屋久島を知り尽くした現地ガイドブログ

苔むす森を満喫! 白谷雲水峡トレッキングツアー

苔むす森を満喫できる、
当店一押しの白谷雲水峡スペシャルツアーに参加のHさんとTさんです。
早朝7時ぐらいから約8キロのトレッキングコースをゆっくり歩いていきます。

約40分ぐらい歩いたところにある苔むす沢で朝食です。
早朝の森の中は人が少なく、とても気持ちいいですね!
川のせせらぎを聞きながらの朝食は格別です。

さて、朝食もゆっくり食べて、トレッキング開始! 頑張って歩きましょう!

白谷雲水峡のトレッキングコースにはたくさんの沢があり、すべて飲める水なんです。
ペットボトル1つあればOK!
屋久島のおいしい水を飲んでください。

 

苔にみっちり覆われた屋久杉。
コケコケワールドですね。

 

白谷雲水峡には5つの沢があり、石の上をバランスよく渡っていきます。

ちょっと強い雨が降るとすぐに増水しますので、無理をして渡らないようにしましょう。

 

この沢でしばしの休憩。「涼しい~~」

この白谷スペシャルツアーは時間的に余裕がありますので、
ゆっくり休憩が取れるのがいいですね!

 

このように根っこがかなり露出したトレッキングコースになりますので、
足元は十分に気を付けて歩きましょう!

 

ヒロハヒノキゴケ。
屋久島を代表するコケの一つです。
日本国内に約1600種あるとされている苔ですが、屋久島だけで苔の種類が約600種。
とてもすべて分類できませんが、屋久島の苔に興味がある方はこちらをご覧ください。

屋久島の苔

 

スギゴケ、ヒノキゴケ、ムクムクゴケ、フォーリースギバゴケ、ケチョウチンゴケ
ウツクシハネゴケ、ホウオウゴケ、ミズゴケ。。。たくさんの苔を撮影して歩きましたね

 

この辺からさらに苔が深くなるエリアで、じっくり白谷の苔を満喫!

 

苔むす沢のハイライトがここです。
白谷雲水峡の神髄ともいえる場所です。
ここでしばしの休憩。
コーヒーでも淹れましょうか!

原生林コースの最後にある二代くぐり杉。
江戸時代の人が切った切り株です。
当時、このような大きな屋久杉を人里まで運ぶ手段がなかったので、
森の中で80cmぐらいの平木に製材して、背負子で運んでいたんです。
ですので、平木に製材しやすいまっすぐな杉が切られ、
ねじれていたり、こぶが多い屋久杉が現在残っているんですね。

 

切り株の中から、切り株更新している2代目の杉が見れます。
このように次の世代へ再生されていくのが自然の凄さですね。

 

推定樹齢約二千年の七本杉。
この杉はまっすぐな杉ではなかったので、平木にされず 
残っている屋久杉の一つです。
上部がいったん折れ、七本の枝が伸びていることから
七本杉と名ずけられています。
いや~大きい杉ですね~!

 

苔むす森に到着。
以前は「もののけ姫の森」と言われていた場所。
いろいろあって、今は「苔むす森」と言われています。
奥行が深く、苔が本当に綺麗な場所です。

 

屋久杉の切り株の中。

 

そして、最終目的地である太鼓岩に到着です。
よく頑張りました!
雲が多く、頂上付近は見ることができませんでしたが、
下のほうが少し見れて幻想的な世界を堪能できまたしたね!

 

白谷雲水峡トレッキングツアーの詳細はこちら

 

2018年 屋久島パーソナルエコツアーに参加されたお客様の声

 

 

雨でも楽しめる!白谷雲水峡トレッキングツアー

カテゴリー別 太鼓岩, 植物, , 白谷雲水峡公開日時

こんにちは!ガイドのyamaです。

今回は石津さんご夫婦と白谷雲水峡トレッキングツアー(太鼓岩コース)に行ってきました 。

天気はあいにく雨だったのですが、雨でもコケの美しさと森の空気を楽しめるのが白谷雲水峡のいいところです♪

 

それでは行ってみましょう!

出発ポイントです。雨は降っていますが流れている水がとても綺麗なのが分かりますね!

屋久島は花崗岩が隆起してできた島なので土がとても少なく、雨の日でも水がきれいなことが特徴です。上流側に上がっていきましょう!

 

 

緑が美しい楠川歩道を歩きます。楠川歩道は江戸時代に伐採した屋久杉を運ぶために整備された道です。石畳や木で整備されており木材はたまに取り替えたりしますが石は当時のままです。 マイナスイオンたっぷりの空気を吸って上を目指しましょう♪

 

 

途中で沢を渡ったりします。ここの沢はコケ密度も高く奥行きもあり、良い写真スポットになってますね、お二人もバッチリ決まっています!

沢を渡る際もガイドがしっかりエスコートしますので日ごろ運動をしていない方でも安心です♪

 

途中、倒木の上に新しい命(ユズリハ)が芽生えているのを発見しました。

倒木すると日光を遮っていた葉っぱ達がなくなるので、日光がよく当たるスポットができ、新しい命が芽吹きやすくなります。

森は命を繋ぎ続けているのですね。

 

 

くぐり杉です!大きいですね!

元々、空間の部分には大きな岩があり、道を作るためにそれをどかしたため今の形があります。大人でも余裕で通れるぐらいの大きなくぐり杉です!

目的地へはここをくぐって向います♪

 

途中にある「かみなりおんじ」です。

おんじとは、鹿児島弁でおじさんのことです。

つまりこの木は「かみなりおじさん」という愛称で親しまれている杉で、雷に打たれて一瞬燃えてしまった木なのです!

屋久島は湿度が多いのでそのまま全焼するということはなかったのですが、内部の腐って乾燥した燃えやすい部分は見事に燃えています。

燃えた時に炭化した部分が確認できますので、ぜひ見てみてください♪

(内部の炭化している部分を観察するお二人^^)

 

 

スギコケを発見しました!

水を抱えてとても美しいですね。

コケは根から水分を補給することができず、体の表面からしか水分を補給できません。

なので水をたくさん抱えることができるような形になっているのです。

雨の日でもこのような美しい自然観賞ができるのも、屋久島のトレッキングツアーの良い所ですね♪

水の流れやタイミングで、いろいろな表情を見せてくれますね♪

 

 

苔むす森まで来ました!

コケ密度がすごいですね!

ここの緑はとても深く空気も清涼で、気持ちがいいです。

色々なインスピレーションが湧きそうな場所ですね 。

 

 

太鼓岩に来ました。

なんと、雲の中にいます!

いつもなら見渡す限りの渓谷なのですがこの日は雲が山肌を迫り上がって来て、一面真っ白なホワイトアウト状態でした!

「雲の中を歩いてるみたい♪」と、マイナスイオンを吸いまくる僕たち3人でした笑

 

 

晴れの日もいいのですが、天候が悪くても貴重な体験ができる白谷雲水峡ツアーは、いちガイドとしてもとてもオススメです。写真では伝えきれない森の色と空気をぜひ堪能しに来てください♪

 

白谷雲水峡・太鼓岩トレッキングツアーの詳細はこちら

 

 

山桜の季節の森(絵画)

今年の3月18日にエコツアーにご参加いただいた、北海道在住の河野様から

とても素敵な画像付きメールをいただきました!

それが、この2枚です。

 

 

 

DSC02106

 

 

 

 

 

 

 

太鼓岩からの絶景!

 

山桜のピンク、山桜のわかば色、常緑のスギの濃い緑色。

これらのコントラストがとても素敵です!

 

DSC02108

 

 

 

苔むした森に積る花びらたち。

この季節は山桜開花の季節で普段は薄暗い森の中も はなやいだ雰囲気になります。

 

 

河野様にお伺いしたところ、大きいサイズで描かれているとのことでした。

大きなキャンバスにバランスよく描けるなんて、すごいです!

絵心のない私にはハードルが高いです(苦笑)

 

 

この絵を拝見したら、季節は今、秋ですが、気持ちは冬を通り越して春の気分にさせていただきました!

 

ありがとうございました^_^

 

 

 

当店のエコツアーの中には、写真や、絵をじっくりと描きたいということでご参加いただくお客様もいらっしゃいます。当店は貸し切りが基本のエコツアーですから(笑)みなさん気兼ねなく「アート」されてます。

 

 

ガイドさんたちは、お客様に満足していただけるように、その日、その時、一番最適かつおすすめである場所をご案内できるよう努めています。

 

 

 

私は、屋久島の森を歩いたり、夏は沢で泳いだりして、感性を研ぎ澄まして、自家製の香水を作ったり、電子ピアノで自由に音を紡いで楽しむのが好きです。

 

 

屋久島の自然で感じたことを絵や音やその他のアートで表現できるって素晴らしいですね!

 

太鼓岩の新緑情報です!

カテゴリー別 太鼓岩, 白谷雲水峡公開日時

こんにちは!お久しぶりです。ガイドの青山です!
しばらくブログの更新をしてませんでしたが、冬の間に知床でガイドしたり、熊野古道の森を歩いたり、
他にも色んな所を旅しながら刺激をたくさん受けてきました~。
今年はまた去年と違ったガイドになると思うので、今シーズンもみなさんよろしくお願いします!
ブログもぼちぼちですが、季節の情報を中心に更新していきたいな~と思います。

 
というわけで、まずは最近の白谷雲水峡の太鼓岩の最新の状況についてお伝えします。
4月11日に友人と一緒にプライベートで白谷雲水峡の太鼓岩まで行ってきました!
ここ最近屋久島は雨の日が多いのですが、おかげで森が潤って生き生きしています!
森の中に入ると、どこ見ても綺麗でなかなか前に進みませんでした(笑)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

僕はけっこう雨の森が好きなのですが、さらに好きなのは「雨上がりの晴れ間の森」なんです。
11日はちょうどお日様が出てくれたおかげで、潤った森に光が差してキラキラしてました!
これは、雨が降らないと見れない景色なんですよね~。
一応今回のブログの題名が「太鼓岩」なので詳細は省きますが、森歩きが楽しすぎてガイドなのに太鼓岩に着くまでものすごい時間がかかってしまいました(笑)

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

なんやかんやダラダラしながら太鼓岩に着いたのですが、こちらが11日の太鼓岩の景色です!
いや~、何度見ても圧倒されます…。
毎年、今の時期はみんな太鼓岩から見える、「山桜」の花であたり一面にピンクに染まる景色を楽しみにしてます!
でも11日に行った時は山桜の花が少ないのかな?という印象を受けました。
森の中にはたくさん桜の花びらが落ちていたので、雨で花びらが散ったのかなーという気がします。
まぁ、桜がなくてもどちらにしろ太鼓岩は綺麗なので、特に問題はないんですけどね(笑)

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

山桜のピンクは見れませんでしたが、今の季節は新緑の色が素晴らしいです!
春の芽ぶきで現れた色とりどりの新芽の色が、太鼓岩からは絶景と一緒に見る事ができます!
新緑は「緑色」だけだと思ってる人も多いのですが、実は赤、オレンジ、同じ緑でも色が微妙に違ってたりするんです。
こんなに色とりどりの自然の色を楽しめるのは、屋久島ではこの春の季節ならではだな~と感じますね。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

しばらく友人とぼーっとしてると、雲が出てきてまた良い感じに景色を変化させてくれました!
雲で真っ白になったり、また見えたりしたり、などコロコロと景色を変えてくれて面白かったです♪
みなさんも太鼓岩に着いた瞬間に曇っていて真っ白でも、すぐに帰る必要はないですよ。
しばらく待っていたらめっちゃ面白い雲のショーを見せてくれて、晴れてくる可能性があります!
もちろん自然はどうなるか分からないので、「絶対見れる」わけではありませんが、危なくないようであればただただぼーっとするのも気持ち良くてオススメです(笑)

 

というわけで、久しぶりのブログは太鼓岩の景色をお伝えしました。
特にいま太鼓岩から見てほしいのは、「新緑の緑」ですね!
今年は去年ほど頻繁ではないかもしれませんが、みなさんに心から「紹介したい!」と感じたものを中心にブログでお伝えしたいと思います。

 

 

 

直樹

大家族で屋久島ツアー!

カテゴリー別 太鼓岩, 屋久島の森, 白谷雲水峡公開日時

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

総勢8名の大家族、浜屋さんご家族と白谷雲水峡~太鼓岩までの屋久島ツアーに行ってきました。
おじいちゃん、おばあちゃんの娘さん2人と、旦那さん2人と、お孫さん2人という家族構成でした。
みなさんとても仲が良くとてもうらやましい、素敵なご家族でした!

この日は天気にも恵まれ、とても楽しくトレッキングすることができましたね!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日は白谷雲水峡スペシャルコースでしたので早朝6時半にホテルを出発しました。
朝起きは三文の徳。
白谷雲水峡をトレッキングする方たちはたいてい、
ホテルで朝食をとってから8時過ぎぐらいに出発してくるので
連休など混み合っているときは早朝に出発するのがおすすめです。

この日も連休で混み合うことが予想されましたが、
誰もいない苔むす森を満喫することができました。
やっぱり、早朝が気持ちイイですよね~!!
早朝に森の中で食べる朝食も贅沢な時間です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

辻峠についたのが11時半でしたので、先に昼ごはんを食べてから太鼓岩に到着です。
みなさん、いい笑顔ですね~ ご家族全員で太鼓岩に登頂することができました。
本当におめでとうございます!

浜屋さんご家族の笑顔を見ていると、わたくし青木もなんか幸せな気持ちになりました!
家族って本当にいいものですね~
皆様と一緒にトレッキングすることができましたことに感謝です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いつもひょうきんな奥様。ポーズまでとっていただきありがとうございました。(笑
とても素敵です!!
太鼓岩での岩盤浴は気持ちよかったですか?
ちょっと滑り落ちそうな感じで怖かったでしょうか?(笑

奥に見える宮之浦岳や翁岳がくっきり見えて気持ち良かったですね!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

怪我もなく無事にトレッキングを終え、みんなでGood!のポーズ

小学校一年生の星斗君、三年生の風花ちゃんよく頑張りましたね!!
70歳の弘之さんも少し足が痛くなっていましたが、本当によく頑張りました!

ゆっくり、のんびりの白谷雲水峡トレッキング。
十分に森林浴できましたね!

またいつの日かお逢いできる日を楽しみにしております!

次回は秘境の滝壺に飛び込みにいらしてください(笑
河原でBBQでもしましょう!

 

青木高志

 

 

 

 

 

 

 

新緑の太鼓岩と空に現れた日輪

カテゴリー別 太鼓岩, 公開日時

こちらの動画は、昨日(5月13日)太鼓岩から撮った動画です。
前日は雨が降るお天気でしたが、この日は朝起きるとスカッと晴れた青空が…!
そのままの衝動で思わず白谷雲水峡まで出かけてしまいました(笑)
雨上がりの白谷雲水峡は、森全体がキラキラしていたのが印象的できれいでしたね~。
太鼓岩まで登ってみると、目の前には新緑の緑が広がる美しい景色が待ってくれていました!

 

DSC_2980

4月上旬は山桜が咲き乱れていましたが、もうすっかり景色が変わりました。
こうやって景色が変わっていくのを見ると、季節の移り変わりを実感しますね。

 

DSC_2993

しかも、この日は太鼓岩から空を見上げてみると日輪が出てました!
実は日輪を見たのはこれが初めてで、めちゃくちゃびっくりして言葉が出てきませんでした…。
こんなに綺麗に輪っかが出来るものなんか…と思わず見とれて感心してしまいました(笑)
なんともいえない神秘的な光景です。
自然は本当に色んな姿を見せてくれますね。

 

2014-05-13 12.10.47

携帯のカメラを使って、うまく日輪をつかめないかな~とちょっと遊んだりしてみました(笑)
太鼓岩の上で寝転びながら、しばらく日輪をぼーっと眺める時間は最高に気持ち良かったですね~。

素晴らしい景色を見せてくれた屋久島。本当にありがとうございます!

 

青山直樹

 

太鼓岩からの山桜と白谷雲水峡に咲いていた花

カテゴリー別 太鼓岩, 植物公開日時

DSC_2404

今年の4月7日に撮影した太鼓岩からの風景です。
毎年3月下旬~4月上旬までは山桜が咲きはじめ、白谷雲水峡の太鼓岩から眺める山桜の風景を楽しむことができます。
まるで桃源郷のような景観でまさしく絶景といえます!
普段でも素晴らしい景色を見せてくれますが、この山桜の時期が太鼓岩は年間の中でもベストシーズンといえますね。
この日は山桜を見るために太鼓岩まで行ってきたのですが、期待していた景色がみれて大満足でした♪

 

 

miyamasikimi

山桜はもちろん素晴らしいのですが、この他にも色んな花が白谷雲水峡では咲いていました。

ミヤマシキミ (ミカン科) 花期 4~5月

山地に生える高さ1m前後の常緑低木。屋久島では標高500m以上で見られます。
細長い葉は厚く光沢があり、枝元に輪生する。
春になると枝先に多数の白い花をつける。
秋には真っ赤な実が枝先にまとまってつくのでよく目立つ。
和名の由来はシキミに似ていて、深山(みやま)に生えていることから「ミヤマシキミ」と付けられました。

 

 

 

sikimi

ただし、シキミに似ているのは葉っぱがやや似ているからだということらしいです。
実や花はまったく似ておらず、植物の分類でもシキミはシキミ科(以前はモクレン科)、ミヤマシキミはミカン科に分類されています。
写真はシキミの花ですが確かにまったく違いますね。
いま白谷雲水峡ではこのシキミも花をつけていたので、比べてみるのも面白いかもしれないですよ。

 

 

 

 

isunoki

イスノキ  (マンサク科) 花期  3月~5月

白谷雲水峡の入口付近で真っ赤なものが目に入ったので、撮影してみるとイスノキの花でした。
高さ20mほどにもなる常緑高木。関東以西に分布し、本州では低地の森林でよく見られます。
イスノキの木材は日本の中でも最も重い木材とされ、乾燥させると非常に硬く丈夫にな材となります。
用途としては家具、建築、器具、楽器などのほかに木刀や杖の材料としても使われいたようです。
葉や枝に虫コブができやすく、大きくなった虫コブが木質化すると笛のような音が鳴るので「ヒョンノキ」ともいいます。

 

今回紹介した花は白谷で見かけたもの中心でしたが、今は里のほうでも数えきれないほど色んな花が咲いています。
今度はそんな屋久島の里で咲いている花も紹介していきたいですね。

 

青山直樹

 

 

 

屋久島ガイドレポート:賑やかな太鼓岩ツアーでした!

カテゴリー別 ツアー, 太鼓岩, 白谷雲水峡公開日時

DSC_2085

今回、屋久島パーソナルエコツアーに参加された谷口さんファミリーです。
屋久島には約5日間ほどの滞在日程で様々なツアーに参加されたのですが、3月27日は白谷雲水峡太鼓岩ツアーにご案内させて頂きました。

 
とっても仲の良い雰囲気が伝わってきて、ご家族のやりとりを聞いているとこちらも思わず笑顔になってしまいました。
子どもたちもすごく元気で、動物に点数をつけて見つけた人がポイントをゲット出来るゲームをしながら歩いたりしてすごく面白かったです(笑)
この日は一日中ワイワイとした賑やかなツアーでしたね!

 

 

 

DSC_2081

ヤクシカ、ヤクザル、ヤクシマヒメネズミ、ヤマガラ…など色々な動物をこの日は見ましたが
その中でも一番点数の高い動物(昆虫)はこの子でした!

 
名前に「ヤクシマ」の名前をもつヤクシマルリセンチコガネです。
本州のオオセンチコガネとは違った色をしているので、分類ではオオセンチコガネの屋久島亜種とされています。
「糞ころがし」などの糞中の仲間で、ヤクシカの糞などを巣穴に引き入れて餌にして幼虫を育てる森のお掃除屋さんです。
体が瑠璃(ルリ)色に輝いていてとても綺麗な昆虫です。糞中とは思えないですね…(笑)
ルリセンチコガネさんいつも屋久島の森を綺麗にしてくれてありがとうございます。

 

 

DSC_2107

太鼓岩に無事到着でーす!みなさんよく頑張りました!
いい笑顔されてますね~。

子どもたちもけっこう早めのペースで歩いてましたが、まだまだ元気いっぱいです!

 

 

DSC_2114

帰りにはバッタリとヤクシカちゃんとも遭遇できました。
谷口さんファミリーと完全に目があっています(笑)
目の前でじーっと止まってくれたので、みんなで大興奮してました!
このあと必死で木に生えているシダを食べようよする姿が可愛かったですね。

 

 

DSC_2121

谷口さんファミリーのみなさん一日どうもありがとうございました。
僕もツアーを通してみなさんからたくさんの元気をもらえました!

今回の屋久島旅行は満喫できたでしょうか??
また会える日を楽しみにしてますね~。

 

青山直樹

 

 

 

 

屋久島ガイドレポート:のんびりと過ごす白谷雲水峡スペシャルツアー

カテゴリー別 ツアー, 太鼓岩, 白谷雲水峡公開日時

DSC_2009

3月24日、屋久島パーソナルエコツアーの白谷雲水峡スペシャルツアーに参加された波多野さんです。
ツアー前日に日帰りで縄文杉へ行って来られたのですが、バスの時間の関係であまりゆっくりと出来なかったそうです。
「今日は出来る限りのんびりと森を味わいたいです!」とのことでしたので、
この日のツアーは波多野さんのペースで本当にの~んびりとしたツアーになりました!

写真は苔むす森での一枚。
ちょうど日の光が差し込んできていて森全体がキラキラしていましたね~。

DSC_2024

途中で気になるところでは写真を撮ったり、立ち止まってぼ~っと森を眺めたり、深呼吸をしたり…
ゆったりと屋久島の森を歩くと日々のストレスから解放されます。
僕もガイドをさせてもらいながら波多野さんと一緒に思う存分森を楽しませてもらいました!
小さな発見が色々とあって面白かったですね~。

白谷雲水峡スペシャルツアーは早朝に出発して、
一日かけて白谷雲水峡を歩いていくツアーですのでのんびりと屋久島の森を味わいたい人にはすごくオススメです。

前日の縄文杉ツアーは歩いていても寒かった…とのことでしたが、
この日は白谷の気温が約13℃ぐらいで、トレッキングにはちょうどいい気温でしたね!

DSC_1996

原生林コースの途中の沢で一休みです。
この川の水もそのまま飲めてしまうのが屋久島のすごい所です…!
「屋久島の水を飲むと体に沁みる感じがしますよね~」と波多野さん。

本当にその通りだと思います!
屋久島の水は超軟水ですので、体にスーッと入ってくるんですよね…。
この水で淹れたコーヒーやお茶を森の中で飲む時間は最高に贅沢な気分になれます♪

DSC_2015

太鼓岩もいいお天気で良かったですね~。
後ろには九州最高峰の宮之浦岳がバッチリ見えています!

DSC_2014

ここでもゆっくりとの~んびりしながら過ごします…。
ポカポカとした日差しを浴びながらぼーっとするのは最高です(笑)

やっぱり屋久島の森をせかせかと歩くのはもったいな~と改めて感じました。
森をゆったりと味わいながら歩いていると色々な発見とかがあって面白いですよ!
せっかくの屋久島なんで、思う存分楽しんで行きましょう~。

波多野さんどうもありがとうございました!
今回のツアーのキーワード〇〇のことは忘れません(笑)
またぜひ屋久島にいらして下さいね~!

 

青山直樹

 

 

 

 

 

 

 

快晴の太鼓岩でした。

カテゴリー別 ツアー, 太鼓岩公開日時

DSC_1699

3月11日、客船ぱしふぃっくびいなすでお越しのお客様と太鼓岩トレッキングへ行ってきました。
喜界島や沖縄などを回る船旅で、屋久島が最後の寄港地ということでした。
船内の様子や過ごし方を聞いていると、今の僕では想像できないような世界でした(笑
いつかこういう船に乗って旅もしてみたいですね…。

DSC_1656

前日までは寒波の影響もあってあまり良くない天気だったのですが、この日の屋久島は最高の天気!
くっきりとした青空が見れて空の色が綺麗でしたね~。

DSC_1658

いい感じに苔も潤っていて、すごく気持ちよかった~!!
久しぶりの太陽の光を浴びて、森も生き生きしてるような感じです♪

ただ、やはり山はまだ寒いです。
朝9時ごろの白谷雲水峡の気温が約8℃ぐらい。
お客さんも休憩中は体が冷えるので、薄手のダウンジャケットを着ておられました。

DSC_1691

太鼓岩に登って驚いたのは、なんと開聞岳が見えたことです!
写真がちょっと分かりづらくて申し訳ないです…。
左上のほうにうっすらと見えているのが開聞岳です。
他のガイドさん達とも、「ここから見えるんだね~」とびっくりし合ってました(笑

DSC_1667

太鼓岩正面からの景色も予想通りばっちりでした!
「船で着く前はお天気がすごく心配だった…」とお客さんもおっしゃってましたが、この日は心配無用でしたね!

気になったのは右上の宮之浦岳方面です。
真っ白な雪が残っている様子がよく分かります。

DSC_1700

1週間ほど前まではもう雪もほとんど溶けていたのですが、2、3日前にまた降ってかなり積もったようです。
縦走する場合は、ゴムアイゼンのようなものではなくピッケルや6本爪のアイゼンなどしっかりとしたものを用意しましょう。
さらに、紀元杉~淀川登山口までの道路も積雪の影響で現在通行止めになっているので十分注意して下さい。
屋久島の3月上旬はこのように雪が降ることが多いです。
登山される方はなるべく現地の最新情報を入手するようにして下さいね。

それと途中で、8名ほどでのグループでテントを担がずに高塚小屋を目指していた人達とすれ違ったことも気になりました。
高塚小屋は去年新しくなってから利用者が増えてますが、定員は20名ほどです。
山小屋は満員で入れないこともあるので、テントは必ず持って行くようにしましょう!

 

青山

 

 

 

 

 

 

1 / 212