くれぐれも山に入る時は準備もしっかりして、判断は慎重にして下さいね。

DSC00148

途中から、写真のようなコケむした石畳がずっと続いていきます。
それにしても…噂には聞いていましたが尾之間歩道ながかったです…!
しかも急な道が多くて下りでも結構大変でした。
登るのはかなり厳しそうな道でしたね。
花山歩道と同じくこの日も誰とも会わなかったです(笑)

DSC00170

途中でちょっと蛇之口の滝に寄り道しました。
落差30mで、大川の滝などに比べると穏やかな滝です。
でも間近で見るとすごい迫力で、人もあまり来ないのでのんびりしたくなるような場所です。
この滝までは尾之間から約2時間30分ほどのトレッキングで来ることができます。
冬でも比較的温かい場所にあるので、これからの季節はすごくオススメですよ~。

DSC00184

だんだんと植物が亜熱帯の雰囲気にかわっていくのを眺めながら、しばらく歩くとついに人里に到着です!
尾之間歩道の登山口はこの尾之間温泉の脇にあります。
帰りに絶対に温泉に入ることを心に誓って、まずは海を目指しました(笑)

 

DSC00187

尾之間の港まで歩いて、無事2泊3日のゼロtoゼロ達成です!!
最終日の尾之間歩道の下りで足はもうボロボロです(笑)
かなり疲れましたが、屋久島の森を思いっきり味わえて楽しかったですね~。
まだまだ行っていない歩道もたくさんあるので、今度は別ルートでゼロtoゼロを行ってみたいです!

青山

屋久島ゼロtoゼロへ行ってきました!~前編~

こんにちは。青山です。
11月の後半にお休みを頂いて、その3日間を利用して屋久島ゼロtoゼロを行ってきました!
海抜0mの集落から宮之浦岳まで登り、また海抜0mの集落まで降りる…。
なかなか疲れましたが、普段は見れない景色とかも見れて楽しかったですね~。

DSC00018

1日目はこの花山歩道からスタートです。
まぁ、ここに着くまでに栗生という集落から2時間30分ぐらいすでに歩いてます…(笑)
花山歩道の周辺は日本でも5カ所しか指定されていない「原生自然環境保全地域」に指定されています。
前から様子が気になっていた歩道なので、ワクワクしながら登りはじめました!

DSC00041

登ってみると、そこは巨木のふか~い森でした…。
人もほとんど足を踏み入れない歩道なので、いつも歩いている道とは雰囲気が違いましたね…。
この日も誰とも会わずに、ひたすら登りが続いていきます。
ちなみに、上の写真は大竜杉という歩道沿いにある杉の巨木です。

DSC00044

ここはすごく不思議な雰囲気があった場所で、花山広場といいます。
細い登山道を登っていくと、目の前に突然巨木に囲まれたこの広場が現れます。
夜とかにくると、もののけとか、森の精霊とかが集まって集会でも開いてそうな場所でした!
1日目は雨で森もガスがかかっていたので、そんな風に感じたのかもしれないですね~。

DSC00056

巨木は杉だけではなく、ハリギリも大きなものがたくさんありました。
比較するものがないと大きさが伝わらないかな?と思ったので、僕のザックと一緒に撮影しました(笑)
この森を歩いていると自分がまるで小人になったように感じます。

暗くなる前に鹿之沢小屋へ着かないといけなかったので、あまりのんびりすることはできなかったのが残念でしたね…。
今度はもっと余裕をもって花山歩道を歩きたいです。

DSC00065

4時すぎごろ標高1550mの鹿之沢小屋に辿り着くことができました!
暗くなる前に着けてとりあえず一安心です。
歩道だけではなくこの小屋も貸切状態でした。

DSC00077

2日目、この日は宮之浦岳へアタックする日です。
3日間の中では体力的にも、時間的にも一番余裕がある日でしたね。

でも…一番寒い日でした(笑)
宮之浦岳山頂の祠付近には霜と昨日の名残なのか雪が残ってました。
手元の温度計をみると気温約0℃…。
山頂付近はもう完全に冬山ですね。

DSC00079

しかし、なんやかんやで無事に宮之浦岳へ到着です!
いや~、やっぱりふもとの集落から登るとまた達成感が違いましたね~。
景色は何も見えなかったのですが、そこはもう気にならなかったです(笑)
この後は2時30分ごろには淀川小屋に着いて、明日に備えて2日間の疲れを癒しました。

明日はいよいよ尾之間歩道を下って、ふもとまで下山です!