屋久島を知り尽くした現地ガイドブログ

屋久島日帰り登山・トレッキングで必要な装備 

日帰り登山・トレッキングで必要な装備

屋久島で日帰り登山・トレッキングをする時に最低必要な装備は、
①登山靴

②レインウエア

③ザック20L+ザックカバー
の3点になります。

その他に持っていきたい装備・持ち物が
④タオル
⑤フリースか薄手のダウンセーター(冬季の寒いシーズン)
⑥手袋
⑦帽子
⑧ペットボトル
⑨ストック
⑩折りたたみの傘
⑪おやつ
⑫救急用品
⑬カメラ
などです。

まずは日帰り登山・トレッキングで最低必要な装備3点の紹介です。
屋久島を登山するにあたって一番考えなければならないことが、
とにかく雨対策です
屋久島の山間部では年間雨量が8000ミリから1万ミリの雨が降ります。
毎日雨が降っているわけではありませんが、
降るときはスコールのようなものすごい雨にもなりますので、
雨対策はしっかりしておきましょう!

①足首まで入る登山靴。

特に疲れがたまってきている下山時に根っこなどでひっかかり、
足首を「ぐねっ」とひねりやすいです。
足首まである登山靴ですとひねりにくいのでおすすめです。
また、大雨になってしまった時、足首まである靴の方が
雨が入りにくいです。
スパッツを足に付けるのも雨の時はかなり有効です。

おすすめの登山靴は
SIRIO(シリオ) やCaravan(キャラバン)あたりが
履き心地がよくゴアテックスを使用している登山靴が特におすすめです。
屋久島パーソナルエコツアーでも登山靴レンタルで採用しています。

普段そんなにハードな登山をしない方は
だいたい12000円~16000円ぐらいの価格帯の登山靴で十分かと思います。

宮之浦岳縦走キャンプ登山など本格的は登山をされる方は、
ヌバックレザーの登山靴がやはり頑丈でおすすめです。
ヌバックレザーとは、
牛革をサンドペーパーで起毛させ、WAXやオイルがしみ込みやすいよう 仕上げたレザーがヌバックレザーです。繊細でしっとりとした肌触りが特徴です。
ワックスを塗るのが慣れてくると自分の登山靴に愛着がわき、
手入れをすることで10年は履けます。
またソール交換も可能なので、
登山靴も自分の足に馴染み靴ズレなどもなく快適に歩くことができます。

おすすめの登山靴屋さんが
バックカントリー穂高登山靴の店
ちなみに青木もこの店でLOWAチベット(44000円)を購入しました。
先日3年履いたソールを交換しまして(15000円で交換してくれる)グリップが新しくなり
快適に屋久島登山ガイドをしています。
ワックス3回塗り加工も年に3回ほどしてますので、
いい感じに黒く光沢がでてきて、愛着が湧きます。
10年履ければ安い買い物ですね!

登山・トレッキングはとにかく歩くことが基本ですから、
まずは登山靴は足首まであるしっかりしたものを選びましょう!
 

②レインウエア

次に必ず持っていかなければならない装備品が
レインウエアです。
100円~500円ぐらいのビニール製のレインウエアを持ってきている方が
たまにいますが、ほとんどの場合登山の途中で破れています。
屋久島の山は天気予報で晴れと言っているのに雨が降ることがあります。
スコールのような大粒の雨になることもありますので、
上下が分かれているしっかりとした素材のフード付きのレインウエアを持っていきましょう!
やはりゴアテックス素材(防水性と透湿性を両立させている。 水蒸気は通すが雨は通さないという相反する素材)のレインウエアがおすすめです。
 
新素材ゴアテックスC-KNIT採用のレインウェアが登場!
3層構造のゴアテックスより10%軽量化させ、
透湿性も15%向上という新素材のようです。

透湿性とは、体を防水素材で覆うと、汗で濡れ・ムレも生じてしまいますが、
透湿性生地を使用したレインウェアは、雨の内側への侵入を防ぎつつ、体から出る汗や水蒸気を外に逃がす機能のことをいいます。

おすすめのレインウエアは
モンベルのストームクルーザージャケット 18400円
とパンツ11400

ノーフェイスのレインテック上下で27000円

ゴアテックス素材のレインウエアはちょっと高いですが、
屋久島の雨の事を考えるとやはりしっかりしたレインウエアがおすすめです。
 

③ザック

日帰り用のザック20Lから30L

日帰り用ザックの場合このぐらいの大きさのザックで十分です。
持っていくものが、お弁当、タオル、フリース(夏以外で寒い日は休憩の時にあるといい)
レインウエア、ペットボトル(山でも水が汲めます)、折りたたみの傘、帽子、カメラ、お菓子などです。
日帰り用のザックは小さいですが、
腰のベルトがあるタイプのザックが安定していておすすめです。
屋久島の日帰り登山のコースではだいたい6時間ぐらいは歩きますので
腰ベルトがないと肩に負担がかかり疲れやすくなります。

おすすめのザックが
カリマー、ドイターです。
他にもたくさんいいザックはありますので、
できましたら一度自分で担いで確認するといいですね。
日帰り用ザック

雨対策としましては、
1、ザックカバーを必ず付ける
2、ザックの中にも大きなビニール袋を入れる。
3、絶対濡らしたくない衣類やカメラやスマホなどはジップロックに入れる
4、大雨が降るとザックの底にも水が溜まりますので、絶対濡らしたくない物はザックの上部に置く。
6、傘をさして歩けるところは傘を使う。

日帰り登山・トレッキングで絶対必要な装備3点セットの紹介と雨対策でした。
当店のエコツアーに参加される方限定で、
日帰り登山用品のレンタルもしておりますので、
ご希望の方はサイズと数をご連絡ください。

快適で安全な屋久島登山・トレッキングができますよう
装備はしっかりしたいものですね!

屋久島登山の安全な歩き方

toufuiwa

屋久島は今から約1400年前に花崗岩マグマが隆起した島です。
そのため標高500mから山頂部までの山はすべて花崗岩でできている山になります。

tozandou

花崗岩が隆起しながら多量な雨が降るため、山にはあまり土壌がたまらなく、
このように根っこが露出した道になっているのが屋久島の登山道の特徴です。

・屋久島の登山道の安全な歩き方

登りも下りもトレッキングポールはあったほうがいい
根っこが露出した登山道になっていますので、特に下りの時に足が根っこに引っかかって転んでしまうケースをよく見かけます。(自分も怪我をしたことがあります。。。)
ですので、トレッキングポールを使った方が安全に歩くことができます。
2本足よりも3本足の方が安定してますよね笑

よくどこかのお店の人に2本あったほうが歩きやすいと言われたと言う方がいますが、
縄文杉までの登山道にしろ、宮之浦岳までの登山道にしろ、両手を使って歩くところがありますので、1本のトレッキングポールで良いかと思います。(2本は絶対ダメというわけではないですが。)
トレッキングポールの選び方としましては、IグリップとTグリップがありますが、
屋久島の山の場合Iグリップの方が歩きやすいかと思います。
Iグリップの特徴とTグリップの特徴はこちら

トレッキングポールの先端についているプロテクターは必ず装着してください。
プロテクターがない状態でとんがった硬い先で森を歩くことは屋久島では禁止されています。植生に与えるダメージがかなり強いためです。

あとは、ぐるぐる回して長さを調節するタイプのトレッキングポールは強く回しすぎて、
バカになってしまい、壊れてしまうケースも多く見かけます。
当店でもレンタルで以前そうゆう回して止めるタイプのトレッキングポールを使っていましたが、
最近ではグリップで止めるタイプのトレッキングポールをおすすめしています。
ブラックダイヤモンドのトレッキングポール

登りの時の歩き方
山では登りが優先です。

下る方は道を譲りましょう。

大股で歩かず、小股で歩くようにする。
根っこや岩などで歩幅が合わないところもありますが、基本はあまり足を上に上げず、
小股で歩くように心がけてください。
縄文杉までの登山道には木道がかなり整備されていますが、
登りの時は鼻で深く呼吸ができるようにして、
ゆっくりゆっくり息が切れないように歩くとあまり疲れません。
息が上がるようでしたら一度立ち止まり深呼吸しましょう。
とにかく、小股でゆっくりゆっくり歩くのが疲れないポイントです。
 
③下りの時の歩き方
下りの時は必ずトレッキングポールを先に足元についてから小股で歩くようにする。

特に根っこは注意して歩いてください。
雨が降って濡れているときは特に滑りますので
注意が必要です。

④ザックの持ち方
特に登りの時ですが、重たいザックを担いで歩く時はなるべく重たい荷物を上部に置くようにしてください。
重たい荷物を下の方に入れていると歩いている時に後ろに引っ張られてしまうので、重たい荷物は上の方に置いて体の姿勢を少し前に倒す感じで歩くといいです。

⑤足首まである登山靴がいい
荷物を背負って歩いている場合、特に下りの時に「ぐね」っと足首をひねる事があります。足首まである登山靴が捻挫防止にもいいです。
スニーカーとかは長時間歩くとかなり疲れます。
登山靴は防水機能がついているやつがいいです。
オススメのメーカーは、シリオとかキャラバンあたりいいかと思います。
登山靴の定番メーカー

・まとめ
楽しいトレッキング(登山)とは楽に歩くことです。
楽に歩くとはゆっくり歩くことです。
心臓がドキドキしない程度のペースを維持して歩くことが大切です。
急な登りや下りでは、歩幅を小さくしてさらにゆっくり歩きましょう。
濡れている岩や根っこがあるところで大きな歩幅で歩こうとすると上体が不安定になりスリップや転倒の原因になります。

大きな段差があるところでは、一気に足を上げるのではなく、
周囲をよく観察し小さな段差になるように歩きましょう。
また身体を進行方向に対し身体の向きを横向きにして登る、もしくは下ると
膝の負担も少なく安全に歩くことができます。

屋久島で登山する時は事前に体力は付けておきましょう!
普段から階段を歩くようにするとか、
スクワットを軽くするなど(やりすぎると膝に負担がかかる)
太ももと膝周り筋肉をつけておいてください。

太ももと膝周りを鍛えるトレーニング方法

疲労がたまるといくら気をつけていてもやはり怪我しやすいです。
思ったように足が上がらなかったり、注意力散漫になりやすいですよね。
屋久島で快適で安全な登山ができるようにするには、
やはり普段からトレーニングしておくことが最も重要なポイントです。