屋久島を知り尽くした現地ガイドブログ

屋久島最大級と言われた、あのガジュマルの巨木が倒れました!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

9月19日に屋久島の西側にある通称西部林道が開通しました。
6月の長雨により西部林道が土砂崩れになってしまい、約3か月間通行止めになっていましたが、
シルバーウイーク前に何とか復旧させたようです。
関係者の方々に感謝申し上げます。

ガイド同士の中で噂にはなっていましたが、
その西部林道の中でも最大級の、あのガジュマル巨木が倒れたとのこと!!!

早速、パーソナルエコツアーのガイドが集まって、実際どのような状況になっているのか
調査に行ってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

照葉樹林の中を歩いてみると、大きな木が倒れていて森におおきな森林ギャップ(森の空間)が生まれていました。
森の様子もだいぶ変わっていました。
まあ~これも森の大きな遷移の一環ですね。
このように大きな木が倒れ、森に明かりが生まれ、そして明かりが大好きなパイオニア植物が芽吹き、
その後、常緑樹の森に帰っていく。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その噂のガジュマルの巨木に到着。
後ろ側はいつものがじゅまるの巨木でした。
もう全部倒れてしまったのかと思っていましたので、「お~!!結構生き残ってますね~!!」
という感じでした。
やはり実際来てみないとわからないもんですな~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ガジュマルの正面の方へ行ってみると、「わお~~!!すごいですね~」
やはり相当大きく倒れました。
ものすごいおおきな森林ギャップが生まれていました。
「明るいですね~」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これが全貌です。かなり倒れましたね。

しかし、後ろの方はまだ大きなガジュマルが生き残っていますので、
完全に死んでしまったわけではありませんでした。
自分の家でもガジュマルを育てていますが、コンクリートの隙間から芽が出てくるぐらい
ガジュマルは強い植物ですので、またすぐに復活していくことでしょう。
まあー元のあの巨木になるまでには相当な時間(100年ぐらい?)がかかるでしょうが
これももた森の大きな遷移の一環です。
ここからまた新たに始まります。
これからは、このガジュマルがどのようにして復活していくのか見守っていきたいと思います。

 

touboku6

これが以前のガジュマルの巨木です。
ほとんど同じところから撮影したものです。

ガジュマルはだらーんと垂れている気根(空気中で水分を得ている根っこ)
が地中に達すると幹になっていきます。
またその気根が他の木にからみついて、しめ殺してしまう木でも有名で、
ガジュマルを切ってみると中にはだいたいほかの木があります。

そして、どんどん大きくなっていくわけですが、
年輪がありませので、樹齢はわかりません。

このガジュマルも何百年という単位で生きていたのでしょうね。

当店が催行しているガジュマル巨木ツアーなんですが、
これでおしまい!というわけではありません。

実はこのガジュマルの奥地にも大きなガジュマルが何本かあります。
こうゆう森の大きな遷移(移り変わり)を体感して欲しいですね!

「もっと深い森の中はへ」

屋久島パーソナルエコツアー

青木高志

縄文杉キャンプ、最高の天気でした!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2日間ともに大変天気に恵まれた、縄文杉ひとりじめキャンプツアーでした。
晴れ女パワー炸裂でしたね!笑

縄文杉に行くのにトロッコ道を約8キロ歩くんですが、途中にこのようなきれいな沢が何カ所もあります。
ただ縄文杉をひたすら目指す「日帰り縄文杉ツアー」ではとても時間的に余裕がなく道草などできません。

1泊2日で行く縄文杉キャンプツアーですと、このように靴を脱いで、素足で川遊びができます。
疲れた足を冷たい川につけると、疲れもとれますよね~!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夕方4時ぐらいに無事縄文杉に到着しました。
誰もいない静寂した縄文杉を堪能した後は、高塚小屋付近で夕食。
その後、テントを張ってキャンプをしました。

4人用のテントに女性3人で泊まったので、余裕がありましたね!
3人ともやけにテンションが上がってましたが、よく眠れましたでしょうか?

ちなみに、ガイド青木は、一人用のテントでゆっくり休むことができました。

あ、そうそう、この日の星空はとてもクリアできれいでしたね~!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

翌朝、快晴の森の中。 夜明け前に起きて、真っ赤な太陽が森に差し込む瞬間はとてもきれいでしたね。
縄文杉に行ってみると、真っ赤に染まった縄文杉が神々しかったです。
高塚小屋には何人か泊まっていたのですが、誰も来ず、
またしても、貸切状態の縄文杉。まさにひとりじめ縄文杉でした!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝日の縄文杉を見た後は、ゆっくり朝の森を堪能しながらの朝食。
鳥のさえずりを聞きながらの朝食は贅沢ですね~
ちなみに朝食は昨日の残りのお米を使った雑炊でした。

早朝は夏とはいえ標高1300m付近に泊まってますので、
このように長袖のシャツにさらにレインウエアーを着る感じです。

ちなみに気温は人里より10度ぐらい低いです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

帰り道、自然観察路を通っての下山。
途中にこの名も無き屋久杉の巨木に逢うことができます。
縄文杉は15mぐらい離れた展望台からしか見ることができませんので、
木肌とかの迫力感はこちらの巨木の方があるかもしれませんね。

2日間、最高な天気に恵まれた縄文杉ひとりじめキャンプツアーでした!
神様に感謝です。

青木高志

 

 

朝日を浴びた縄文杉

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先日、当店が催行している縄文杉ひとりじめキャンプに行ってきました。
今回はKご夫妻とその息子さん夫婦でのご家族でした。
ヤクスギランドから早朝6時(最終便)のシャトルバスに乗って、
ここ荒川登山口で朝食のお弁当を食べてから
7時過ぎに出発です。
さあ~がんばって行きましょう!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トロッコ道を約8キロ歩き、約3キロが山道になります。
特にウイルソン株から坂がきつくなってきまが、ゆっくり、ゆっくりがんばって登りましたね。
この辺が一番きついところですかね~(ちょっとバテ気味?。。)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おめでとうございます!!  よく頑張りましたね!
夕方4時ごろ無事縄文杉に到着しました。
夕刻、誰もいない縄文杉を静かに堪能できましたね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

縄文杉を見た後は、高塚小屋付近でキャンプ泊
とりあえず屋久島の地酒、三岳で乾杯!
ガイド青木の手作り料理ですが、この日は豚肉と野菜を入れたしゃぶしゃぶで
ポン酢でいただきました! 疲れている時は豚にがおいしいですよね~
またポン酢も疲れた体には大変良いそうです。
もちろん、お米も(無洗米)で炊きました。(ちょっと硬めでしたが。。)
おこげもおいしくいただけました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、翌朝、見事に快晴になりました!!
普段の行ないがよかったんですかね~笑
高塚小屋には何人か泊まっていたのですが、誰も来ず、
またしても、貸切状態での朝日を浴びた縄文杉に逢うことができました。
まさに、「ひとりじめ縄文杉キャンプ」でした!

早朝の神聖な空気の中、ひそやかにたたずむ縄文杉に真っ赤な朝日があたる
神々し瞬間です。

もう何も言葉はいらない。
今、ここにいる瞬間。
感動でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おめでとうございます!  無事歩き終わりました!

この後は、すぐにタクシーをチャーターしてましたので、

温泉に直行。

お疲れ様でした! また遊びにいらしてくださいね~!!

青木高志