屋久島を知り尽くした現地ガイドブログ

7月24日の口永良部島の状況

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近はずーっとこんな感じで小康状態が続いている口永良部島です。
時たま途切れて雲になっていきます。(左側にある雲)

永田側からみる口永良部島はサルが仰向けになって寝ているように見えるんですが
この写真は南西にある栗生から撮った写真で、クジラがちょうど水を出しているように見えますね(笑

 

見てわかるように、屋久島への影響はありませんね。
前回の大噴火の時に屋久島に降った火山灰も、
この屋久島の大雨できれーいに流してしまいました。
雨が多いというのはまた汚いものも全部流してしまうので、
屋久島の森はきれいなんでしょうね。

 

ちなみに、屋久島の隣の島で硫黄島がありますが、この島も毎日のように噴火しています。

ioujima

これが、硫黄島です。
2度ほど行ったことがありますが、島の右側の3分の2は噴火のため人が入ることはできません。
左側の平たい土地に牛を放牧してました。
人口が約100人ぐらい住んでいます。
島の3分の2が入れない島によく人が住んでるな~と感心したことがあります。

口永良部島も一度この前のような大噴火があるとなかなか警戒レベル5から下がらないでしょうが、
この硫黄島や鹿児島の桜島とかも今現在噴火しているのに人はふつうに暮らしてますもんね~。。。

口永良部島の方たちは、現在、屋久島の宮之浦地区に仮設住宅を建て、
130人ぐらいの方たちが避難生活をしています。

まあ~本当は自己責任でいいから、
島に帰りたいと思っている方は多いと思います。

 

 

 

 

 

台風情報、かなり西にそれる予報

7月4日のブログでは、7月9日に屋久島へ最接近という予報でしたが、
予想はかなりずれ、9号、10号ともにだいぶ西側を通る予報に変わってきました!(ちょっと安堵)

台風11号は今後どうなるかまだわかりませんが、翌週の14日~19日あたりが屋久島に影響が出てきそうですね

太平洋高気圧の勢力が強いため、9,19号はかなり西よりに進む予報ですが、
湿った空気流れ込むため、大雨には注意した方がよさそうですね

下の図は、アメリカ海軍が発表している予報です。

日本の気象庁よりもあたる確率が高い感じがします。

9,10日あたりが屋久島にも影響がありそうですね。。。

 

 

台風がトリプルで発生

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

長雨が続いている九州地方ですが、屋久島も6月は毎日のように雨が降っています。
7月に入ってからも止むことなく、なんか延々と降り続いています。

そして、ついに台風9号が7月9日あたりに屋久島へ来るような進路予想です。
しかも同時に3つの台風が発生。。。

この台風が通り過ぎると、一気に夏になるのでしょうか?

7月9日に屋久島へ来られる方は十分に気象庁の予報を見て注意してください!

ちなみに、日本の気象庁の台風進路予想と
アメリカ海軍の台風進路予想とではかなり違うので注意して見てください。

ちなみに、屋久島パーソナルエコツアーに7月9,10,11日にエコツアーを予約されている方で
実際、台風の影響で飛行機や船が決行になってしまって屋久島へ来られない場合は、
エコツアー料金は全額返金になりますので、ご安心ください。

たいふうの進路はあくまでも予報なので、実際どのようになるかはわかりません。
また、今回は台風が3つも同時に発生しているので、その影響もあり
どのような進路になるかは本当にわかりませんね。

現在7月4日では、太平洋高気圧の勢力が強いため、
ほとんどの台風が西よりに進むと考えられています。

また最新情報がわかりましたらお知らせしたいと思います。

まあ~これで梅雨があけますように!!!

 

 

 

青木高志