屋久島を知り尽くした現地ガイドブログ

新緑の太鼓岩と空に現れた日輪

カテゴリー別 太鼓岩, 公開日時

こちらの動画は、昨日(5月13日)太鼓岩から撮った動画です。
前日は雨が降るお天気でしたが、この日は朝起きるとスカッと晴れた青空が…!
そのままの衝動で思わず白谷雲水峡まで出かけてしまいました(笑)
雨上がりの白谷雲水峡は、森全体がキラキラしていたのが印象的できれいでしたね~。
太鼓岩まで登ってみると、目の前には新緑の緑が広がる美しい景色が待ってくれていました!

 

DSC_2980

4月上旬は山桜が咲き乱れていましたが、もうすっかり景色が変わりました。
こうやって景色が変わっていくのを見ると、季節の移り変わりを実感しますね。

 

DSC_2993

しかも、この日は太鼓岩から空を見上げてみると日輪が出てました!
実は日輪を見たのはこれが初めてで、めちゃくちゃびっくりして言葉が出てきませんでした…。
こんなに綺麗に輪っかが出来るものなんか…と思わず見とれて感心してしまいました(笑)
なんともいえない神秘的な光景です。
自然は本当に色んな姿を見せてくれますね。

 

2014-05-13 12.10.47

携帯のカメラを使って、うまく日輪をつかめないかな~とちょっと遊んだりしてみました(笑)
太鼓岩の上で寝転びながら、しばらく日輪をぼーっと眺める時間は最高に気持ち良かったですね~。

素晴らしい景色を見せてくれた屋久島。本当にありがとうございます!

 

青山直樹

 

環天頂アーク(かんてんちょうあーく)

カテゴリー別 公開日時

こんにちは。青木亜紀子です。

普段はPCワークと子育てをやっているのですが、これから始まるゴールデンウィーク(仕事の繁忙期)

に備えて(笑)森に入って充電しようと思い、気の置けない友人と一緒に森に入りました。

「4時半出発するよ~」と友人。ん?朝の?? 私が、普段その森へ入るときは、早くても朝の7時。

ちょっと緊張の中、観光客気分で友人が車を走らせて森の入口へ。

 

キャンプをしたとき森で目覚めたことはありましたが、仄明るくなりかけたような、

自分の足元が見えるか見えないかの明るさの、日の出前の森歩き体験は初めて。

 

鳥たちもまだ起きていません。

 

でも、元気よく二人でおしゃべりしながら、歩きました。

何回も何回も歩いているところなのに、全然違う森に感じてとても新鮮でした。

 

行きの行程の3分の1ほど歩き、森の木立や木の葉などもはっきり見えだした頃、

不意にミソサザイが正に鈴を転がすような素晴らしい鳴き声で鳴き始めました。

しばし耳をそちらへ傾け、深呼吸。

 

再び他愛もないおしゃべりをしながら歩きます。

苔の森の手前のやわらかい水を口に含み、水分補給。

 

遠くからざわぁ~~~~という風のなる音がして、見上げると森の林冠部が大きく揺れています。

 

その樹々の上をみると雲がかかっているようないないような・・・。

 

太鼓岩の上はどうなのだろう。 想いを馳せながら歩みをすすめます。

 

おたがいにこの森で お気に入りの岩や樹々を語りながら歩くのはとても楽しいですね。

そしてたどり着いた太鼓岩。

うぁ、飛ばされそうな勢いの北西の風!!

登りでかいた汗を一瞬で吹き飛ばすような風圧です。

 

ちょっとした心配はあたっていて、奥岳(宮之浦岳を中心とする奥にそびえる山々)は半分雲に隠れていました。

 

さむ~~っ。でも着いたね!!と二人でぴょんぴょん飛びながら喜びました。

 

少しでも風を避けようと岩の裏側へ行き、朝ごはん。私は玄米のおにぎり。

山の景色の代わりに二人で飛び去る雲たちを眺めていました。

 

しばらくして、友人が

「彩雲が出てきたよ!もしかしたら虹がでるかも!!」とほぼ確信に近い期待を込めた口調で言いました。

私は寒いのとお腹がすいたのとで、それを聞き流しながらもぐもぐしていました。

 

すると

友人「でた~~~!!!!!!!」「アーク!!!」

私「ん?、何それ」

友人「環天頂アークだよ~。」と教えてくれました。

それは俗にいう「逆さ虹」という珍しい現象でした。

彼女はいろんな虹をよく観察していて、どうやら虹を引き寄せるパワーを持っているようです(笑)

 

そこからは、アークが気流にのり、色んな表情を見せてくれてさながら天体ショー(大気圏内ですが)。

赤みが強まるときが あったり、黄色だったり、紺色だったり、上を向きすぎて首が固まってしまうほどでした。

寒いけど、この寒さと風と雲が素晴らしい色彩を創り出し、私たち二人を楽しませてくれました。

「二人だけ」ということも特別感が2割増という感じ。

 

DSC_1186_edited-1

 

これが「環天頂アーク」

樹のシルエットも入れたかったのであえて斜めの角度で撮りました。

ふたりとも

「すごい、やばい、すごい、やばい」の単語しか繰り返さなかったような・・・(苦笑)

 

そうこうしているうちに、どんどんと雲を風が吹きちぎり、振り向くと「宮之浦岳はここですよ~」と

教えてくれんばかりに雲が窓のような形になりました。

DSC_0121

 

雲が丸で囲んでいるようなところが宮之浦岳、その左が翁岳です。

 

めぐまれたタイミングに思わず普段出さないおっきな声で

「ありがとう~~~~~~!」と叫びました。

思いっきり 今、この場所、この空間を楽しんだあと、数名太鼓岩へ登ってきました。

 

そろそろ下ろうか、と、名残惜しそうに空を仰ぐとこんな形をみせてくれました。

DSC_1200_のコピー

 

 

下山したのは午前10時。

この日は一日中虹色につつまれているような感覚で過ごしました。

 

この日に誘ってくれて本当にありがとう!

 

また、行こうね(^^)/

 

 

そして、ママのわがままを受け入れて、ちゃんと自分たちで起きて朝ごはんを準備して食べて遅れずに登校した子どもたち!

ありがとう。誇りに思います。

 

 

 

 

 

2月の屋久島、虹

カテゴリー別 Weblog, 公開日時

3c89371be9bf7fb85c42b33af7d9d4fa

なんか久々に見た濃いい虹です。 
屋久島にいるとしょっちゅう虹は見ますが、
こんなに近くで見るのは初めてかなー

この世には本当にさまざまな色があるね。