屋久島を知り尽くした現地ガイドブログ

ヒナノシャクジョウ発見しました!

カテゴリー別 植物公開日時

こんにちは!8月ももうすぐ終わりですね~。
屋久島も朝と晩は涼しい風が吹いたりして、秋の雰囲気を感じれるようになってきました。
今の時期はちょうど高山植物が見ごろになる時期で、屋久島の高地に行くと様々な植物達が咲き誇っています。
ただ、みなさんがよく足を運ばれる白谷雲水峡やヤクスギランドにもよ~く見ると小さな花をつけた植物が咲いてくれています!
最近、ヤクスギランドを歩いていると偶然通りかかったガイドさんに「おもしろい植物が咲いてるよ~」と教えてもらい、ふと見てみると小さな不思議な形をした植物が咲いていました。

 

 

DSC_5194

 

ヒナノシャクジョウ  ヒナノシャクジョウ科  花期 8~10月

 

それがこちらのヒナノシャクジョウです!
名前は知っていて一度見てみたいな~と思ってた花で、実物を見たのはこれが初めてでした!
日本では本州(関東以西)~屋久島、沖縄に生息していて、国外では中国南部、インド、マレーシア、セイロンなどにも分布しています。
小さくて暗い林内の目立たないところで咲くので、なかなか目にすることがない植物です。
茎の上からひょろっと数本袋のように出ているのが花の部分で、花が咲いた状態になると先端部分が開いて内側は黄色くなっているそうです。
この全体の形が小さくて僧侶のもつ錫杖(しゃくじょう)に似ているので、和名は「雛の錫杖(ひなのしゃくじょう)」となっています。
花とは思えないような独特な姿をしてますよね!

 

 

 

DSC_5195

 
写真を撮ったヒナノシャクジョウのすぐ側にも、また別の個体が落ち葉の間から顔を出して咲いていました。
こちらのヒナノシャクジョウは光合成をするための葉緑素をもたないので、土壌中の菌に寄生して栄養をもらって生きています。
6月のブログで紹介した、ギンリョウソウと同じ「腐生植物」の仲間ですね。
栄養をもらっている菌のことや、どうやって繁殖をしているかなどその生態はまだ詳しく解明されていない不思議な生物でもあります。

 
ヒナノシャクジョウは森林の自然が豊かでないと生えないので、環境の指標にもなっているとのこと。
全国に分布していますが、数が減っている所もあり県によっては絶滅危惧種に指定されている所もあります。
小さな命ですが、このヒナノシャクジョウが生きていける環境は大事に守っていきたいですね…!

 

 

 

青山直樹

 

 

 

 

 

屋久島フルーツガーデンへ!

カテゴリー別 生活公開日時

DSC_5127

 

こんにちは~。屋久島パーソナルエコツアーの青山です。
今回は屋久島にある施設を紹介したいと思います。
それがこちらの屋久島フルーツガーデンです。この前お休みの時にドライブついでにちらっと寄ってきましたが、なかなか面白いところでした!
フルーツガーデンは、大きなガジュマルで有名な中間という集落から少し山側に上った所にあります。
バス停からは遠くて坂道を歩くので、車がない方は少し大変かもしれないですね…。

 

 

DSC_5126
入園料は大人1人500円、小人1人250円となかなか良心的なお値段。
こちらの施設がどんな施設かというと、野生種や園芸種を含めて様々な南国の植物達が生い茂る植物園になっています。
みなさんもよく知っている、バナナ、マンゴー、パパイヤ、グアバなどの南国のフルーツが実際に実っている姿も見ることができるので、植物などが好きな人や南国の雰囲気を味わいたい人にはぴったりの施設やと思いますよ!

 

 

DSC_5132

 

中で受付をするとガイドさんが簡単に園内を案内してくれます。
大体時間は15分~20分ぐらいで、次々に熱帯系の珍しい植物が出てきて中々興味深い。
外国の園芸種の植物などもたくさん育てているので、中には屋久島でもこのフルーツガーデンにしかない植物なども存在しています。
色んな植物を見たのですが、印象に残ったものを少しだけのせていきますね~。

 

 

DSC_5134
足のようにたくさんの気根を出しているのは「タコノキ」。
この気根がタコ足のように伸びるのでこの名がつきました。
タコノキは100種類以上あるのですが、こちらは小笠原固有の「オガサワラタコノキ」になります。
名前も姿も面白い植物です(笑)

 

 

DSC_5142
バナナの木もあり、実がいくつか付いていました。
今となっては日本中どこでも売ってる、身近な食べ物ですよね!
このバナナは大きいので、木のように見えますが実際は高さ2~10mほどの多年草です。
これが草やとはとても信じられないですけどね…。

 

 

DSC_5149

 

そして、こちらは「ドラゴンフルーツ」の実。
もともとは「ピタヤ」という名前の南国の果物でしたが、今では果皮が竜の鱗のように見えるのでつけられた「ドラゴンフルーツ」という名前のほうが一般的になってますよね!

 

 

 

DSC_5152

 

そして園内を見終わった後には、このフルーツガーデンで取れたのフルーツの試食があります♪
まぁ、実際のところこれが一番の楽しみでもあるんですよね(笑)
パッションフルーツ、タンカン、ドラゴンフルーツ、マンゴー、パイナップルなど、試食とは思えないような豪華さです!
美味しいフルーツをありがたくいただきました~。

というわけで、今回は屋久島フルーツガーデンを紹介でした!
島めぐりをされる方などは、時間があればぜひ寄ってみてはいかがでしょうか??

 

 

 

 

青山直樹

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋久島の森と川で遊びつくす!:森と水のエコツアーレポート

カテゴリー別 ツアー, 白谷雲水峡公開日時

DSC_5083


今回、森と水のエコツアーに参加して下さった堀尾さんと島津さんです!
島根県から車で鹿児島まで運転して、はるばる屋久島へ来て下さいました。
屋久島への交通手段が僕もよくお世話になってる、「フェリーはいびすかす」という船で、この船に乗ってくるお客さんは珍しいので色々と通じる話があって面白かったですね(笑)

森と水のエコツアーは早朝の白谷雲水峡を歩き、午後はリバーカヤックか沢遊び(夏季限定)を満喫するというツアー内容です。
1日で屋久島の森と川で遊びつくす、ちょっと欲張りなツアーになってます!

 

 

 

DSC_5112

 

この日の午前中はずーっと青空が見えていて、森に差し込む木漏れ日がとても綺麗でしたね~。
お2人は2日目に日帰り縄文杉に挑戦されたということで、「めちゃくちゃキツかった…」という話をされていましたが、
白谷雲水峡はゆったりと森の風景を楽しみながら歩けたので、かなり気に入ってくれた様子でした!
「いや~、断然白谷派ですわ~」という言葉が何度もツアー中に漏れていましたね…(笑)

 

 

白谷雲水狭は多くの人が訪れる場所ですが、早朝は人も少なく静かな森を堪能しながら歩くことができます。
しかも、朝の白谷の森はこのうえなく気持ちがいいんです!
そんな一番いい時間帯の森を歩ける森と水のエコツアーは、本当に贅沢なツアーやなぁ~と思いますね(笑)

 

 

DSC_5093

 

森と水のエコツアーは本来なら「苔むす森」という場所まで行ってそこで帰るのですが、この日はお2人の希望で太鼓岩まで足を伸ばすことにしました。
午後の水遊びの時間が短くなってしまいますが、健脚で歩ける方なら午前中のトレッキングで太鼓岩を目指すこともできます!
太鼓岩に行ってみると大正解…!
屋久島の山々が全部きれいに見えてくれてましたね~。

 

 

 

DSC_5101

 

午後の沢遊びの時間が短くなるのを知っていながらも、太鼓岩でかなり遊んでしまいました。
色んなポーズと角度でたくさんの写真を撮って、まるで撮影会のような雰囲気になってましたね(笑)
さて、十分に森で遊んだ後は下山していよいよ屋久島の川での沢遊びがはじまります!

 

 

 

DCIM0232

 

午後はこちらの天然プールのようになっている沢で思う存分水遊びをして楽しみました♪
午前中にトレッキングでかいた汗を、冷たい川の水で一気に洗い流すのは爽快でしたね~。
プカプカと水に浮いていると、「あ~幸せやなぁ~」という気持ちが湧きあがってきます。
お2人とも今回はツアーに参加してくださってありがとうございました!
お話していた例の道の駅は分かりましたか?
島根でも残り少ない夏休みを満喫して下さいね~。

 

 

 

 

青山直樹

 

 

 

 

 

 

 

鳥に食べられない昆虫!?

カテゴリー別 動物公開日時

DSC_5047

 

朝の小花之江河で撮影した、ほのぼのとする光景。
ヤクシカ達がのんびりと朝ご飯を食べていました。
後ろに見えるのは、トーフ岩と呼ばれる奇岩です。
屋久島の奥岳に来ると、こんな様子の奇岩があってなかなか面白い世界が広がっています!
7月の後半にこちらの小花之河で見つけた植物達の紹介をしましたが、今回は植物ではなくある昆虫を紹介したいと思います。

 

 

DSC_5042

 

それが、偶然に近くで撮影することができたこちらの昆虫です。
ヒョウモンエダシャク(シャクガ科)という蛾の仲間です!
見た目が綺麗なので蝶なのかな?と思いましたが、分類では蛾の仲間になるようですね。
幼虫がアセビという植物を食草にしているので、屋久島ではアセビの分布と重なって標高1000~1600m付近に生息しています。
なので、高山植物と同じく標高の高い所でないと出会えません。
本州にも生息していますが、屋久島産のヒョウモンエダシャクは翅(はね)の色が少し暗く屋久島亜種として分類されています。
確かに写真で見てみると、屋久島のヒョウモンエダシャクのほうが深くて暗い色をしていました。
地域によって違いが出てくるのは中々興味深いですね~。

 

 

DSC_5043

 

ちょっとアップで撮影してみました。
昆虫の苦手な人には申し訳ないです(笑)
こちらの、ヒョウモンエダシャクは鳥などに食べられないように賢い戦略をとっています。
実は、この蛾の幼虫が大好きな『アセビ(馬酔木)』という植物はグラヤノトキシンという毒を持っています。
しかしこのヒョウモンエダシャクの幼虫は毒をもつアセビを食べることで体に毒を蓄積して、捕食者から身を守っているんです!
わざわざ毒をもっているエサを食べたくはないですからね~。
もちろん成虫になった後も、その毒はしっかりと受け継がれています。
蛾の仲間は夜行性が多く、昼間に活動するヒョウモンエダシャクは珍しい部類に入るのですが、毒を持っていて食べられないからこそ目立つ昼間に活動ができるのかもしれないですね~。
う~ん…調べてみると昆虫の世界もなかなか面白い…。

 

 

というわけで、今回はちょっと変わった昆虫の紹介をさせてもらいました。
植物が中心になりがちですが、また面白い動物や昆虫の写真が撮れたらそちらもブログで紹介していきたいと思います。

 

 

青山直樹

 

 

 

8月下旬、淀川登山口周辺の様子です。

カテゴリー別 屋久島の森公開日時

DSC_5009

 

こんにちは!屋久島パーソナルエコツアーの青山です。
先日、仕事のついでに久しぶりに淀川登山口周辺を歩いてきました。
現在(8月25日)の屋久島の日の出の時間は5:51分。朝の6時ごろの淀川登山口はもうすっかり明るくなって、ヘッドライトも必要がないぐらいでした。
車の数はそれほど多くなく、お盆がすぎてこちらの登山口を利用される方も少し少なくなってきたのかな?という感じがしますね。
気温は約17~18℃程度で、シャツ1枚やと肌寒く感じるぐらい涼しかったです。
淀川登山口からの登山を考えている方は、tシャツの上に重ね着できるような薄手のシャツなどを用意されるといいかもしれないですね。

 

 

DSC_5008

 

登山をする前に、登山口で登山届に記入をされている方がおられました。
個人で登られる方(特に縦走など)は、登山届を記入して提出することをオススメします。
もしも…の時に救助の人が少しでも早く遭難者を発見するための大事な資料になりますからね。
用紙は島の空港や港、観光案内所などで無料配布しています。
登山届を提出した場合は、下山後に提出した場所か屋久島警察への下山報告を忘れないようにして下さいね。

 

 

 

 

DSC_5014

 

淀川登山口から約1時間ほど歩いた所の淀川小屋
淀川小屋に泊まった人に小屋の話を聞いてみましたが、宿泊者は6人程度だったようです。
縄文杉に一番近い高塚小屋も、2日前の夜(8月23日)は宿泊者が4人だったようなので、山小屋の混雑も落ち着いてきているのかもしれないですね。
とはいっても、夏休みはまだ続いていますし小屋が突然一杯になることも十分考えられます。
今回淀川登山口から歩いた時にすれ違った人たちは、みんな(日帰りの人を除いて)テントを持参していました。
みなさんも、山小屋に泊まれないことを考慮にいれてテントは準備するようにしてくださいね!

 

 

 

DSC_5016

 

 

淀川小屋近くに流れる淀川の清流も相変わらず綺麗でした~。
しかし…夏場の淀川小屋周辺は里と比べるととても涼しくて過ごしやすいです。
食糧を持ちこんで、ここに長期滞在してみたいぐらいです…(笑)
今年から始まった新ツアーの『淀川トレッキング』では、こちらの小屋までゆっくりと自然を見ながらトレッキングをします。
暑い夏場に、涼しい山で一日のんびりと過ごすのはとても気持ちいいと思いますよ~。

 

 

 

 

 

 

 

 

青山直樹

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤクスギランドでトレッキングツアー!

カテゴリー別 ツアー公開日時

DSC_4931

 

8月13日、ヤクスギランド天文の森ツアーに行ってきました。
こちらは、今回ツアーに参加して下さったお客さんと河原で休憩している時の写真です。
ここはお天気がよければ必ず立ち寄る場所なのですが、冷たい川の水をさわったり、写真を撮ったり、水の音を聞きながら川の流れをゆっくりと眺めてぼーっとしたりしてると、いつもあっという間に時間がたってしまいます。
この日もしばらくは、川の流れを見ながらみんなでぼーっとする時間を過ごしていました~。

 

 
お盆に近い日程にも関わらず、ヤクスギランドは人も少なくとても静かな森をゆっくりとトレッキングすることができたので良かったですね~。
あまりにも人とすれ違わないので、お客さんと一緒に驚いていました(笑)

 

 

DSC_4933

 

ゆっくりとした時間を過ごしていたのは、僕たちだけでなくヤクザル達も一緒でした(笑)
遠くの花崗岩の岩の上でひたすらゴロゴロしているお猿さん達を途中で発見!
前日まで雨が続いていたので、ひさしぶりの太陽の光を思いっきり堪能しているような様子でしたね~。

 

 

 

DSC_4937

 
そして、そんな雨上がりの日にオススメなのは苔の観察!
雨が降って苔についた水滴に光が差し込むとキラキラしてめちゃくちゃ綺麗なんです…!
お客さんも、「水滴の光る様子がまるで蛍みたいですね…。」とおっしゃってました。
綺麗な場所を見るたびに、立ち止まっては苔の滴が輝く様子にみんなでみとれてしまいましたね~。

 

 

DSC_4941

 

標高の高いヤクスギランドでは少し珍しいアマクサギ(くまつづら科)の花が咲いていました。
葉っぱに独特の臭いがあることから、和名は「臭木」となっています。
しかし、そんな臭いのあるアマクサギの葉は加熱すると臭いが消えるので、若葉を油で炒めたり味噌汁に入れたりして食べると中々美味しいようです。
葉っぱの臭いに思わず「くさい!」と反応されていたたお客さんは、食べれると聞いてかなりびっくりされていましたが…(笑)
このアマクサギはけっこう実が面白い色と形をしているので、そちらも機会があれば紹介してみたいですね。

 

 

 

DSC_4943

 
そして、天文の森の奥で最後に出会う屋久杉の巨木。
正確な樹齢はもう分かりません。
写真では雰囲気を伝えきれませんが、とても神々しい雰囲気をもっていて向き合うと僕は心が落ち着くような感じがします。
ここでも他の人とは出会わず、お客さんと一緒に静粛とした森の中で過ごす時間を心ゆくまで堪能することができました!

 

河原でののんびりとした休憩、動物、苔、植物の観察、天文の森の貸切状態など、あまりお盆とは思えないような過ごし方ができたトレッキングツアーでしたね~。
ゆっくりと深い森の中で森林浴をしたいような方は、屋久杉・天文の森ツアーがかなりオススメです!
今の季節でも里と比べると気温が低くて涼しいので、とても快適なトレッキングをすることができますよ~。

 

 

青山直樹

 

 

 

沢に飛び込む瞬間

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

沢に飛び込む瞬間、夏はこれが最高ですね!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

7,8mぐらい水深がありますが、水が透明なので底までよく見えるんですよね~

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

幸せとは?。。。お金でもなく、名誉とかでも無く、
こうゆう豊かな自然の中で暮らすことにあると僕は思う。
水が豊かであれば、森も豊かになり、僕らの生活も豊かになる。
水がおいしければ、ごはんはおいしく、酒もうまい。
水がきれいであれば、自然とみんなが笑顔になる。
こんなきれいな水に飛び込んで、仰向けになってプッかーと浮いていれば、
あ~これが幸せか~とすぐ思う。
まあ~いろいろあるけれど、まあ~いいか~これで!と。

こんな水がきれいな島に暮らせて、本当にありがたいことです。
今年の夏もそろそろ終わろうとしているけど、
晴れた日は沢に飛び込みたいですね~!!

青木高志

 

苔の森と縄文杉でウエディングフォット

田中ウエディング1

このたびはご結婚おめでとうございます!!
ということで、屋久島の苔むした緑の世界と縄文杉でのウエディングフォトのツアーに行ってきました。
当然、完全貸切での撮影になります。
合計で600枚ぐらい撮りましたが、その中からいいやつを選んでもらいました。
苔むした緑の森では真っ白のウエディングドレスがとても鮮やかに写っていましたね!

 

 

 

 

 

 

 

 

田中ウエディング2

いろんなポーズで撮りましたが、新婦さんがとてもポーズが上手でいい感じの写真をたくさん撮ることができ
私もかなり写真の勉強になりました。ちなみに撮影したのは、わたくし青木です。
NIKONのD300を使っての撮影になりました。
森に明かりが入ってくると、苔が鮮やかな色をしていて見た目はきれいなんですが、
写真撮影となると、明暗がくっきり出すぎてしまい明るいところが飛んじゃうですよね。。。
ですので、この日はいい感じに曇ってくれたのでよかったです!
また、撮影前に雨も少し降っていたので、苔がしみた感じがさらによかったですね!

 

 

 

田中ウエディング4

次の日からは、1泊2日で縄文杉キャンプに行ってきました。
夕方3時を過ぎると誰もいない縄文杉でしたので、ゆっくり撮影することができましたね!
お二人の幸せな顔を見ていると、僕の方もなんか幸せな感じになりました。
縄文杉さんも後ろで微笑んでますね!

新婦さんの彩子さんは実は、
誕生日や結婚の告白などをコーディネイトする会社の社長さんです。
ですので、
段取りや道具など、人をサプライズさせることについてとても勉強になりました!

彩子さんのHPはこちらになりますので
興味がある方は見てみてください。

http://www.anipla.jp/
https://www.facebook.com/ayako.tanaka.1297/about

当店、屋久島パーソナルエコツアーでも
今後はこうゆうプライベート写真撮影ツアーもやっていきたいと思っていますので
興味のある方はご連絡くださいね!

青木高志

 

 

 

 

 

 

 

おじいちゃんとお孫さんの2人旅:白谷雲水峡原生林コースツアー

カテゴリー別 ツアー公開日時

DSC_4894

兵庫県からお越しのKさんとS君を、白谷雲水峡の原生林コースをご案内させて頂きました!
おじいちゃんとお孫さんの2人旅で、初日は屋久島の綺麗な海で満足するまで泳ぎ、2日目は苔むす森をトレッキングという夏の屋久島を大満喫するツアー内容になりました!
台風11号が接近する直前に屋久島入りをされたので、タイミングとしてもちょうど良い感じでしたね。
この日は雨が心配な日でしたが、ほとんど降られることもなく気持ちのいいトレッキングができました!

 

DSC_4900

原生林コースの途中で見つけた恐竜みたいな倒木の前での1枚(笑)
発見してくれたのはおじいちゃんのKさんです!
原生林コースは白谷雲水峡の中でも人があまり多く通らないコースなので、自分達のペースででゆっくりと休憩をとりながら色んな自然の風景を見れて楽しかったですね~。
小学3年生のS君はトレッキング初体験ということでしたが、普段からスポーツなどに親しんでいることもあってバランスよく軽快に森の中を歩いていました!

 

 

DSC_4901

S君が大きさを見て驚いたサルノコシカケです!
原生林コースの途中の倒木に何個も大きなものが生えていました。
よく名前は聞きますが、実物を目にする機会はあまりないかもしれないですね。

実際のところ「サルノコシカケ」という和名をもつ種は存在しません。
無柄で木に発生したキノコの傘が本当に猿が座れるような形をしていることから、この写真のようなキノコを総称して「サルノコシカケ」とよんでいます。
実は色んな種類があって、中には漢方薬として昔から利用されているものもあります。
効用としては、解熱、浄血、血圧調整、強心、強壮、制ガン…など万病に効く最高の上薬として扱われてきたようです。
キノコの世界なんかも、調べてみると面白そうですね!

 

 

DSC_4918

色んな白谷雲水峡の沢の水を飲んで、S君が最も美味しいといってくれたお水のポイントがここです!
苔が何重にもろ過してくれた天然の水…なんともいえない甘さがあるんですよね~。
ここは僕自身も大好きな水なので、みなさんに一口飲んでもらうことが多いのですが、子どもさんには特に好評なことが多いような気がします!
屋久島の山に行ったら、ぜひ水の味比べをしてみて下さい!
場所によって味が違うので、自分のお気に入りポイントを見つけるのも楽しいですよ♪

 

 

 

DSC_4926

みんなで無事に下山してきて、ガッツポーズ!
怪我をすることもなくちゃんと登山口に帰ってくることができましたね!
Kさん、Sくん2日間おつかれさまでした。
Sくんはお別れの時にもう一度一緒に山登りに行きたい!と言ってくれたね。ありがとう!
今回行けなかった場所もたくさんあるので、ぜひまた屋久島に遊びに来て下さいね~!

 

 

 

青山直樹

台風が接近中ですね…

DSC_4858

台風11号がゆっくりと日本列島に近付いてきてますね…。
屋久島に本格的に接近してきて影響が出てくるのは、8~10日あたりでしょうか?
屋久島最大の夏祭りである、「屋久島ご神山祭り」も台風の影響で、8月2、3日→9、10日→30、31日と2回も日程の変更がありました。
台風が来ると色々な所で影響が出てきますが、こればかりは自然現象なので仕方がないですね…。
台風が近づく恐れがある地域のみなさんは、大雨と暴風にしっかりと備えて気をつけて下さい!

上の写真はつい最近、四国を中心に大雨を降らした台風12号が接近中に島周遊をしていて撮った写真です。
屋久島からは少しそれて西側を通ってくれましたが、台風の風の影響で波は高く、時々大雨が降るような天気で場所によっては停電した地域もあったようです。
この日はちょっと安房港によって、波の様子も確認してきました。

 

 

DSC_4850

安房港に行ってみると、軽々と波が堤防を越えてきていました!
これでもまだ台風の中では、強くないほうというのが怖ろしいです…。
ここの堤防は普段釣りをする人などがいるんですが、これではとてもじゃないけど立てないですね…。
安房港は島の南側にあるので、台風の影響を強く受けます。
よくみなさんが屋久島に来るために利用する高速船のトッピーも1日に何便かこの安房港から発着しますが、台風などの影響で波が高くなると北側の宮之浦港発着に変更になります。
ただし、この日は台風が近かったのでトッピーは全便欠航になってましたね…。

 

 

DSC_4851

波が堤防を洗うように、何度も何度も押し寄せていました。
安全な場所から撮影してましたが、波の勢いがすごくて何度も潮をかぶってしょっぱかったですね(笑)
この後は大雨の後の屋久島名物、大川の滝へも行ってきました!

 

DSC_4855

大川の滝へ行ってみると、やはり雨の影響で普段よりは迫力が増してました!
この日の屋久島は大雨警報までは出ずに、大雨注意報まででなんとかおさまってくれたので滝の手前の道は歩くことが出来ました。
それでも近くまで行くと水しぶきがすごくて息をするのが大変やったので、早々と退散していましたが…(笑)
やっぱり雨が降った時は滝巡りをするのがオススメですね~。
ただし、大雨や暴風警報中は大変危険なので、そのような時は危険な場所に近づかないように注意して下さい!
これからまた台風11号がやってきますが、あまり大きな被害が出ないといいですね…。
みなさんも本当に気をつけて下さいね!

 

 

 

 

青山直樹

 

 

1 / 212