屋久島を知り尽くした現地ガイドブログ

屋久島登山の安全な歩き方

toufuiwa

屋久島は今から約1400年前に花崗岩マグマが隆起した島です。
そのため標高500mから山頂部までの山はすべて花崗岩でできている山になります。

tozandou

花崗岩が隆起しながら多量な雨が降るため、山にはあまり土壌がたまらなく、
このように根っこが露出した道になっているのが屋久島の登山道の特徴です。

・屋久島の登山道の安全な歩き方

登りも下りもトレッキングポールはあったほうがいい
根っこが露出した登山道になっていますので、特に下りの時に足が根っこに引っかかって転んでしまうケースをよく見かけます。(自分も怪我をしたことがあります。。。)
ですので、トレッキングポールを使った方が安全に歩くことができます。
2本足よりも3本足の方が安定してますよね笑

よくどこかのお店の人に2本あったほうが歩きやすいと言われたと言う方がいますが、
縄文杉までの登山道にしろ、宮之浦岳までの登山道にしろ、両手を使って歩くところがありますので、1本のトレッキングポールで良いかと思います。(2本は絶対ダメというわけではないですが。)
トレッキングポールの選び方としましては、IグリップとTグリップがありますが、
屋久島の山の場合Iグリップの方が歩きやすいかと思います。
Iグリップの特徴とTグリップの特徴はこちら

トレッキングポールの先端についているプロテクターは必ず装着してください。
プロテクターがない状態でとんがった硬い先で森を歩くことは屋久島では禁止されています。植生に与えるダメージがかなり強いためです。

あとは、ぐるぐる回して長さを調節するタイプのトレッキングポールは強く回しすぎて、
バカになってしまい、壊れてしまうケースも多く見かけます。
当店でもレンタルで以前そうゆう回して止めるタイプのトレッキングポールを使っていましたが、
最近ではグリップで止めるタイプのトレッキングポールをおすすめしています。
ブラックダイヤモンドのトレッキングポール

登りの時の歩き方
山では登りが優先です。

下る方は道を譲りましょう。

大股で歩かず、小股で歩くようにする。
根っこや岩などで歩幅が合わないところもありますが、基本はあまり足を上に上げず、
小股で歩くように心がけてください。
縄文杉までの登山道には木道がかなり整備されていますが、
登りの時は鼻で深く呼吸ができるようにして、
ゆっくりゆっくり息が切れないように歩くとあまり疲れません。
息が上がるようでしたら一度立ち止まり深呼吸しましょう。
とにかく、小股でゆっくりゆっくり歩くのが疲れないポイントです。
 
③下りの時の歩き方
下りの時は必ずトレッキングポールを先に足元についてから小股で歩くようにする。

特に根っこは注意して歩いてください。
雨が降って濡れているときは特に滑りますので
注意が必要です。

④ザックの持ち方
特に登りの時ですが、重たいザックを担いで歩く時はなるべく重たい荷物を上部に置くようにしてください。
重たい荷物を下の方に入れていると歩いている時に後ろに引っ張られてしまうので、重たい荷物は上の方に置いて体の姿勢を少し前に倒す感じで歩くといいです。

⑤足首まである登山靴がいい
荷物を背負って歩いている場合、特に下りの時に「ぐね」っと足首をひねる事があります。足首まである登山靴が捻挫防止にもいいです。
スニーカーとかは長時間歩くとかなり疲れます。
登山靴は防水機能がついているやつがいいです。
オススメのメーカーは、シリオとかキャラバンあたりいいかと思います。
登山靴の定番メーカー

・まとめ
楽しいトレッキング(登山)とは楽に歩くことです。
楽に歩くとはゆっくり歩くことです。
心臓がドキドキしない程度のペースを維持して歩くことが大切です。
急な登りや下りでは、歩幅を小さくしてさらにゆっくり歩きましょう。
濡れている岩や根っこがあるところで大きな歩幅で歩こうとすると上体が不安定になりスリップや転倒の原因になります。

大きな段差があるところでは、一気に足を上げるのではなく、
周囲をよく観察し小さな段差になるように歩きましょう。
また身体を進行方向に対し身体の向きを横向きにして登る、もしくは下ると
膝の負担も少なく安全に歩くことができます。

屋久島で登山する時は事前に体力は付けておきましょう!
普段から階段を歩くようにするとか、
スクワットを軽くするなど(やりすぎると膝に負担がかかる)
太ももと膝周り筋肉をつけておいてください。

太ももと膝周りを鍛えるトレーニング方法

疲労がたまるといくら気をつけていてもやはり怪我しやすいです。
思ったように足が上がらなかったり、注意力散漫になりやすいですよね。
屋久島で快適で安全な登山ができるようにするには、
やはり普段からトレーニングしておくことが最も重要なポイントです。

 

宮之浦岳縦走登山 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 標高1300mにある淀川登山口を7時に出発です。
今回の屋久島エコツアーは2泊3日で行く宮之浦岳縦走登山です。

屋久島ガイドの青木がわかりやすく、
屋久島の生い立ちや独特な自然、屋久島の固有植物の不思議などを解説いたします。

1日目は花ノ江河~石塚小屋泊、
2日目は宮之浦岳登頂~高塚小屋泊。
最終日は縄文杉と白谷雲水峡をみて下山するという、
屋久島ゴールデンルートを登山します。

今回は淀川登山口から宮之浦岳までの登山ルートをご紹介いたします。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

この日は朝から快晴で、
ツガ、モミ、スギの巨木に着生しているコケが逆光になり
森に差し込む光が神々しかったです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

登山口からゆっくり歩いて約1時間ぐらいのところにこの淀川が流れています。
この川の近くに淀川小屋があり、多くの登山者が宿泊に利用しています。

この静寂した淀川でしばしの休憩。
「あ~涼し~~ 」
コマドリのさえずりが森に響き渡る。
「あ~きれいですね~~」 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お昼頃、花の江河に到着です。花の江河は日本最南端にある高層湿原です。
(この辺の深い話はエコツアーで解説)
正面には黒味岳もよく見えてますね。
「ここでゆっくりお昼ご飯にしましょう!」
ヤクシカも優雅に高層湿原で遊んでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

投げ石平から約30分登るとこの白骨樹があります。 

屋久島では標高1700m付近で森林限界になってきます。
日本本土の山ではまだまだ森があってもおかしくない標高ですが、
島という環境なので風が強く、屋久島では標高1700m付近で森林限界になります。
その標高帯に来ると、このように杉がほぼ風化してしまい白骨樹になります。
葉が生えていてまだ生きている杉の白骨樹もたくさん見かけます。
森林限界のぎりぎりまで過酷な環境に耐えて杉は生きているんですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

森林限界を超えてくると、ヤクザサ、ヤクシマシャクナゲ、ミヤマビャクシンの世界です。
それと屋久島固有の高山植物が時々咲いています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヤクシマノギラン ノギランの矮小型で、花柄が長く総状花序になる傾向が多い。
絶滅危惧種第2種に入っています。 標高が高くなると環境が厳しくなるので、
ほとんどの植物が矮小化してきます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

花の江河から投げ石平まで約1時間歩き、さらに尾根沿いを約2時間歩いたところ。
左奥にある山が翁岳、正面が栗生岳(1868m)
さあ~頂上、宮之浦岳までもうちょっとだ!

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 九州最高峰でもあり百名山の一つでもある宮之浦岳(1936m)。

宮之浦岳頂上手前30m。 もう少しで頂上です。
 一歩、一歩。 歩いていきます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 Sさん!おめでとうごいざいます!
日本百名山の一つでもある、宮之浦岳頂上です!!
360度快晴で絶景でしたね!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 宮之浦岳頂上から撮ったパノラマの写真です。
正面の山が屋久島で2番目に高い(九州でも2番目)永田岳(1886m)です。
これから宮之浦岳を越えて焼け野三叉路まで降りていきます。

そこにおおきな荷物を置いて、手ぶらで永田岳麓まで歩くのが贅沢なんですね!
また焼け野三叉路の脇道に水場がありおいしい水を汲むことができます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この道を歩いていきます。 
結構道が荒れていますので、ストックは持っていった方がいいですね。 
永田岳麓の鞍部にも水を汲むことができます。 

水の島屋久島。
こんなに標高の高いところでも水場があるのが嬉しいですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 こんな頂上付近の過酷な環境でも猿と鹿は生きていけるのですね。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヤクシマショウマ。屋久島の固有植物。

頂上付近に生息している高山植物も過酷な環境で生息しているので、
矮小化といって、ものすごく小さくなってしまう現象。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

焼け野三叉路から永田岳に行く道を振り返ったところの宮之浦岳 。
ヤクザサとシャクナゲの世界が広がります。

このあとは、新高塚小屋をめざして歩き、翌日は縄文杉を見て、
白谷雲水峽から下山になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋久島ゼロtoゼロへ行ってきました!~後編~

3日目、昨日の夜の淀川小屋もけっこう寒く、小屋の中の気温は約5℃ぐらい。
夜に小屋で一緒やった外国人の人になぜか日本酒を頂いたおかげで、体を温めることができました(笑)
晩御飯に作った味噌汁も体に沁みましたね~。

DSC00096

この日歩く尾之間歩道は距離も長く荒れていて、沢も何度か渡るので天気が悪いと増水して通れなくなる道です。
1日目は雨で、2日目は雨は降ってませんでしたが、一日中曇り…。
3日目の天気も曇りの予報で心配でしたが、太陽が顔を出してくれました!

久しぶりのお日様の光がありがたかったです♪

DSC00132

尾之間歩道を歩いてみると、とにかくコケがすごかった!!
沢が多く、この歩道もめったに人が通らないこともあってか深いコケの世界が広がっています。

DSC00124

雰囲気でいうと白谷雲水峡の原生林に近いかな?という感じでした。
コケも森もすごく生き生きしています。

途中の沢で飲む水が美味しい~。
屋久島の水はやっぱり最高です!

DSC00133

一番心配していた、鯛之川(タイノコウ)です。
川幅も長く、増水すると絶対に通れなくなる場所です。
この日は天気も良くて問題なく川を渡ることができました。
最終日に尾之間歩道を行くことにして本当に良かった…。

DSC00136

この鯛之川はすごく綺麗で、まさしく清流という感じでした。
こんなに綺麗で穏やかなのに、雨が降るとガラッと変わるんでしょうね…。
くれぐれも山に入る時は準備もしっかりして、判断は慎重にして下さいね。

DSC00148

途中から、写真のようなコケむした石畳がずっと続いていきます。
それにしても…噂には聞いていましたが尾之間歩道ながかったです…!
しかも急な道が多くて下りでも結構大変でした。
登るのはかなり厳しそうな道でしたね。
花山歩道と同じくこの日も誰とも会わなかったです(笑)

DSC00170

途中でちょっと蛇之口の滝に寄り道しました。
落差30mで、大川の滝などに比べると穏やかな滝です。
でも間近で見るとすごい迫力で、人もあまり来ないのでのんびりしたくなるような場所です。
この滝までは尾之間から約2時間30分ほどのトレッキングで来ることができます。
冬でも比較的温かい場所にあるので、これからの季節はすごくオススメですよ~。

DSC00184

だんだんと植物が亜熱帯の雰囲気にかわっていくのを眺めながら、しばらく歩くとついに人里に到着です!
尾之間歩道の登山口はこの尾之間温泉の脇にあります。
帰りに絶対に温泉に入ることを心に誓って、まずは海を目指しました(笑)

 

DSC00187

尾之間の港まで歩いて、無事2泊3日のゼロtoゼロ達成です!!
最終日の尾之間歩道の下りで足はもうボロボロです(笑)
かなり疲れましたが、屋久島の森を思いっきり味わえて楽しかったですね~。
まだまだ行っていない歩道もたくさんあるので、今度は別ルートでゼロtoゼロを行ってみたいです!

青山

屋久島ゼロtoゼロへ行ってきました!~前編~

こんにちは。青山です。
11月の後半にお休みを頂いて、その3日間を利用して屋久島ゼロtoゼロを行ってきました!
海抜0mの集落から宮之浦岳まで登り、また海抜0mの集落まで降りる…。
なかなか疲れましたが、普段は見れない景色とかも見れて楽しかったですね~。

DSC00018

1日目はこの花山歩道からスタートです。
まぁ、ここに着くまでに栗生という集落から2時間30分ぐらいすでに歩いてます…(笑)
花山歩道の周辺は日本でも5カ所しか指定されていない「原生自然環境保全地域」に指定されています。
前から様子が気になっていた歩道なので、ワクワクしながら登りはじめました!

DSC00041

登ってみると、そこは巨木のふか~い森でした…。
人もほとんど足を踏み入れない歩道なので、いつも歩いている道とは雰囲気が違いましたね…。
この日も誰とも会わずに、ひたすら登りが続いていきます。
ちなみに、上の写真は大竜杉という歩道沿いにある杉の巨木です。

DSC00044

ここはすごく不思議な雰囲気があった場所で、花山広場といいます。
細い登山道を登っていくと、目の前に突然巨木に囲まれたこの広場が現れます。
夜とかにくると、もののけとか、森の精霊とかが集まって集会でも開いてそうな場所でした!
1日目は雨で森もガスがかかっていたので、そんな風に感じたのかもしれないですね~。

DSC00056

巨木は杉だけではなく、ハリギリも大きなものがたくさんありました。
比較するものがないと大きさが伝わらないかな?と思ったので、僕のザックと一緒に撮影しました(笑)
この森を歩いていると自分がまるで小人になったように感じます。

暗くなる前に鹿之沢小屋へ着かないといけなかったので、あまりのんびりすることはできなかったのが残念でしたね…。
今度はもっと余裕をもって花山歩道を歩きたいです。

DSC00065

4時すぎごろ標高1550mの鹿之沢小屋に辿り着くことができました!
暗くなる前に着けてとりあえず一安心です。
歩道だけではなくこの小屋も貸切状態でした。

DSC00077

2日目、この日は宮之浦岳へアタックする日です。
3日間の中では体力的にも、時間的にも一番余裕がある日でしたね。

でも…一番寒い日でした(笑)
宮之浦岳山頂の祠付近には霜と昨日の名残なのか雪が残ってました。
手元の温度計をみると気温約0℃…。
山頂付近はもう完全に冬山ですね。

DSC00079

しかし、なんやかんやで無事に宮之浦岳へ到着です!
いや~、やっぱりふもとの集落から登るとまた達成感が違いましたね~。
景色は何も見えなかったのですが、そこはもう気にならなかったです(笑)
この後は2時30分ごろには淀川小屋に着いて、明日に備えて2日間の疲れを癒しました。

明日はいよいよ尾之間歩道を下って、ふもとまで下山です!

屋久島の固有植物、ヤクシマリンドウが咲いてます!

カテゴリー別 屋久島の花, 屋久島大縦走, 植物公開日時

yakushimarindou2

2013年8月6,7,8日、2泊3日で宮之浦岳を越えて歩く、屋久島大縦走キャンプツアーを催行しました。
パーソナルエコツアーのガイド佐々木さんが60代のご夫婦2人をご案内しました。
今年は7月5日から梅雨が明け、
その後約1か月以上雨が降らない日が続いてましたが、
8月5、6日はゴロゴロと雷がなり、久々の大雨。
森にとっては本当に恵みの雨でした。
ただ、エコツアーとしては安全第一なので、
6日の日は石塚小屋に泊まり、7日に宮之浦岳頂上へチャレンジすることになりました。

2日目、8月7日は朝から快晴になりました!!
順調に花の江河を越え、投げ石平を越え、
栗生岳を越えたあたりの右側にある大岩の上に、咲いてました!!
見事に咲いていました、屋久島固有植物のヤクシマリンドウです!
ガイド佐々木さんが激写してくれました。
この写真のように、
標高1700mを越えた岩の上のかなり過酷な場所で生育しています。

yakushimarindou

ヤクシマリンドウ(りんどう科) 花期8月
屋久島の固有種。また絶滅危惧種でもある。 雲や霧などで覆われ日が当たらない場合はしょぼんとしぼんでいます。
この日は朝から快晴でしたので、見事に咲いていましたね! この高貴な蒼色が心に沁みます。

屋久島の固有植物は、地球が氷河期になると(過去に4回ほどあったとされる)今現在の海面よりも100m以上は海面が下がっていたので、
屋久島は日本列島とつながっていた時代があります。その時に、北方の植物が屋久島や種子島の方まで南下してきます。
やがて、地球が温暖化となり海面がじわじわと上がってきて、種子島にいた北方の植物は海に沈んで死んでしまいますが、
屋久島の場合、1800mを超える洋上アルプスの島なので、
海面が上昇しても屋久島にたどり着いた北方の植物は屋久島の山間部へ逃げることができ、氷河期があるたんびに屋久島の山間部へ逃れることができる環境にあった。。。その後2万年以上の歳月が流れ、屋久島の山間部の過酷な環境に適応した屋久島固有植物になってしまった。。というパターンが多いのです。 ですから屋久島の山間部で生育している固有種たちは、だいたい日本列島に近縁種があります。
しかし、このヤクシマリンドウはその近縁種が日本列島にはなく、中国の雲南省にその祖先があることがわかっていまして、
屋久島は中国大陸ともつながっていた時代があったのかもしれません。
うーん、植物のルーツをたどると過去にどのように大陸とつながっていたのかが推測できるのも楽しいですね。

 

 

 

屋久島の花特集はこちら
http://www.relaxin-yaku.com/yakushimahana.html

 

 

 

 

 

 

屋久島大縦走キャンプは最高の天気でした!

カテゴリー別 屋久島大縦走公開日時

matuyama3

今回、屋久島2泊3日大縦走キャンプツアーにご参加の松山さんです。 当店ではこのコースの制限年齢を
70歳にしていますが、そのラインの70歳の松山さんです(笑
とても70歳とは思えないほどお元気でした。
写真が大好きな方で、僕と同じニコンのカメラでしたので話が合い、楽しかったです。
ちなみに僕がD300s で、松山さんが最新のD600です。
このキャンプツアーの3日間、最高の天気に恵まれ、視界もすごくよく、周りの島々がよく見えました。
もう二人でカシャン、カシャン、シャッターを切りまくりツアーになりましたね(笑

 

miyanouradake2

宮之浦岳頂上から望む永田岳。 海の向こうには、島々がよく見えます。
この日は天気も良く、視界も最高に良好でした。
左奥が口永良部島、その右隣が黒島、硫黄島、竹島とよく見えました。
鹿児島の開聞岳も良く見え、大隅半島や桜島もなんとなく見えました。
いや~まさにに「日本列島」ですね~

nagatadake

宮之浦岳(1936m)九州最高峰を越え、焼野三叉路に荷物を置いて永田岳も登頂しました。
永田岳から沖永良部島、諏訪瀬島などが見えます。
周りには、ヤクザサが多く、ヤクシマシャクナゲも多く生育しています。
この日は、シャクナンガンぴ、ヒメウマノアシガタ、ヤクシマニガナ、ヤクシマヒメバライチゴ、ヒメコナスビが咲いてましたね

nagatadake2

眼下に永田の部落が見えます。 永田浜の海が青くとてもきれい!!
正面奥に硫黄島が噴火しているのがわかります。 桜島も噴火したみたいで、黒い雲が見えました。

 

matuyama2

正面の山が、宮之浦岳(1936m)です。九州最高峰でもあります。
じっくり写真を撮りながら歩くのは贅沢でしたね!
気に入った写真がどれだけ撮れましたでしょうか?
今度是非見せてくださいね!
僕もかなりシャッター切りましたのでこれから整理が大変ですが、
またこれが楽しみなんですよね(笑

松山さん!またいらしてくださいね!
ありがとうございました。

 

屋久島2泊3日大縦走キャンプツアーの詳細はこちら
http://www.relaxin-yaku.com/daijuusoukyanpu.html

 

 

 

屋久島大縦走 後編

カテゴリー別 屋久島大縦走公開日時

屋久島大縦走

2日目、早朝から投げ石平を登り森林限界を超えたあたり。周りにはヤク笹やヤクシマシャクナゲなどの風衝低木の世界に入ってきました。ヤクシマコケリンドウなど屋久島の固有植物も咲いていましたね。

 

宮之浦岳が見えてきました!! 九州最高峰で1936mの山です。 天候にも恵まれ最高に気持ちい登山になりました。
今日は新高塚小屋まで行けばいいので、かなり余裕がありますので休み、休み行きましょう(笑

翁岳、栗生岳を超えいよいよ宮之浦岳まであと20分ぐらいのところです。この辺が一番つらいところですがちょっと足を止めて振り返るとこの景色。 栗生岳の祠で手を合わせて安全祈願もしてきました。 後ろにいる青いザックを背負っているのは、屋久島パーソナルエコツアーの研修生の青山。 食糧は彼が全部背負ています。


宮之浦岳(1936m)登頂! おめでとうございます!! よく頑張りました! とりあえずみんなでガッツポーズ。天気も良く頂上からの景色は絶景でしたね!!

 

宮之浦岳を下り、焼野三叉路で荷物を置いて、手ぶらで永田岳鞍部までちょと贅沢な散策。この辺の景観がいわゆる屋久島の核心部でまさにグレート屋久島!!とう絶景を堪能できます。 最高に気持ちいい!!
このあと、平石の岩屋で昼食をして、第2展望台→第一展望台→新高塚小屋までのゆっくりロングトレイル。

 


最終日は、新高塚小屋を6時30分に出て約1時間ぐらいで縄文杉到着。
そして、この写真の大王杉→ウイルソン株→白谷雲水峡というルートで下山してきました。
2泊3日の屋久島大縦走キャンプツアーで屋久島を丸ごと満喫コースできましたね!!
赤堀さん!お疲れ様でした! またお会いしましょう!