屋久島を知り尽くした現地ガイドブログ

太鼓岩の新緑情報です!

カテゴリー別 太鼓岩, 白谷雲水峡公開日時

こんにちは!お久しぶりです。ガイドの青山です!
しばらくブログの更新をしてませんでしたが、冬の間に知床でガイドしたり、熊野古道の森を歩いたり、
他にも色んな所を旅しながら刺激をたくさん受けてきました~。
今年はまた去年と違ったガイドになると思うので、今シーズンもみなさんよろしくお願いします!
ブログもぼちぼちですが、季節の情報を中心に更新していきたいな~と思います。

 
というわけで、まずは最近の白谷雲水峡の太鼓岩の最新の状況についてお伝えします。
4月11日に友人と一緒にプライベートで白谷雲水峡の太鼓岩まで行ってきました!
ここ最近屋久島は雨の日が多いのですが、おかげで森が潤って生き生きしています!
森の中に入ると、どこ見ても綺麗でなかなか前に進みませんでした(笑)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

僕はけっこう雨の森が好きなのですが、さらに好きなのは「雨上がりの晴れ間の森」なんです。
11日はちょうどお日様が出てくれたおかげで、潤った森に光が差してキラキラしてました!
これは、雨が降らないと見れない景色なんですよね~。
一応今回のブログの題名が「太鼓岩」なので詳細は省きますが、森歩きが楽しすぎてガイドなのに太鼓岩に着くまでものすごい時間がかかってしまいました(笑)

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

なんやかんやダラダラしながら太鼓岩に着いたのですが、こちらが11日の太鼓岩の景色です!
いや~、何度見ても圧倒されます…。
毎年、今の時期はみんな太鼓岩から見える、「山桜」の花であたり一面にピンクに染まる景色を楽しみにしてます!
でも11日に行った時は山桜の花が少ないのかな?という印象を受けました。
森の中にはたくさん桜の花びらが落ちていたので、雨で花びらが散ったのかなーという気がします。
まぁ、桜がなくてもどちらにしろ太鼓岩は綺麗なので、特に問題はないんですけどね(笑)

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

山桜のピンクは見れませんでしたが、今の季節は新緑の色が素晴らしいです!
春の芽ぶきで現れた色とりどりの新芽の色が、太鼓岩からは絶景と一緒に見る事ができます!
新緑は「緑色」だけだと思ってる人も多いのですが、実は赤、オレンジ、同じ緑でも色が微妙に違ってたりするんです。
こんなに色とりどりの自然の色を楽しめるのは、屋久島ではこの春の季節ならではだな~と感じますね。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

しばらく友人とぼーっとしてると、雲が出てきてまた良い感じに景色を変化させてくれました!
雲で真っ白になったり、また見えたりしたり、などコロコロと景色を変えてくれて面白かったです♪
みなさんも太鼓岩に着いた瞬間に曇っていて真っ白でも、すぐに帰る必要はないですよ。
しばらく待っていたらめっちゃ面白い雲のショーを見せてくれて、晴れてくる可能性があります!
もちろん自然はどうなるか分からないので、「絶対見れる」わけではありませんが、危なくないようであればただただぼーっとするのも気持ち良くてオススメです(笑)

 

というわけで、久しぶりのブログは太鼓岩の景色をお伝えしました。
特にいま太鼓岩から見てほしいのは、「新緑の緑」ですね!
今年は去年ほど頻繁ではないかもしれませんが、みなさんに心から「紹介したい!」と感じたものを中心にブログでお伝えしたいと思います。

 

 

 

直樹

白谷雲水峡までの道がきれいです。

harusiratani

白谷雲水峡に行くには、屋久島の港がある宮之浦の街から約10キロで車で約20分ほど登ったところにあります。
それで、4月に入ると山桜、ヤクシマオナガカエデ、タイミンタチバナ、タブ、クスノキ、バリバリノキ。。。
などの常緑樹の新緑がとてもきれいな時期になりました。

下に見える町が宮之浦。
もっと視界が良いときは鹿児島の開聞岳が見える時もあります。

 

hatusiratani2

白谷雲水峡まで車でさっと上がらないで、途中で降りてみることをおすすめします。
車からでは見られないきれいな風景が広がっています。
少し赤くなっている葉が山桜でぱっぱと少し咲いてきてますね
来週(4月6日からの週)あたりが見頃といった感じです。

蛍光緑のきれいな葉がヤクシマオナガカエデで、この時期、山桜とのコラボがとてもきれいですね

sakuratutuji

また、山桜だけじゃなく、このサクラツツジもこの道沿いで多く見られます。
現在、5分咲きぐらいで一番きれいな頃です。

このサクラツツジは鹿児島県から南にしか分布してなく、
奄美大島でもたくさん見ることができます。
関東や関西の方は見たことのないツツジかと思います。

この道沿いで咲いていた花は、リュウキュウキイチゴ、ヤクシマキイチゴ、ミヤマシキミ、タイミンタチバナ、
サクラツツジ、山桜、ソメイヨシノ、ヤクシマオナガカエデ、サツマイナモリ、イヌガシ
少し歩いていて見ることができた花です。

白谷雲水峡では苔むした緑と沢がきれいですが、
白谷雲水峡に行く前にこの道沿いの植物も観察してみるとおもしろいですよ!

 

 

 

この道も10年前に比べると、2車線にする道幅の拡張工事が進みました。
バスなどが簡単に行けるようにということで今現在も工事が進んでいますが、
最後の800m付近ではかなりな谷間になっており、これを2車線にするには
かなりな山を崩さないとできないとのことです。

その森の中に希少な植物がたくさんあるため、現在、反対運動をしているところです。

白谷雲水峡に行くまでの道のりが、何と言いますか、秘境的なところがあって
お客さんもそういうところに魅かれているのに。。。

便利さばかり追求しても、
自然がなくなってしまってはお客さんが来なくなってしまうわけです。

まさに、本末転倒といったところです。

最後の800mのところは白谷雲水峡の秘境的なところが残っているところなので
何とか反対運動をして残していきたいものです。

青木高志