屋久島を知り尽くした現地ガイドブログ

屋久島の森の中で考えたこと

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1日目が白谷雲水峡・太鼓岩エコツアー
2日目がリバーカヤックエコツアーに参加していただいた、森田さんと田森さん。

初日は快晴でとても気持ちよく白谷雲水峡の苔むした森を歩くことができました。
お二人はH大学の学生さんなんですが、いろんな事に興味があり、
お話していても楽しかったです!

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

白谷雲水峡の一番上にある太鼓岩(標高約1030m)。 後ろに見える山が
最高峰の宮之浦岳(標高1936m)です。3月はまだ雪がちらほら見えますね~
この日は最高の天気に恵まれ、とてもクリアに山々が見えました!
お二人の笑顔が物語ってますね~(笑

この日にいろいろ話していたのが、「人生とにかくやりたいことをしよう!」
ということでした。

これから就職活動やら、
どんな仕事に就きたいのかということを話してながらのトレッキングでしたが
樹齢数千年という森の中を歩いて思うことはいつも、
僕らの人生の短さです。

たった一度人生ですから、やりたいことをして生きましょう!

また、人生で成功している人たちの共通点は「大好きなことをやり続ける」
ということです。

自分が大好きなことですから、毎日夢中になって生きているんですね

お金があまりなくても、自分が大好きなことをしているわけですから、
とにかく幸せなんです。

また、金銭的に成功しているかたでも、
ほとんどの方が自分の大好きなことをしている方が多いですよね。
今、朝ドラでやっているウィスキーづくりのマッサンなんかは、
とにかくあきらめずにやりたいことをやり通した方ですよね

 

自分の大好きなこと=自分の得意なこと=成功しやすい

こんなことを話していると、この私もまた
自然が大好きで、キャンプが大好きで、それが仕事になっていることに
感謝です。

あとは、焚き火が大好きなんですけど、
焚き火をすることが仕事になったらいいな~と
いろいろ考えているところです。(笑

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2日目は、リバーカヤックに挑戦!
屋久島の川は本当に水がきれいで、透明度がすごいです!
お二人ともすぐに漕げるようになりましたね

このリバーカヤックもまた、大好きなことの一つになりましたでしょうか(笑

森田さん、田森さん、今度は夏にいらしてくださいね~
秘境の滝壺へ飛びこみましょう~!

青木高志

 

 

 

 

 

 

屋久杉・天文の森エコツアー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは、屋久島パーソナルエコツアーの青木です。

Kさん、Sさんと屋久杉・天文の森エコツアーに行ってきました。
お二人は今回、卒業旅行で屋久島へいらっしゃいました。
この日は、朝から雨の天気予報でしたが、ほとんど降らずに済んでよかったですね!
森の中は霧に覆われ、幻想的な屋久杉の森を堪能できました。

この写真の屋久杉は推定樹齢約2000年の杉で、母子杉と言います。
二本の木が倒木更新しているような杉で、根っこがくっついているために
母子杉という名がついています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3月上旬の屋久島の森には白い花弁で可憐に咲く、オオゴカヨウオウレンがたくさん咲いています。
屋久島の固有種になります。

本土の方ではミツバオウレンというのが多いのですが、
屋久島の黄連は、葉が5つに割れているところが大きな違いになります。
コースの途中に咲いているオオゴカヨウオウレンの写真を接写でたくさん撮りましたね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

屋久杉の切り株も苔に覆われてもこもこですね~!
人が入れるぐらいの屋久杉の切り株がたくさんあります。
人が入ると大きさがよくわかりますね~!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

蛇門杉という巨木がかつてありましたが、20年ほど前に倒れまして、
その根っこが芸術品ですね

いつかはこのような樹齢数千年の巨木も倒れ、森の母体になっていきます。
そして、明かりを得たパイオニア系の植物たちが芽生えていきます。
このような大きな遷移を森は繰り返しているんですね。

このような数千年という時間の単位の森の中にこの身を置いてみると、
なんと自分の人生が短いことなのかと、気づきます。

 

 

 

ヤクサルの赤ちゃん

tabusinme

こんにちは、屋久島パーソナルエコツアーの青木です。

もうすっかり屋久島では常緑樹の新芽がたくさん芽吹いてきましたね。
この写真はタブの木の新芽です。
このように一年で最も色彩がきれいな森になるのが、3~4月の時期で
新しい命が芽吹く森は気持ちいいものです。

 

 

yakuzaru

春から初夏にかけてはヤクサルにとっても一年で一番エサが豊富な時期になりますので、
出産もこの時期が一番多いんですよね。
森を歩いているとたくさんの子ザルに逢うことができます。

本土にいるニホンザルと比べるとかなり小柄で、毛が長いのがヤクサルの特長です。
こうやってサル同士が毛ずくろいしているシーンをよく見ますが、
とても気持ちよさそうな顔をしていますね(笑

この毛ずくろいをし合うのがとても大切なコミュニケーションになっているようで
天気がいい日は県道沿い(あったかい)で寝っころがっています。

屋久島にいるヤクサルの数は推定ですが、1万頭以上はいるだろうといわれています。
ちなみに人は約14000人ですので、ほぼ一緒ぐらいになります。(笑
ヤクシカは最近かなり増えているようで、5万頭ぐらいはいるのではないかと言われています。

 

 

 

 

 

 

kozaru

今年生まれたヤクサルの赤ちゃん! かわいいですね~!
まだ何も知らない顔して、お母さんに抱き着いて行動してます。
たくましく育てって欲しですね~!