屋久島を知り尽くした現地ガイドブログ

展望台デッキだから見える縄文杉3つの表情

今も屋久島の森に威厳を保つ縄文杉。
今年で発見されてから50年が経ちます。
その圧倒的な幹の太さと存在感は今も人々を魅了し続けています。
推定樹齢約4千年とも言われる縄文杉。
今年4月から新しく展望デッキが完成し、
いままで見ることができなかった新たな縄文杉の姿が見えるようになりました。

 

縄文杉の正面の枝の付け根が空洞化していることがわかり、
いままであった正面デッキが撤去され、去年新しく出来上がった縄文杉正面デッキ。
縄文杉から20m離れた位置にあるこのデッキからですと
かなり遠くから縄文杉を見る感じになってしまいました。。。

そして今年4月1日に完成した南側展望デッキ。
日帰りで行く縄文杉登山の混雑を避けるため、
この通路から通り抜けができるようになりました。
これで今までと比べるとかなり混雑が緩和されることになります。

南側展望デッキから見た左側の縄文杉。
当初、環境庁から説明があった時は
もっと遠くから縄文杉を見ることになるのかと思っていましたが、
以前あった南側展望台とそれほど距離が離れていなかったので、
ちょっと安堵しました。
この位置から見る縄文杉は太さがよくわかりますね。

そして、新たに完成した北側展望デッキまでの階段。
正面デッキからちょっとした急斜面の階段を登っていきます。

1993年、私が屋久島に住み始めた当時はまだ縄文杉の周りにはロープしかなく、
ぐるりと回ることができましたが、その時以来(24年前)のこの角度からの縄文杉に
ちょっと興奮気味!!

 

これが今年新たに完成した北側展望台デッキからの縄文杉です。
かなり高い位置からの縄文杉を見ることができます。

 

お~24年ぶりに見る右側からの縄文杉!
左側から見る縄文杉よりもさらに太く見える右側の縄文杉。
またコブがデカく太いですね~!!
胸高周囲16,4m   直径5.2m の怪物、縄文杉。
圧倒的に日本で一番太い杉です。
なんか全然違う樹をみているような感覚です。

新たに見えるようになったこの縄文杉の迫力を
じっくり堪能したい方は、
当店、屋久島パーソナルエコツアーが催行している

「縄文杉ひとりじめキャンプ」がおすすめです。

是非、この新たな縄文杉の迫力を体感してみてください。