屋久島を知り尽くした現地ガイドブログ

最も安く、しかも楽に屋久島に行く方法

こんにちは、屋久島パーソナルエコツアーの青木です。

屋久島ではもう桜も咲き始め、朝方の冷え込みもかなり和らいできました。
3月に入ると、常緑樹の新緑が芽吹き、森の色彩も鮮やかになり、私が一年で最も好きな季節を迎えます。

特におすすめなのが白谷雲水峡の太鼓岩から見える山桜の絶景です。
毎年3月の下旬から4月の上旬までこの絶景を楽しむことができます。

yamazakura

屋久島に来るなら、是非とも一度はこの時期に来島してほしいわけですが、

屋久島まで行くのに交通手段はどうやっていったらいいの?
屋久島まで行くのにいくらぐらいかかるの?
屋久島を満喫するのに何泊すればいいの?
どこかいい宿はありますか?

という質問を多く受けます。

 

というわけで今回は、「もっとも安く、しかも楽に屋久島に行く方法」
を考えてみたいと思います。

鹿児島から屋久島までは飛行機、フェリー、高速船というパターンがありますが、
飛行機ですと屋久島までは約35分で着きます。
高速船ですと鹿児島空港から鹿児島の港までバスで移動になりますが約1時間かかります。
そして船で屋久島までは約2時間30分~3時間かかります。
料金的には差額3500円ほどしか変わりませんので(高速船が7000円もするため)
時間にしても体力的にしても飛行機で屋久島に行くことをおすすめします!

 

ちなみに、屋久島空港までのダイレクト便が
伊丹空港~屋久島往復
福岡~屋久島往復
という便がありますが、この便がおそらく最も高い料金になるかと思います。

ちょっと調べてみますと、
じゃあ、3月25日~1週間ぐらいの間 伊丹空港発→屋久島が最安値で26,760円
4月10日~前後2,3日 屋久島→伊丹空港が最安値26,760円でした。

往復ですと、合計26,760円×2=53,520円

 

では、3月25日~1週間ぐらいの間 福岡空港→屋久島が22,060円(ちょっと高いね)
4月1日~10日で 福岡発→屋久島 16,280円
4月1日~10日で 屋久島発→福岡空港 16,280円 でした。

なので、福岡空港~屋久島に来る場合、4月1日から屋久島に行くのがよさそうですね!
4月ですと、往復合計16,280円×2=32,560円

このパターンが最も楽に安く屋久島へ行くことができます!

羽田空港から屋久島までのダイレクト便はありませんので、
一度、鹿児島空港に降りてから、屋久島まで飛行機で行くことになります。

4月1日~10日 伊丹空港→鹿児島空港 14,480円+鹿児島空港→屋久島10,380円円=合計24,860円
(ダイレクト便と比べると1,900円安いけど。。。微妙ですよね)

で、福岡からのを調べてみますと、

福岡空港→鹿児島 10,880円 鹿児島空港→屋久島 10,380円=21,260円
(なんと、福岡からの場合、ダイレクト便の方が4,980円も安い!!)

という結果になりました。
驚きですね~(笑

福岡方面から屋久島に行く方は断然、ダイレト便がお得ですね!

まあ~鹿児島から屋久島までの飛行機代が高すぎですよね~。。
少しは参考になりましたでしょうか?
尚、これらの料金は2月23日現在の話ですので
4月に屋久島へ行く予定の方はお早目に!

 

次回のブログでは関東地方からの交通アクセスを考えてみたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋久島では桜が咲きはじめました!

sakura2

屋久島の宮之浦にある憩いの森に行ってきました。
ここの桜は屋久島の中でも特に早く咲く桜で毎年2月の下旬には咲くんですね。
今年も行ってみるとやはり咲いていました!
平日だったので誰もいない憩いの森に満開に咲いていました。

ソメイヨシノではなく、大島桜だと思います。
ソメイヨシノは全国的にも有名ですが、
大島桜と江戸ヒガンを掛け合わしたサクラがソメイヨシノになります。

月の中旬になると人里では山桜がたくさん咲きます。
山桜は赤い新芽と一緒に花が咲き、それはそれでお上品な感じできれいですよね~

 

 

 

 

sakura2015

メジロもたくさん蜜を吸いに飛んでいました。
2月の下旬は屋久島ではタンカンの時期でもありまして、
メジロやヒヨドリなどの野鳥がたくさん飛んでいます。

なんかもう春ですね~
と思っていると、突然、あられやヒョウが降ってきて寒い日もまだありますが
(三寒四温といったところでしょうか)
日に日にあたたかい日が多くなってきた屋久島。

ouren600

白谷雲水峡では2月になると、このオオゴカヨウオウレンの花が小さいけど可憐に咲いています。
苔の花かな?と思ってしまいほど苔の上に生えています。
本土にはミツ葉オウレンが多く見られますが、このオオゴカヨウオウレンは屋久島の固有植物で
屋久島では標高600mぐらいから上に生息しています。

屋久島は常緑樹の森ですので、冬になっても緑、緑した森です。
3月からはその常緑樹の新緑がとてもきれいな時期になります。
一雨ごとに変わっていく森を見るのがこれから楽しみです。

 

 

 

 

 

縄文杉日帰りツアーをやらない理由

屋久島パーソナルエコツアー代表の青木です。

2月15日日曜日、今日の屋久島は快晴で気温18度。
家の窓は全開に開けてすがすがしい風が吹き抜けます。

 

人里ではヒカン桜が満開でメジロがたくさん飛んでいます。
屋久島はもうすっかり春といった感じで、
3月に入るといよいよ登山シーズン到来です。

 

 

 

屋久島の登山コースといえば、宮之浦岳縦走コース、縄文杉コース、白谷雲水峡コースあたりが人気コースです。

年間登山客数が一番多いのはやはり縄文杉コースになります。

 

縄文杉までのコース内容は、トロッコ道(以前屋久杉を運んでいた軌道で大正時代から昭和45年まで本格的に使われていた)を約8キロ、標高600m~900mまでを約2時間30分かけて歩きます。
その後、山道を歩きますが、標高は900m~1300mまでの道のりを約3キロ、約2時間30分かけて登ります。
ですので縄文杉までを一日で歩く場合、
片道約11キロ、往復約22キロの道のりを約10時間かけて歩くコースになります。
なんかもうマラソンみたいなんですね。。

 

 
屋久杉自然館から早朝4時30分~6時までのシャトルバスに乗って(片道800円)
約40分走ったところに荒川登山口があります。

 

そして、だいたい6時~6時30分にはみんな歩きはじめ、16時ぐらいに下山します。
途中で昼食もとりますので、縄文杉にたどり着くのが11時30分~12時ぐらいになります。
シーズンにもよりますが、縄文杉に行く方が少ない日で200人ぐらい、多い日で600人ぐらいの方々が
縄文杉を目指します。

 

日帰りで行く縄文杉の場合、同じ時間帯にこのぐらいの人数が縄文杉を目指しますので
縄文杉にたどり着いた時も当然、混んでいるわけです。(途中にあるトイレも悲惨。。。)

 

 

そこで、屋久島パーソナルエコツアーでは、
こうゆうあわただしい日帰り縄文杉ツアーの催行は止めにして、
縄文杉をゆっくり味わえる1泊キャンプツアーの催行をしています。

 

 

縄文杉までの道のりの途中にはさまざまな植物や樹木があり、
屋久島の独特な自然環境があります。
また、ちょっと道をそれるときれいな沢がたくさんあります。
そうした屋久島の見どころをじっくり観察したり休憩できるツアーが
この縄文杉1泊キャンプツアーの魅力です。

 

 

そして、キャンプツアーでしか体感することができない
朝日を浴びた縄文杉をじっくり堪能することができます。
(天気が良ければ 笑)

 

3~4月のおすすめ屋久島ツアーについて

こんにちは。屋久島パーソナルエコツアーの青木です。

節分も終わり、もうそろそろ春が近づいてきましたね!
屋久島の里では今、梅や寒緋桜 、オガタマノキ(香りがすごくいいです!)などが咲いています。
標高600mを超える山ではオオゴカヨウオウレンの花がもう見られます。
もう、春はすぐそこ!といった感じの屋久島ですね!

siratanisawa

苔むした緑の森。白谷雲水峡。

そこで3月上旬~4月下旬ぐらいまでの春の時期に当店が特におすすめする屋久島ツアーが
この写真の白谷雲水峡です。
屋久島は常緑樹の森が海岸沿いから覆われている森です。
春になるとその常緑樹の新芽が芽吹き、
蛍光緑やら赤やら黄色といった新緑がとてもきれいな時期になる屋久島。
私が一年で最も好きな季節になります。

 

siratani11gatu

標高が600m~1000m付近にあるこの白谷雲水峡はコケに覆われた緑の森で
ウラジロガシやマテバシイなどの常緑樹も多い森です。
屋久島では標高600mあたりからスギやツガ、モミ、ヒノキなどの針葉樹が
ぽつりぽつり生息しています。
ですので、ちょうどこの白谷雲水峡の標高帯は常緑樹の温帯系の森から針葉樹の森へ移り変わる
移行帯の森で、(混交林ともいう)植物の種類も非常に豊富というのが、
白谷雲水峡の最大の魅力です。

また、沢をいくつかわたっていくトレッキングコースになりますが、
苔に覆われたマイナスイオンたっぷりの沢でゆっくり休憩するのも
非常にリラックスできます。

onagakaede

3月になるとヤクシマオナガカエデの花が道沿いにたくさん見ることができます。

 

 

 

 

 

yamazakura

そして絶景なのが、この白谷雲水峡にある太鼓岩からの眺めです。
この写真は去年の4月5日に撮ったものですが、毎年4月5日前後の1週間が見頃です。
山桜は赤い葉をした新芽と一緒に花が咲きますよね
また、蛍光緑のきれいな葉が先ほどのヤクシマオナガカエデになります。

このコントラストがたまらんですね~

是非、この時期に屋久島へ行こうかなと思っている方は、
4月5日前後1週間(なんども言いますが笑)の太鼓岩が超おすすめです!!!