屋久島を知り尽くした現地ガイドブログ

冬も楽しめる! 屋久島観光7つの魅力

 12月から2月までオフシーズンに入る屋久島ですが、
皆さんはご存知でしょうか?

屋久島は春から夏が人気の観光地ですが、
実は冬でもたっぷり満喫できることを!

それは冬ならではの魅力が7つあるからなんです!

 

なんと桜や梅も!冬に咲くきれいな植物がいろいろある。

umenohana

 1月下旬になると人里では梅の花が咲き始めます。
メジロもたくさん飛んできて、
もうすぐ春だなあ~と思わせる季節です。

 

 

oogokayououren

 標高600m付近にある白谷雲水峡などの山では
1月下旬ぐらいからオオゴカヨウオウレンの花が咲き始めます。

屋久島固有植物でよーく見るとが黄色い花弁が可愛らしいですね。

 

 

sakura2

なんと、2月上旬にはソメイヨシノや大島桜などの桜が咲き始めます。

3月になると山桜も咲きはじめ、屋久島ではもうすっかり春になります。

 

冬だけの特典!絶景の冬景色

 yukinagata2

この写真のように、
屋久島では標高1700m付近から山頂部では2m~3mの雪が積もります。
 
しかしながら、

人里の海岸線あたりではぎりぎり亜熱帯の気候で、
冬でもハイビスカスやブーゲンビリアの花が咲いています。

沖縄から北海道までの植生が凝縮している島。
これが屋久島の最大の特長なんですね。

このハイビスカスを見ながら雪山も見るというのも
冬でしか体験できない屋久島の魅力の一つです。

この雪山は永田岳と言いまして、
九州でも2番目に高い山になります。

冬に屋久島に来られる方は是非見ておきたい雪山です。

 

真冬でも見れる緑鮮やかな常緑樹の森

seibu

屋久島の西側にある真冬の照葉樹林。

世界自然遺産にもなっている地域です。

真冬に来てもこのように緑あざやかな常緑樹の森なんですね! 
ヤクザル、ヤクシカをたくさん見ることができます。

 

 

天気さえよければ、暑くない快適なトレッキングを楽しめる。

 siratanihare

2月上旬の写真です。

晴れるとこのぐらいの服装でトレッキングすることができます。

歩いているとそんなに寒くもなく
非常に快適なトレッキングを楽しむことができます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

年によっては寒波が南下してきて、
このように雪化粧することもあります。

白谷雲水峡あたりの標高ですと
ゴムアイゼンという簡易スパイクを履いていれば、
問題なく歩くことができます。

 

もちろん当店が無料でお貸しいたします。 
雪化粧した苔の世界もなかなかいい感じですよ。

 

人が少ないので、静寂した森をゆったり過ごせる。

 siratani

静寂した森に流れる沢でコーヒーでもいかがですか?。贅沢なひとときです。

 

オフシーズンだから交通費や宿が安くてお得!

 hikouki11

2019年10月 JALで発売されている、

「JALのウルトラ先得
がめちゃくちゃ安いです。
73日前までに予約をすると最大88%の割引になります。

また夏のハイシーズンと比べると飛行機代がかなり安くなります。 

最近はLCCなどの格安航空券を見ると驚くような安さだったりします! 
ちょっと調べてみましたが、

東京から鹿児島までが冬の時期ですと8000円から、

鹿児島から屋久島までが7500円から 

伊丹空港から屋久島までの直行便が19900円から 

福岡から屋久島までが15200円から

屋久島に泊まるホテルなどもハイシーズンと比べれば割安になっています。
 

女性も安心! 冬だから虫が出ません。

 

 特に女性の方は虫が嫌いな方が多いですが、

冬のシーズンはいろんな虫がほとんどいませんので、
快適に森の中で過ごせるかと思います。

 

以上、冬も楽しめる!屋久島観光7つの魅力でした。

冬の屋久島を満喫できるおすすめツアーがこちらです。

 

島周遊・ガジュマルの森エコツアー

詳しくはこちら >>

 

白谷雲水峡トレッキング

詳しくはこちら >>

 

2日間で満喫!屋久島まるごとエコツアー

詳しくはこちら >>

 

 

12/19 スカパーで屋久島が放送されます!

スカパー!の番組で
「MY FAVORITE PLACE 屋久島編」が12/19(土)14:00~放送されます。
 
今回、屋久島を旅するのは女優の夏帆さんです。
屋久島の大自然に触れ、一度自分の人生を振り返ってみる夏帆さん。
これからの活躍が益々期待できる夏帆さんの素顔に触れることができました。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

屋久島に到着した夏帆さんのロケ風景。
 
当店YPEも今回は取材コーディネイトの仕事でお手伝いさせていただきました。
まずは夏帆さんが屋久島に到着したシーンです。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

屋久島の西側にあるいなか浜にて。 

宮之浦に到着した時は小雨が降っていたのですが、
いなか浜に来ると少し晴れてきました。
 

夏帆さんも少しうれしそう!
「今夜は星が見えるかな!」そう言いながら、いなか浜の撮影でした。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

翌日は白谷雲水峡の撮影。
苔むす森と原生林コースをガイド青木がご案内しました。
 

小雨が降る中での撮影でしたが、苔が潤って雫がきれいでしたね!

苔むす森で夏帆さんと一緒に写真を一枚撮っていただきました!
かなりうれしそうな、わたくし。
 
今回は高画質4Kカメラを使っての撮影でしたので、
かなりきれいな映像が期待できると思います!

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

翌日は早朝から鏡のように澄んだ川の上を静かに漕ぐリバーカヤックに挑戦!
この日は朝から青空が見える天気に恵まれました!
早朝の宮之浦川上流は空気が澄んでいて最高に気持ちよかったです!
夏帆さんも「きもち~い!」連発してましたね~笑

 
今回、屋久島の旅では、
苔むした白谷雲水峡で樹齢数千年という屋久杉と出会い、
自分の人生の短さを体感し
リバーカヤックで心身ともに癒された夏帆さん。
また屋久島へいらしてくださいね!
 
今度は縄文杉に逢いにキャンプをしに行きましょう!

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

個人的に、今回の撮影で一番見てみたいシーンがこの日の朝日。
安房の街を一望しながら昇ってくる朝日は絶景でしたね!
水平線からずっぽり上がる朝日はなかなか島に住んでいても見れませんから。
 
 

このたびは、1週間の屋久島ロケでしたが、
スタッフの皆様も早朝から夜遅くまで本当にお疲れ様でした!
楽しく皆様と仕事ができました事に感謝しております。

 
ということで、
12月19日14時から
スカパー!「MY FAVORITE PLACE 屋久島編」
超楽しみです!

乞うご期待!
 
 

青木高志

光が綺麗な一日でした!太鼓岩ツアーレポート

カテゴリー別 ツアー公開日時

DSC_6058

 

こんにちは!久しぶりのツアーレポートです!
大阪からお越しのNさんと白谷雲水峡太鼓岩ツアーへ行ってきました。
前日まで当店の宮之浦岳縦走キャンプツアーに参加して下さったNさん。
縦走中は最高の天気で、山頂付近ではブロッケン現象まで見れたようです!

 

 

 

DSC_6084

 

この日もお天気には恵まれ、白谷雲水峡の森はとにかく綺麗でした~。
温かい日差しはぽかぽかと気持ちよく、森に差し込む光のおかげで森全体が一日中キラキラと輝いていましたね!
木漏れ日の美しさに目を奪われっぱなしで、自然とゆっくりペースのツアーになりました。
お日様の光で輝く苔むす森は忘れられないですね~。

 

 

 

DSC_6093

 

 

縦走の疲れもなんのその!太鼓岩にも無事到着です!
宮之浦岳や奥岳の山頂は雲にかかって見れませんでしたが、目の前の大パノラマにとても満足されていましたね!
お話を聞いてみると、最近お遍路へ行ってきたというNさん。
その練習のために、近くの山へ日頃から何度も登っておられたということでした。
縦走のあとに太鼓岩へ行けてしまうのも納得ですね!

 

 

 

 

DSC_6096

 

 

太鼓岩頂上での一枚(笑)
Nさん楽しんでおられますね~!!
晴れた日の太鼓岩は本当に気持ちいいですよね~。

 

 

 

DSC_6109

 

帰りの下山直前、白谷雲水峡にある飛竜おとしの滝ではこの日最後の素晴らしい景色を見せてくれました。
太陽が傾いてきて光の入り方が変わり、行きとはまったく違った雰囲気の滝に!
水しぶきや、滝壺など色んな物が輝いていましたね~。
これには僕もNさんも思わずシャッターを切りまくりでした(笑)

 

 

 

 

DSC_6112

 

特に滝のはじまりの部分は本当に綺麗でしたね~。
最後の最後で、飛竜落としの前でゆっくりとした時間を過ごしました。
綺麗なのはもちろんなんですが、滝の前は天然クーラーにもなっていて、気持ち良さも抜群です!
暑~い夏場になると、滝の前から動きたくなくなりますよ(笑)

Nさん一日どうもありがとうございました!
縦走に引き続き、お天気に恵まれたトレッキングになりましたね~。
この後の島周遊なども楽しんでいただけましたか??
またぜひ屋久島へ遊びに来て下さいね!

 

 

青山直樹

 

 

 

 

 

 

 

2泊3日屋久島大縦走ツアーレポート!3日目

カテゴリー別 ツアー公開日時

いよいよ大縦走ツアーも3日目の最終日です。
3日目の朝は、朝からしとしとの雨が降っていて森が濃霧に包まれていました。

 

dqaijusou10041

 
霧に包まれた屋久島の森は2日目までの景色とはまったく違う雰囲気を見せてくれましたね。
そこは深山幽谷という言葉がぴったりの世界。
ほんの数m先も見えないような深い霧に包まれた森は、幻想的で綺麗でしたがどこか怖さのようなものも兼ね備えていたような気がします。
こんな日は登山道の目印であるピンクテープも見えづらいので、ガイドがいたほうが安心かもしれないですね。

 

 

 

 

daijusou1004

 

 

いつもはくっきりと見える縄文杉も、この日は霧に包まれて神秘的な雰囲気を醸し出していました。
個人的には、こんな日のほうが縄文杉の貫録?が増すような気がします。
深い霧の中で数千年生きてた聖老人が立っている姿は、まるで森の主のようでしたね。
何度見ても毎回違った印象を受けるので、本当に面白いです。

 

 

 

 

 

daijusou10046

 
この3日目までは、あまり人とすれ違わない道を歩いてきたTさん。
縄文杉からトロッコ道までを歩いていると、たくさんの人とすれ違ったのでびっくりされていました(笑)
とはいっても、10月4日の荒川登山バス利用者は約200人ちょっとやったので森全体としては静かな森でしたね。
これから10、11月に入ると観光に訪れる人の数はだいぶん落ち着いてきます。
静かな屋久島の森を歩きたい人にとっては、とてもいい時期がやってきますよ!

 

 

 

daijusou10043

 
そしてこんな霧の濃い日は、白谷雲水峡を散策するのには最高の日です!
当店の大縦走ツアーでは、3日目の最終日に白谷雲水峡へ下山することになります(もちろん天候と体力と相談の上ですが)。
宮之浦岳、縄文杉、白谷雲水峡を通るので、屋久島の森を丸ごと堪能するような内容になっています!
霧に包まれた苔むす森は、「もののけの森」という言葉がぴったりの雰囲気。
本当に森の奥から木霊が出てきそうでしたね(笑)

 

 

 

daijusou10044

 
3日目は朝から雨が降ってましたが、そのおかげで森全体が潤ってくれていました。
苔についた滴が綺麗で、緑も青々としていましたね~。
幻想的な森を眺めながらも白谷雲水峡の登山口が近づいてくると、いよいよこの3日間の縦走が終わるということで僕もTさんも少し寂しく思えてきました。
最後に登山口へ着いた時には無事に歩き通せたことと、それぞれの日にベストの天気と表情を見せてくれた屋久島の自然に感謝の気持ちでいっぱいになりました!

 

Tさん今回は3日間本当にどうもありがとうございました!
屋久島の色んな素晴らしい姿を見る事が出来て良かったですね!宮之浦岳のリベンジも果たせて僕も嬉しかったです!
今度はご家族と一緒にぜひ屋久島へ遊びに来てくださいね~。

 

 

 

 

 

 

青山直樹

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2泊3日屋久島大縦走ツアーレポート!2日目

カテゴリー別 ツアー公開日時

大縦走ツアー2日目。
Tさんと宿泊地を早めに出発し、永田岳頂上付近から日の出を見る事にしました。
この日からお天気は崩れて行く予報でしたが、朝は雨も降らず周りのヤクザサに夜降ったと思われる雨粒の跡だけ残ってました。

 

 

okuedake6
この2日目の朝に永田岳から見た光景は今でも忘れらません!
こちらは今まさに朝日が奥岳の山に差し込もうとする瞬間の写真です。
神秘的な光景ですね…。
こんな景色を目の前にするともう、「すごいな~」、「綺麗ですね~」といった言葉しか出てこないです(笑)

 

 

daijusou1003

 

だんだんと陽が昇ってきて、森に光が当たると少しずつ動物たちも起き始めてきます。
ぼーっとしながらも、「あぁ、一日が始まっていくんやなぁ~」というのを心から実感してました。

 

 

 

daijusou10031

 

永田岳の山頂付近で、僕と同じくぼーっと朝日を眺めるTさん。
とても贅沢な朝の時間を過ごすことが出来ましたね。
十分に朝の景色を堪能したあと、名残惜しかったですが永田岳をあとにしました。

 

 

 

daijusou10032

 

登山道から眺める永田岳。
この永田岳はとても素晴らしい山なのですが、途中の登山道はかなり崩れていて通行が困難な箇所がいくつか見られます。
ですので、今回のツアー中でも登山道を迂回するために何度かヤクザサの中を藪こぎして進むような時がありました。
人もあまり通らない上に登りも険しい道なので、体力に自信のない方や時間がない方などは無理をして登らないようにして下さいね。

 

 

daijusou10034
1日目にがんばって歩いたので、2日目はとてもゆっくりとしたペースで登山を楽しむことが出来ました。
ヤクザサ帯を抜けて、森の中をしばらく歩いたあと休憩で立ち寄った第2展望台。
ここは眺めも良く、休憩するにはもってこいの場所です。
鳥のさえずりや、下のほうから聞こえる沢の音を聞いていると、気づいた時には30分ほどたっていてお互いにびっくりでしたね!

 

 

 

 

daijusou10035
大縦走ツアーの2日目は新高塚小屋か高塚小屋のどちらかが宿泊地となります。
ペースによってどちらに泊るかが変わってくるのですが、僕たちは比較的余裕があったので新高塚小屋をお昼ごろには通って高塚小屋へ行く事にしました。
この新高塚小屋から高塚小屋までの道には見事な森が広がっていて、名もなき屋久杉や、ヒメシャラ、ヤマグルマの巨木がたくさん生育しています。
一本、一本見て行くとなかなか前にすすめません(笑)
そんな巨木の森をワクワクしながら、まるで小人になったような気分で歩いて行くのは楽しかったですね!

 

 

 

 

daijusou10036
高塚小屋へ着く少し前ぐらいからポツポツと本格的な雨が降ってきたので、早めに小屋に入ってストレッチなどをしながらゆったりとした時間を過ごしていました。
歩き終わったあとにすぐ寝転んでしまう方などもおられますが、できれば足をのばしたりして簡単なストレッチをされるのがオススメです。
翌日の体の疲れ具合が変わってきますからね。特に2日や3日連続で歩く場合は重要になってきますよ~!
しばらく小屋の周囲はガスに包まれて真っ白でしたが、途中で一瞬の晴れ間が!
森に差し込む光がシャワーのようになっていて綺麗でしたね~。

 

8、9月の頃は利用者も多く、一杯になることが多かった高塚小屋でしたがこの日は僕たちをいれても7人程度で広々と小屋を使うことができました。
さて、いよいよ次の日は大縦走の最終日です!
3日目もこれまでとはまったく違った景色が見れたので、またツアー中に撮れた写真をアップしていきたいと思います!

 

 

 

青山直樹

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2泊3日屋久島大縦走ツアーレポート!1日目

カテゴリー別 ツアー公開日時

こんにちは!屋久島パーソナルエコツアーの青山です。
前回のブログでも紹介したように、10月2~4日にかけて2泊3日屋久島大縦走キャンプツアーへ行ってきました!
ツアーに参加してくれたのは岡山県からお越しのTさん。
長年登山に親しまれていることもあってものすごく健脚な方で、当店のツアーの中では健脚度が最も高い大縦走キャンプツアーを怪我もなく順調に歩き通すことができました。
この3日間を通して屋久島は本当に素晴らしい姿をたくさん見せてくれたので、これから日にちごとに分けてゆっくりとツアー中の様子と屋久島の風景を紹介していきたいと思います!(それでも紹介しきれないぐらいですが…笑)

 

 

 

daijusou1002

 

まず一日目の朝は早朝6:30分ごろに淀川登山口を出発。
そこから約1時間ほど歩いて朝ご飯は淀川小屋まで行き、こちらの淀川の傍で食べることにしました。
10月に入ってからは人も少なくなったのか、奥岳の森はとても静かでしたね~。
ちなみに淀川は今でも十分綺麗ですが、これからしばらくするとコハウチワカエデやナナカマドの紅葉が始まります。
鏡のような清流に紅葉が映し出される様子はさらに綺麗で見ごろです!
当店ではこの淀川までゆっくりと歩く「淀川トレッキングツアー」も催行していますので、10月~11月は特にオススメですよ。

 

 

daijusou10022

 

やはり縦走で気になるのはその日のお天気。
お天気が崩れやすくなっていた屋久島ですが、初日はありがたいことに絶好のトレッキング日和になりました!
投石平での休憩も気持ち良かったですね~。
正面に見えているのは黒味岳。
大縦走ツアーでは黒味岳によることもできますが、今回はTさんの「永田岳に行きたい!」という希望を考慮して黒味には寄らずにそのまま宮之浦岳を目指すことにしました。

 

 

okudake2

 

投石平を出発してしばらくするとガスがかかってきて奥岳一面が真っ白になってしまったのですが、ちょうど宮之浦岳へ到着する30分ほど前からガスがすっきりととれてくれました!
これには僕もTさんも大興奮してましたね!

 

 

 

daijusou10023

 

そして、無事に宮之浦岳山頂に到着。
青空がとても清々しいです!
じつはTさんは過去に2度屋久島に来られていて、宮之浦岳と黒味岳に登られた経験があったのですが、どちらも壮絶な天気だったそうです…。
その時宮之浦岳は真っ白でなんにも見えない状況だったということで、見事なリベンジが果たせて本当に良かったですね!
なので今回はまだ行っていない永田岳登山と屋久島縦走をするために、はるばる3度目の屋久島に来てくださいました!

 

 

 

daijusou10025

 

そんなTさん念願の永田岳到着の瞬間がこちら!
まるで雲の上の世界にいるような感じがしますね・・・。
永田岳山頂までの登りが初日の中では一番つらい時でしたが、がんばって登ったかいがありましたね!
初日に永田岳まで行けるのはかなり健脚でないと出来ないことなので、本当にすごいです…。

 

 

 

 

daijusou10026

 

その後は山頂付近でのんびりとした時間を過ごしました。
だんだんと太陽が沈んでいく様子を眺めながら一日が終わるのを2人で体感していましたね~。
山の中で過ごしていると、時間の流れが里とぜんぜん違うので不思議です。
夕日を見ながらも暗くなる前に本日の寝床にたどり着き1日目は終了。
たくさん歩いた後の温かい晩ご飯は体に沁み渡りましたね!
次の日の朝日を楽しみにしながら、初日は眠りにつきました…。

 

今回のブログではここまでとさせてもらいます!
次回は2日目の様子をアップしますね!

 

青山直樹

 

 

 

 

 

 

 

 

沢の水の力を借りながら!縄文杉キャンプツアーレポート

カテゴリー別 ツアー公開日時

itoublog1

 
9月12~13日にかけて縄文杉キャンプAコースに参加してくださった伊藤さんご夫婦です!
歩きだす前は縄文杉まで行けるのか不安なようでしたが、お2人とも健脚でガシガシと歩かれていました。

写真は途中の沢で休憩している様子ですが、今回のツアーでは沢で休憩する度に足を水につけて疲れを回復させていましたね(笑)
自然の冷たい水に足を付けるのは最高のクールダウンになります!
これをすると、足の疲れが一気に吹き飛んでしまうんですよね~。
最後まで調子で歩けたのはこのおかげかもしれないです(笑)

 

 

itoublog

 

初日は野生のヤクシカとも何度も出会うことができました!
こちらのヤクシカちゃんは餌を食べる事にかなり夢中になっています。
お2人との距離がかなり近いですよね。

伊藤さんは奈良県からお越しだということで、ヤクシカの小ささにはびっくりされていましたね~。
「奈良公園のシカと全然違う。」とおっしゃってました(笑)
ヤクシカは日本に生息するニホンジカの亜種の中でも特に小型で、実物を見てみるとそのサイズの小ささに驚かれることが多いです。
小さなヤクシカは本当に可愛いのですが、人間の手から餌を与えたりはしないようにくれぐれも注意して下さいね。

 

 

itoublog3

 
トロッコ道から登山道に入ってしばらくすると現れる、まるで屋久杉の門のような場所。
ちょうど深い森に入っていく時にこの杉の門が現れてくるので、僕は勝手に森への入り口のような感覚でいつもここを通っています(笑)

 

 

itoublog4

 

12時過ぎにウィルソン株に到着。
切られる前は樹齢約3000年はあっただろうと考えられている巨大な屋久杉の切り株です。
最近は中から見えるハートマークが有名で、ガイドブックなどにもよく紹介されています。
ちょうど人が少ない時にウィルソン株に着いたので、ゆっくりと中で写真撮影をすることが出来ましたね!
ハートマークばかりが話題になっていますが、中はとても不思議な空間が広がっています。
ウィルソン株に立ち寄られる時は、ぜひその場の空間の雰囲気も味わってほしいです。

 

 

 

itoublog5

 

縄文杉にも無事に到着することができました~!
沢の水の力を借りながらお2人ともここまでよく頑張りました!
この後は人もいなくなった静かな森の中で縄文杉とゆっくり対面しました…。
自然の緑や音に囲まれた中で過ごす時間は本当に心が落ち着きますね。

 
伊藤さん2日間どうもありがとうございました!
屋久島をかなり気に入ってもらえたようで、僕も嬉しかったです。
今度はぜひ今回行けなかった白谷雲水峡に行きましょうね~。

 

 

青山直樹

雨が降っても元気よく!太鼓岩ツアーレポート

カテゴリー別 ツアー公開日時

nakamuratour

 
9月6日、関東からお越しの女性4名様を太鼓岩にご案内させて頂きました。
午前中に屋久島空港に到着、お昼ご飯を買ってそのまま白谷雲水峡へ行ってツアーを開始したので、
もしかしたら移動の疲れもあるかな…?と心配をしてましたがまったく関係なかったですね!

みなさんとてもお元気で、ワイワイとおしゃべりしながらの楽しいトレッキングになりました~。

 

 

nakamuratour2

 
この日はコロコロと空模様が変わって、雨が降ったりやんだりするようなお天気。
雨が強まってきたので、途中でレンタルをしたレインウェアを着ることにしました。
レインウェアは屋久島でトレッキングをするための必需品ですが、購入すると高いですよね…。
当店ではツアーに参加して下さるお客様に限り登山用品のレンタルサービスも行っているので、ご希望の方はぜひお問い合わせください!

 
雨が降ってきてもみなさんのテンションは変わらず、むしろ雨の森を歩くのを楽しんでおられましたね~!
またこの4人のレインウェアの色合いがなかなかカラフルで、「まるで戦隊ものみたい!」と言って写真を見ながら笑っていました(笑)

 

 

 

nakamuratour3

 
白谷小屋の近くにある切り株で、去年名前がついたばかりの「シカの宿」。
実際にこういった切り株の下ではヤクシカが雨宿りをしている時があります。
人が雨宿りをするのにもちょうど良いのですが、さすがに人間4人はちょっと定員オーバーでしたね(笑)

 

 

nakamuratour4

 
雨もずっと降っているわけではなく、お昼ごはんを食べる時や太鼓岩に向かう時はほとんどやんでくれてました。
太鼓岩までの登山道をがんばって登っていると、雲の隙間から差し込む光が森に入ってまるで光のシャワーのような光景が!
とにかくめちゃくちゃ綺麗で、これまでの登りの疲れを忘れさせてくれましたね!

 

 

nakamuratour5

 

太鼓岩に無事到着!みなさんおめでとうございまーす!
不安定な空模様にも関わらず、太鼓岩からの景色も十分楽しめました!
ガスに包まれると目の前が真っ白になるのですが…本当にタイミングが良かったんでしょうね~。

 

 

nakamuratour6

 

少し時間が遅かったこともあって、あまり人のいない太鼓岩を満喫することができました。
今回のツアーの個人的なベストショットはこちら!
4人の楽しんでいる様子が伝わってきますね~!
このあと下山中にまた雨足が強まってきたのですが、ほとんど気にせずに最後まで元気よく歩いてましたね(笑)

 

みなさん1日どうもおつかれさまでした!
翌日の縄文杉キャンプも楽しんでいただけましたか??
まだまだ見れてない場所が一杯あるので、またぜひ屋久島に遊びに来て下さいね~。

 

 

青山直樹

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

偶然って面白いですね!:白谷雲水峡スペシャルツアーレポート

カテゴリー別 ツアー公開日時

DSC_5154
今回、白谷雲水峡をご案内させて頂いた山本さんご夫妻です。
以前に僕が住んでいた高知県からお越しで色々と通じる話が多かったのですが、なんと偶然にも同じ大学の出身で2人とも先輩!
さらに職場もよく知っている場所で、屋久島トーク以外にも色々な高知トークで盛り上がってしまいました(笑)
こういった偶然もあるもんなんですね~。

 

 

DSC_5175
お2人が参加して下さったのは白谷雲水峡スペシャルツアー。
まだ人も少ない早朝の森に入ると、木漏れ日がさしてきてとても綺麗でした!
木漏れ日を浴びながら、早朝の森をゆっくりと歩くのは気持ちがいいです!
最高の森林浴ですね~。

 

 

DSC_5177
苔むす森にも光が差し込んできて、なんともいえない光景に…。
思わず見とれてしまいますよね~。
朝が早かったおかげで、まだ人も少なく静かな苔むす森を体感することができました!

 

 

 

DSC_5185

 

屋久島や高知のお話をしながら歩いていると、ふと小さな花が咲いているのを発見!
とても可愛らしい花ですね。注意していないと見逃してしまいそうになります…。
こちらは、「ヤクシマヒメアリドオシラン」というらん科の植物です。
「ヤクシマ」という名前が付いているのは、最初の発見地が屋久島であったことにちなんでいます。
ですので、屋久島の固有種というわけではなく本州にも分布しており、長野、四国、九州、沖縄などでも発見されているようですね。
屋久島では標高1000m前後の薄暗い林内で、湿った苔の上で生育しています。
山でこういった小さい花を見つけると心が和みますね~。

 

 

 

DSC_5187

 

お天気に恵まれたこともあり、太鼓岩へ行ってみると屋久島の奥岳が一望できました!
お天気が良すぎて日差しが暑いぐらいでしたね(笑)
8月はもう過ぎてしまいましたが、屋久島の山は日差しが強いです。
特に頂上付近の日差しは強烈なので、縦走などをされる方は帽子や頭にまくタオルなどをお忘れなく!

 

 

 

DSC_5190
昼からは白谷雲水峡の原生林コースをゆっくりと回って楽しみました~。
写真は原生林コースの途中にある三本足杉です。
今にも動きだしそうな雰囲気がありますね…。
この原生林コースには名前はなくても、面白い形をしている木が多いので歩いていてもなかなか飽きない道になっています。
色々見ながら過ごしていると、一日もあっという間でしたね!

 

 

山本さん今回はどうもありがとうございました!
久しぶりに懐かしい話ができて楽しかったです!
ものすごい偶然でしたね(笑)
また高知で会うこともあるかもしれないので、その時はよろしくお願いしますね~。

 

 

青山直樹

 

 

 

 

 

屋久島の森と川で遊びつくす!:森と水のエコツアーレポート

カテゴリー別 ツアー, 白谷雲水峡公開日時

DSC_5083


今回、森と水のエコツアーに参加して下さった堀尾さんと島津さんです!
島根県から車で鹿児島まで運転して、はるばる屋久島へ来て下さいました。
屋久島への交通手段が僕もよくお世話になってる、「フェリーはいびすかす」という船で、この船に乗ってくるお客さんは珍しいので色々と通じる話があって面白かったですね(笑)

森と水のエコツアーは早朝の白谷雲水峡を歩き、午後はリバーカヤックか沢遊び(夏季限定)を満喫するというツアー内容です。
1日で屋久島の森と川で遊びつくす、ちょっと欲張りなツアーになってます!

 

 

 

DSC_5112

 

この日の午前中はずーっと青空が見えていて、森に差し込む木漏れ日がとても綺麗でしたね~。
お2人は2日目に日帰り縄文杉に挑戦されたということで、「めちゃくちゃキツかった…」という話をされていましたが、
白谷雲水峡はゆったりと森の風景を楽しみながら歩けたので、かなり気に入ってくれた様子でした!
「いや~、断然白谷派ですわ~」という言葉が何度もツアー中に漏れていましたね…(笑)

 

 

白谷雲水狭は多くの人が訪れる場所ですが、早朝は人も少なく静かな森を堪能しながら歩くことができます。
しかも、朝の白谷の森はこのうえなく気持ちがいいんです!
そんな一番いい時間帯の森を歩ける森と水のエコツアーは、本当に贅沢なツアーやなぁ~と思いますね(笑)

 

 

DSC_5093

 

森と水のエコツアーは本来なら「苔むす森」という場所まで行ってそこで帰るのですが、この日はお2人の希望で太鼓岩まで足を伸ばすことにしました。
午後の水遊びの時間が短くなってしまいますが、健脚で歩ける方なら午前中のトレッキングで太鼓岩を目指すこともできます!
太鼓岩に行ってみると大正解…!
屋久島の山々が全部きれいに見えてくれてましたね~。

 

 

 

DSC_5101

 

午後の沢遊びの時間が短くなるのを知っていながらも、太鼓岩でかなり遊んでしまいました。
色んなポーズと角度でたくさんの写真を撮って、まるで撮影会のような雰囲気になってましたね(笑)
さて、十分に森で遊んだ後は下山していよいよ屋久島の川での沢遊びがはじまります!

 

 

 

DCIM0232

 

午後はこちらの天然プールのようになっている沢で思う存分水遊びをして楽しみました♪
午前中にトレッキングでかいた汗を、冷たい川の水で一気に洗い流すのは爽快でしたね~。
プカプカと水に浮いていると、「あ~幸せやなぁ~」という気持ちが湧きあがってきます。
お2人とも今回はツアーに参加してくださってありがとうございました!
お話していた例の道の駅は分かりましたか?
島根でも残り少ない夏休みを満喫して下さいね~。

 

 

 

 

青山直樹

 

 

 

 

 

 

 

1 / 4123...最後 »