屋久島を知り尽くした現地ガイドブログ

宮之浦岳縦走登山 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 標高1300mにある淀川登山口を7時に出発です。
今回の屋久島エコツアーは2泊3日で行く宮之浦岳縦走登山です。

屋久島ガイドの青木がわかりやすく、
屋久島の生い立ちや独特な自然、屋久島の固有植物の不思議などを解説いたします。

1日目は花ノ江河~石塚小屋泊、
2日目は宮之浦岳登頂~高塚小屋泊。
最終日は縄文杉と白谷雲水峡をみて下山するという、
屋久島ゴールデンルートを登山します。

今回は淀川登山口から宮之浦岳までの登山ルートをご紹介いたします。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

この日は朝から快晴で、
ツガ、モミ、スギの巨木に着生しているコケが逆光になり
森に差し込む光が神々しかったです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

登山口からゆっくり歩いて約1時間ぐらいのところにこの淀川が流れています。
この川の近くに淀川小屋があり、多くの登山者が宿泊に利用しています。

この静寂した淀川でしばしの休憩。
「あ~涼し~~ 」
コマドリのさえずりが森に響き渡る。
「あ~きれいですね~~」 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お昼頃、花の江河に到着です。花の江河は日本最南端にある高層湿原です。
(この辺の深い話はエコツアーで解説)
正面には黒味岳もよく見えてますね。
「ここでゆっくりお昼ご飯にしましょう!」
ヤクシカも優雅に高層湿原で遊んでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

投げ石平から約30分登るとこの白骨樹があります。 

屋久島では標高1700m付近で森林限界になってきます。
日本本土の山ではまだまだ森があってもおかしくない標高ですが、
島という環境なので風が強く、屋久島では標高1700m付近で森林限界になります。
その標高帯に来ると、このように杉がほぼ風化してしまい白骨樹になります。
葉が生えていてまだ生きている杉の白骨樹もたくさん見かけます。
森林限界のぎりぎりまで過酷な環境に耐えて杉は生きているんですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

森林限界を超えてくると、ヤクザサ、ヤクシマシャクナゲ、ミヤマビャクシンの世界です。
それと屋久島固有の高山植物が時々咲いています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヤクシマノギラン ノギランの矮小型で、花柄が長く総状花序になる傾向が多い。
絶滅危惧種第2種に入っています。 標高が高くなると環境が厳しくなるので、
ほとんどの植物が矮小化してきます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

花の江河から投げ石平まで約1時間歩き、さらに尾根沿いを約2時間歩いたところ。
左奥にある山が翁岳、正面が栗生岳(1868m)
さあ~頂上、宮之浦岳までもうちょっとだ!

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 九州最高峰でもあり百名山の一つでもある宮之浦岳(1936m)。

宮之浦岳頂上手前30m。 もう少しで頂上です。
 一歩、一歩。 歩いていきます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 Sさん!おめでとうごいざいます!
日本百名山の一つでもある、宮之浦岳頂上です!!
360度快晴で絶景でしたね!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 宮之浦岳頂上から撮ったパノラマの写真です。
正面の山が屋久島で2番目に高い(九州でも2番目)永田岳(1886m)です。
これから宮之浦岳を越えて焼け野三叉路まで降りていきます。

そこにおおきな荷物を置いて、手ぶらで永田岳麓まで歩くのが贅沢なんですね!
また焼け野三叉路の脇道に水場がありおいしい水を汲むことができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この道を歩いていきます。 
結構道が荒れていますので、ストックは持っていった方がいいですね。 
永田岳麓の鞍部にも水を汲むことができます。 

水の島屋久島。
こんなに標高の高いところでも水場があるのが嬉しいですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 こんな頂上付近の過酷な環境でも猿と鹿は生きていけるのですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヤクシマショウマ。屋久島の固有植物。

頂上付近に生息している高山植物も過酷な環境で生息しているので、
矮小化といって、ものすごく小さくなってしまう現象。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

焼け野三叉路から永田岳に行く道を振り返ったところの宮之浦岳 。
ヤクザサとシャクナゲの世界が広がります。

このあとは、新高塚小屋をめざして歩き、翌日は縄文杉を見て、
白谷雲水峽から下山になります。