屋久島を知り尽くした現地ガイドブログ

冬も楽しめる! 冬の屋久島7つの魅力

 これからオフシーズンに入る屋久島ですが、皆さんはご存知でしょうか?
屋久島は春から夏が人気の観光地ですが、実は冬でもたっぷり満喫できることを!

それは冬ならではの魅力が7つあるからなんです!

1,なんと桜や梅も!冬に咲くきれいな植物がいろいろある。

umenohana

 1月下旬になると人里では梅の花が咲き始めます。
メジロもたくさん飛んできて、もうすぐ春だなあ~と思わせる季節です。

oogokayououren

 標高600m付近にある白谷雲水峡などの山では1月下旬ぐらいから
このオオゴカヨウオウレンの花が咲き始めます。
屋久島固有植物でよーく見るとが黄色い花弁が可愛らしいですね。

sakura2

なんと、2月上旬にはソメイヨシノや大島桜などの桜が咲き始めます。
3月になると山桜も咲きはじめ、屋久島ではもうすっかり春になります。

 

2,冬だけの特典!絶景の冬景色。

 yukinagata2

この写真のように、屋久島では標高1700m付近から山頂部では2m~3mの雪が積もります。
 しかしながら、人里の海岸線あたりではぎりぎり亜熱帯の気候で、
冬でもハイビスカスやブーゲンビリアの花が咲いています。
沖縄から北海道までの植生が凝縮している島。これが屋久島の最大の特長なんですね。
このハイビスカスを見ながら雪山も見るというのも冬でしか体験できない屋久島の魅力の一つです。
この雪山は永田岳と言いまして、九州でも2番目に高い山になります。
冬に屋久島に来られる方は是非見ておきたい雪山ですね

 

3,真冬でも見れる緑あざやかな常緑樹の森。

 seibu

屋久島の西側にある真冬の照葉樹林。世界自然遺産にもなっている地域です。 
真冬に来てもこのように緑あざやかな常緑樹の森なんですね! 
ヤクザル、ヤクシカをたくさん見ることができます。

 

4,天気さえよければ、暑くない快適なトレッキングを楽しめる。

 siratanihare

2月上旬の写真で、晴れるとこのぐらいの服装でトレッキングすることができます。
歩いているとそんなに寒くもなく非常に快適なトレッキングを楽しむことができます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ただ、年によっては寒波が南下してきて、このように雪化粧することもあります。
白谷雲水峡あたりの標高ですとゴムアイゼンという簡易スパイクを履いていれば問題なく歩くことができます。

もちろん当店が無料でお貸しいたします。 
雪化粧した苔の世界もなかなかいい感じですよ。

 

5,人が少ないので、静寂した森をゆったり過ごせる。

 siratani

静寂した森に流れる沢でコーヒーでもいかがですか?。贅沢なひとときです。

 

6,オフシーズンだから交通費や宿が安くてお得!

 hikouki11

夏のハイシーズンと比べると飛行機代がかなり安くなります。 
最近はLCCなどの格安航空券を見ると驚くような安さだったりします! 
ちょっと調べてみましたが、
東京から鹿児島までが冬の時期ですと8000円から、
鹿児島から屋久島までが7500円から 
伊丹空港から屋久島までの直行便が19900円から 
福岡から屋久島までが15200円から

屋久島に泊まるホテルなどもハイシーズンと比べれば割安になっています。
 

7,女性も安心! 冬だから虫が出ません。

 obasan

 特に女性の方は虫が嫌いな方が多いですが、
冬のシーズンはいろんな虫がほとんどいませんので、
快適に森の中で過ごせるかと思います。

 

以上、冬も楽しめる!冬の屋久島7つの魅力をご紹介しましたが、
そんな冬の屋久島を楽しめるエコツアーは
島周遊エコツアー

白谷雲水峡トレッキングツアー」があります。

エコツアーのお問い合わせ、ご予約は下記より。

 

千尋の滝が…

カテゴリー別 公開日時

こんにちは!ご無沙汰してます!
屋久島は忙しかったGWも終わり、少しずつ落ち着きを取り戻してきました。
今は台風6号が接近中で、これからどうなるのか、天気予報とにらめっこをする日が続きそうな感じです(汗)

 
昨日、5月10日に前日まで縄文キャンプをご一緒したお客様と一緒に島周遊をしてきました。
色んな場所を回る島周遊ですが、昨日は朝から大粒の雨が降って滝を見るのが楽しみな日でした!
なかなか大迫力な滝の様子を見れたので、ブログでも紹介させてもらいますね!

 

 

sennpironotaki(6)

 

ちなみに、こちらが普段の千尋の滝の様子です。
これでも水量は多いほうですね!
左側の花崗岩の大岩が印象的なとてもダイナミックな滝です。
で、昨日の千尋の滝はどんな感じかというと…

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

さらに水量が増していました(笑)
写真では伝えられませんが、「ゴゴゴゴゴー」という滝の音が遠くからも聞こえてきたのが印象的でしたね~。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

この左側の大岩を上昇する、水蒸気がまたすごかったです!
大量の水が滝壺に落ちて発生した水蒸気(水しぶき?)が、一気に高いところまで上昇をしていました。
大雨が降ったからこそ見れる光景ですねー…こんなのを見ると、「すごい…」という言葉しか出てこないです…。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

滝壺付近のアップ写真です。
写真からも迫力が伝わってきますね(汗)
その場にいると、水がもつ力強さが伝わってきます!
人間の力では、自然の力にどうやっても勝てないことを実感させられます…。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

というわけで、昨日の千尋の滝の様子をお伝えしました!
この滝の前に見た大川の滝の迫力もものすごかったです…。
そちらまで紹介すると終わらなさそうなので、今回はこのへんで終わります(笑)
里で雨が降った日は、やっぱり滝巡りがオススメですよ!

 

 

直樹

落の滝へ行ってみました!

カテゴリー別 公開日時

otosunotaki
快晴の休日、知り合いの人に誘われて「落の滝(おとすのたき)」へ行ってきました!
屋久島はたくさん滝がある島で、「大川の滝」や「千尋の滝」など車でもアクセスできる有名な滝がいくつかあります。
しかし、今回行く事になった落の滝はガイドブックなどにも載らない滝なので、聞きなれない人も多いかもしれないですね。
じつは県道からも遠目に見る事ができる滝なんですが、今回は滝壺まで案内してもらえるということでワクワクしながら出発しました!

 

 

 

otosunotaki1
予想どおりでしたが…滝までの明確な道があるわけではないので道なき道を歩いていきます。
車を駐車した場所も、「え!?」と思えるような所でした(笑)
はじめは林道を7、8分ほど歩き、そのあとは森の中へ。
急勾配な登山道を尾根づたいに登って行きます!

 

 

 

otosunotaki2
登山道の終盤は杉の人工林になっていました。
途中で杉の倒木があって、迂回をする場所もありました。
前の台風(18号&19号)で、また荒れていないかが心配ですね…。
すべりやすい箇所などもいくつかありましたが、慎重に歩けば越えられない所はなかったです。
森の中を30分~40分ほど歩き続けると…。

 

 

 

 

otosunotaki3
見えてきました!落の滝(おとすのたき)!
遠くから見るのと近くで見るのではやはり迫力が違いますね~。
落差も水量も十分で、カッコイイ滝です!
正確な落差は何mぐらいあるんですかね?見た感じやと20mほどに思えましたが…。
せっかくなので、滝壺のすぐそばまで行く事にしました。

 

 

 

otosunotaki5
その滝壺がめちゃくちゃ綺麗でした!
とても清らかなで、神聖な雰囲気が感じられます。
夏場なら泳げるという話でしたが、ちょっと入るのをためらってしまいそうです…。

 

 

 

 

 

otosunotaki4

 

 

近くにいくと滝の水しぶきがすごく気持ち良かったですね~。
マイナスイオンをたっぷり浴びてリフレッシュできました。
滝のすぐそばでお昼ご飯を食べたり、のんびり過ごしていると、あっという間に1時間ぐらい時間がたっていました。
ここは涼んだりリフレッシュするのには最高の場所ですね。また暇な時にきてしまいそうです(笑)
落の滝さんお世話になりました。連れて行って下さったOさんもありがとうございました!
やっぱり知らない場所を発掘するのは面白いです!
またどこか珍しい場所に行ったりしたら、紹介させてもらいますね~。

 

 

 

青山直樹

 

 

 

 

 

 

 

 

台風が接近中ですね…

DSC_4858

台風11号がゆっくりと日本列島に近付いてきてますね…。
屋久島に本格的に接近してきて影響が出てくるのは、8~10日あたりでしょうか?
屋久島最大の夏祭りである、「屋久島ご神山祭り」も台風の影響で、8月2、3日→9、10日→30、31日と2回も日程の変更がありました。
台風が来ると色々な所で影響が出てきますが、こればかりは自然現象なので仕方がないですね…。
台風が近づく恐れがある地域のみなさんは、大雨と暴風にしっかりと備えて気をつけて下さい!

上の写真はつい最近、四国を中心に大雨を降らした台風12号が接近中に島周遊をしていて撮った写真です。
屋久島からは少しそれて西側を通ってくれましたが、台風の風の影響で波は高く、時々大雨が降るような天気で場所によっては停電した地域もあったようです。
この日はちょっと安房港によって、波の様子も確認してきました。

 

 

DSC_4850

安房港に行ってみると、軽々と波が堤防を越えてきていました!
これでもまだ台風の中では、強くないほうというのが怖ろしいです…。
ここの堤防は普段釣りをする人などがいるんですが、これではとてもじゃないけど立てないですね…。
安房港は島の南側にあるので、台風の影響を強く受けます。
よくみなさんが屋久島に来るために利用する高速船のトッピーも1日に何便かこの安房港から発着しますが、台風などの影響で波が高くなると北側の宮之浦港発着に変更になります。
ただし、この日は台風が近かったのでトッピーは全便欠航になってましたね…。

 

 

DSC_4851

波が堤防を洗うように、何度も何度も押し寄せていました。
安全な場所から撮影してましたが、波の勢いがすごくて何度も潮をかぶってしょっぱかったですね(笑)
この後は大雨の後の屋久島名物、大川の滝へも行ってきました!

 

DSC_4855

大川の滝へ行ってみると、やはり雨の影響で普段よりは迫力が増してました!
この日の屋久島は大雨警報までは出ずに、大雨注意報まででなんとかおさまってくれたので滝の手前の道は歩くことが出来ました。
それでも近くまで行くと水しぶきがすごくて息をするのが大変やったので、早々と退散していましたが…(笑)
やっぱり雨が降った時は滝巡りをするのがオススメですね~。
ただし、大雨や暴風警報中は大変危険なので、そのような時は危険な場所に近づかないように注意して下さい!
これからまた台風11号がやってきますが、あまり大きな被害が出ないといいですね…。
みなさんも本当に気をつけて下さいね!

 

 

 

 

青山直樹

 

 

台風8号のあとで

カテゴリー別 , 生活公開日時

DSC_4257

昨日屋久島を通過した台風8号。
7月の台風では過去最大級と言われていましたが、屋久島は少しそれてくれたおかげで大きな被害はあまりなかったようです。
通過後に外へ出てみると、写真のような見事な青空が広がっていました!
しばらくは雨戸を閉めて部屋に閉じこもる日々やったので、お日様の光が余計に気持ち良かったですね~。
台風の後は空気中の塵や埃もとばされるので、空がスカッとしていて夕日なんかはめちゃくちゃ綺麗になります。
この日もチャンス!とばかりに夕日を見に島の西側へドライブに行ってきました!

 

 

DSC_4258

夕日を見に行く途中で、お!と車から思わず目にとまったのがこちらの滝の様子です。
屋久島では大川の滝や、千尋の滝が有名であまり知られていないかもしれませんが、一湊集落の入り口付近にある「布引の滝」です。
落差は約50mもあるのですが、水量の少ない時はほとんど水がなく枯れてしまいそうな状態になってしまうのであまり目立ちません。
しかし、この日は台風による雨の影響で県道からでもはっきりと確認できるほどの水量になっていました!
珍しいな~と思い、車から降りて滝壺付近へ行ってみると…。

 

DSC_4261

思った以上に激しい水しぶきが!
目もあまり開けれないような状態やったので、写真を撮ったらすぐに撤退しました。
天然のシャワーを浴びてる感じで少し楽しかったですけどね(笑)
布引の滝がある所は公園になっていて、駐車場もありますしトイレも完備されています。
県道沿いにあるので立ち寄りやすいですし、雨が降った後の布引の滝は迫力があるので、島周遊をされる時なんかに寄ってみても面白いと思いますよ!

 

DSC_4275

布引の滝を後にして、一湊を抜けた後はお目当ての展望所へ。
行ってみると、他にも何台かの車が止まっていて、人もちらほらと見られました。
知り合いのガイドさんや、ご夫婦もいらっしゃって、みんな考えることは一緒なんですね~と笑いながら話していました(笑)
これもまた島の楽しみの一つですね。

 

 

DSC_4283

しかし、ちょうど島の西側にくると風も強く、雲もでていて綺麗な夕日を見れる感じではありませんでした…。
それでも、雲の切れ間からたまに見える夕焼けの色が良かったんですけどね!
またしても写真では表現しきれない部分が…。
宮之浦はかなり晴れていたので、まったく違う天気に少し驚きでした。
夕日は残念でしたが、一つの島の中でも天気が全然違うのは屋久島の面白いところですし仕方ないですね!
迫力ある滝も見れましたし、いい気分転換にもなったのでこれはこれでよし!ということで(笑)
また今度台風が通過した後も、懲りずに行ってみたいと思います!!

 

 

 

青山直樹

 

大爆発!!屋久島の滝

カテゴリー別 公開日時

こちらの動画は5月27日に撮影した屋久島の滝の動画です。
この日は屋久島に大雨が降り、島のあちこちで川が増水していました。
こんな日は、屋久島の滝の水量が増してものすごいことになります!!

 

ookonotaki1

屋久島の中でも最大級の滝の大川の滝。
落差88mあり、日本の滝100選にも選ばれています。
普段でも迫力満点の姿を見せてくれますが、大雨が降るとさらに迫力が増します!

 

DSC00746

いつもは遊歩道を渡って滝壺まで行けるのですが、27日は遊歩道も水に浸かってしまい、この距離での撮影が限界でした。
水しぶきが激しく、滝の轟音があたり一面に響いていました…。

 

otanigatani

ただ、最も衝撃的だったのはこちらのお谷ヶ滝です。
ガイドブックにも載っていない屋久島の秘境の滝の一つ。
普段は迫力がありながらも、女性的な優美な雰囲気を醸し出している滝ですがこの日はまったく違いました…。

 

DSC00724

大爆発しています!!
目の当たりにすると、ただただ圧倒され、思わず恐怖心が湧いてきました…。
水の力の凄さが身に沁みましたね…。
ぜひこの大迫力の様子を動画でご覧下さい!

 

それと最後に、大雨で増水した屋久島の川は大変危険です。
当店では大雨警報が出た場合はツアーを中止しています。
くれぐれも、危険な天候での無理なトレッキングや沢遊びはしないようにして下さいね。

 

 

 

青山直樹

 

飛竜落としの滝が大迫力でした!

カテゴリー別 , 白谷雲水峡公開日時

sirataniiriguti

今日(4月14日)の朝の白谷雲水峡入口の様子です。
昨日から強い雨が降り続き、午前中も雨が降っていたため白谷雲水狭は増水してました。
屋久島は花崗岩でできた巨石の島なので、雨がふると一気に水が流れていきます。
普段は穏やかで綺麗やなぁ~と思っていた川が増水するとまったく違う顔になります。
ゴーゴーとものすごい音がして流れている川をみると、自然の怖ろしさとパワーの凄さをを実感しますね…。

 

 

 

siratni

特に白谷雲水峡のコースは沢を何本も渡るので、増水すると大きな影響が出ます。
大雨が降ると写真のように数か所に立入り禁止のロープと注意を促す看板が張られます。

水の力は本当にものすごいので増水した川を無理に渡ったり、興味本位でロープを越えて見に行ったり…などの無茶は絶対にしないで下さいね。

 

 

 

siratani

今日の午前中は沢を渡らない弥生杉コースのみ通ることができました。
写真では赤色で表示されている右側のコースですね。
その他のコースの入り口には先ほどの立ち入り禁止のロープが張られていました。
本当は先まで行きたかったのですが、仕方ないですね…。
ただ、こんな大雨の日だからこそ見れたものがありました!

 

 

 

hiryuotosi

白谷雲水峡の入口からしばらく歩いた所にこの飛竜おとしという滝があります。
落差が約40mで普段でも迫力のある姿を見せてくれるのですが、大雨の時にはその迫力が数倍増しになります!
ちなみにこちらの写真は通常時の飛竜おとしの滝です。

 

 

 

hiryuuotosi

そしてこちらが今日の飛竜おとしの写真です。
同じ滝とは思えないですよね…。
普段は見えている岩などまったく見えません。
滝の正面に行くと水しぶきがものすごくて目も半開きの状態になってしまいます(笑)

 

屋久島で雨が降るとこのように滝の迫力が増しますので、雨が降っている日や降った次の日は島周遊で滝巡りするのがオススメです!
雨の日にしか見れないような大迫力の滝を見ることができますよ。

 

最後に、飛竜おとしの動画も撮影したのでぜひご覧下さい。

 

 

 

青山直樹

トローキの滝に大接近!!

カテゴリー別 リバーカヤック, 屋久島の海, 公開日時

つい先日、代表の青木と一緒にカヌー研修&取材を兼ねてトローキの滝へ行ってきました。
今日はその様子をレポートしたいと思います。

前々から、カヌーでトローキの滝へ行ってみよう!という話をしていたのですが、使用する代表のカヌーは川用のカヌー…。
「海やとひっくりかえるのではないか…」という話を2人でしながら、とりあえず出航です!!

DSC00449

はじめは、比較的波もなく穏やかな雰囲気。
この日の午前中は天気も良くて気持ちよかったですね~。
海も透明ですごくキレイでした~。屋久島は山もいいですが、川も海も最高ですね♪

DSC00455

途中でこんな光景にも出会いました。
小さいですが、中央に鳥(アオサギかな?)がいるの分かりますか?
なんか、銅像のようにすくっと立っていてカッコよかったです(笑

このままトローキの滝へ向かって前進します!
実はこのあと今日一番の難所がありました…。
そこは、「ひたすら漕げ!!」って感じで写真を撮る余裕がなかったです…(笑
でも、ひっくり返ることなく無事に乗り越えることができました!
代表のリバーカヤックが、しっかりしてるタイプのもので助かりましたね~。

DSC00472

難所も越えて、ついに…。
見えてきました!トローキの滝!
ここからやと、鯛之川の赤い橋もばっちり見えてますね~。
もっと近くまで寄ってみます。

DSC00479

おお~っ!滝の後ろに見える山はモッチョム岳です。
花崗岩の岩肌が出てる感じが、男らしいですよね。
このカヤックコースはモッチョム岳を横に見ながら、トローキの滝を目指します。
こんな視点で滝とモッチョム岳が見れるのは、カヤックだからこそですね!

DSC00492

そして、さらに接近(笑
水しぶきがめちゃくちゃ気持ちよかったです!
下から眺める『トローキの滝』は大迫力でした!!

トローキの滝は落差が6mぐらいしかありませんが、
このように、海に直接落ちる滝は全国に2ヶ所しかないそうです。
それを考えると、これってめちゃくちゃ珍しい光景ですよね~。

DSC00511

帰る途中で、休憩のために浜辺に上陸して記念撮影です。
取材&研修ということもほぼ忘れて、この日は思いっきり楽しんでしまいました(笑
この後立ち寄った温泉も最高でしたね~。

代表おつかれさまでした!
今度は安房川や、釣道具も持って別の場所もせめていきましょう!!

 

大雨洪水警報になると、こんな感じの大川の滝

カテゴリー別 公開日時

ookonotaki1

屋久島にはたくさんの滝がありますが、屋久島の中でも一番落差があり(88m)日本の滝百選にも選ばれているのがこの大川の滝です。
雨が少ない時期はこの滝の右側がの滝がなくなるときもありますが、通常はだいたいこれぐらい水量がある滝です。
この大川の滝の岩はフォルンヘルスと言われている変成岩で、花崗岩マグマが海底プレートを押し上げて隆起したときにできた非常に硬い岩です。 もし花崗岩だったらもっと岩が削れているはずなんですが、ものすごく硬い岩なのでこの水量でもほとんど岩が後退せずに残っています。

 

ookonotaki2

大雨注意報ぐらいになりますと、こんなぐらいの水量になります。近くまで行くと水しぶきがすごく息ができないぐらいになりますね(笑

 

ookonotaki3

大雨洪水警報になるとこんな感じの大川の滝です。(笑
手前の道まで川になってしまい、これ以上先にはいくことができません。
水の怖さを感じます。
ただこんなに雨が降っても、急峻な山の島なために床上浸水とかにはほとんどなりません。
屋久島の山に降った雨が一気に海に流れこむためです。
大雨洪水警報になりますと、屋久島のあちらこちらに名も無き滝が発生し、海に流れていきます。
森全体が浄化されるので、たまには森にとっても必要なことなのかもしれませんね。