屋久島を知り尽くした現地ガイドブログ

屋久島パーソナルエコツアーの写真集

こんにちは、屋久島パーソナルエコツアーの青木です。
以前に収録した屋久島の写真集とピアノのBGMです。
屋久島の海から頂上付近までの写真をスライドにまとめてみました。
時間のある方は、休憩のひと時にどうぞご覧ください。

屋久島の魅力は、海岸線に広がる照葉樹林帯から標高約2000mの冷温帯の植生が
この急峻な山に垂直分布していることにあります。
日本列島をまさに凝縮した森になっているのが、屋久島の最大の魅力なんです。

縄文杉だけがある森ではないんですね

その屋久島の大自然をいろんなか標高帯から見ていただきたく
この動画を作ってみました。

音楽はわたくし青木と妻の亜紀子で即興したピアノの曲になります。

2015年 今年も屋久島パーソナルエコツアーをよろしくお願いします!!

 

 

ie
外壁のペンキは家族総出で塗りました

 

niji1
リビングルームからの眺め

 

 

久々のブログ更新になります。
昨年12月25日クリスマスの日に、私たち青木家の念願の夢であったマイホームが完成しました。
引っ越しやら掃除やら、かたづけやらで、最近やっと落ちついて生活ができるようになりました。

 

 

 

これからは畑づくり、石組み、草刈、巻き割り、燻製。。。。
とやりたいことはまだまだありますが、
まあ~そう焦らずに、楽しくやっていきたいですね。

今まで宮之浦という屋久島の中でも住宅街に住んでいましたので、
焚き火とか、大音量で音楽を聴いたりとかぜんぜんできませんでしたが、
これからは今までのうっ憤を晴らすかのように、焚き火や音楽をして暮らしていきたいですね(笑

昨日も家族で、たき火をしながらダッチオーブンをしました。
豚のバラ肉の塊と鶏肉と野菜をいれてやってみましたが、
ガスと焚き火とでは火力が全然違いますよね~。
ガスだと40分ぐらいかかるところが、焚き火だと20分でばっちり出来上がりました!
めちゃうまでしね~(笑

ゆくゆくはこういう、
焚き火料理ができる宿やエコツアーをやりたいな~とも漠然とですが、
友人たちと話をしています。

海の海水を自分たちで取ってきて、焚き火をして塩を作る。
で、自分たちで採ってきた魚やイソモン(貝とかあおさのりとか。。)をその塩で料理して食べる。
また、焚き火をしながらいろんな地の魚を燻製にして食べる。
というふうに、縄文時代の生活を体験する合宿キャンプツアーなんかどうかな~とも思っています。
まあ~いつも僕らが遊んでいることなんですけどね~(笑
なんというか、本能的に楽しいんですよね!焚き火の生活というのは。

都会の生活というのは便利で快適すぎちゃって、
なんか「生きてる!」という感覚があまりないんですよね~
「ピー」ってボタンひとつ押せば、なんでもできちゃう。
お風呂も沸くし、洗濯も全自動だし。

まあー、その生活を否定しているわけじゃないんですが。
実際、今の僕の新築の家もほとんど全自動でなんでもやってくれる。
めちゃくちゃ便利で快適です。

ただ、たまにはそういう快適な暮らしから離れて、
薪を割って火をおこし、火の料理をする。
太古の縄文時代から何も変わらない火をじっくり体感できる
そんな宿とエコツアーができないかな~。。。。
と、そんなことを考えている2015年1月でした。(笑

わくわくすることをたくさんイメージして、行動してみよう!
そうすれば、だいたい現実になるよね!

 

 

青木高志