屋久島を知り尽くした現地ガイドブログ

屋久島登山の安全な歩き方

toufuiwa

屋久島は今から約1400年前に花崗岩マグマが隆起した島です。
そのため標高500mから山頂部までの山はすべて花崗岩でできている山になります。

tozandou

花崗岩が隆起しながら多量な雨が降るため、山にはあまり土壌がたまらなく、
このように根っこが露出した道になっているのが屋久島の登山道の特徴です。

・屋久島の登山道の安全な歩き方

登りも下りもトレッキングポールはあったほうがいい
根っこが露出した登山道になっていますので、特に下りの時に足が根っこに引っかかって転んでしまうケースをよく見かけます。(自分も怪我をしたことがあります。。。)
ですので、トレッキングポールを使った方が安全に歩くことができます。
2本足よりも3本足の方が安定してますよね笑

よくどこかのお店の人に2本あったほうが歩きやすいと言われたと言う方がいますが、
縄文杉までの登山道にしろ、宮之浦岳までの登山道にしろ、両手を使って歩くところがありますので、1本のトレッキングポールで良いかと思います。(2本は絶対ダメというわけではないですが。)
トレッキングポールの選び方としましては、IグリップとTグリップがありますが、
屋久島の山の場合Iグリップの方が歩きやすいかと思います。
Iグリップの特徴とTグリップの特徴はこちら

トレッキングポールの先端についているプロテクターは必ず装着してください。
プロテクターがない状態でとんがった硬い先で森を歩くことは屋久島では禁止されています。植生に与えるダメージがかなり強いためです。

あとは、ぐるぐる回して長さを調節するタイプのトレッキングポールは強く回しすぎて、
バカになってしまい、壊れてしまうケースも多く見かけます。
当店でもレンタルで以前そうゆう回して止めるタイプのトレッキングポールを使っていましたが、
最近ではグリップで止めるタイプのトレッキングポールをおすすめしています。
ブラックダイヤモンドのトレッキングポール

登りの時の歩き方
山では登りが優先です。

下る方は道を譲りましょう。

大股で歩かず、小股で歩くようにする。
根っこや岩などで歩幅が合わないところもありますが、基本はあまり足を上に上げず、
小股で歩くように心がけてください。
縄文杉までの登山道には木道がかなり整備されていますが、
登りの時は鼻で深く呼吸ができるようにして、
ゆっくりゆっくり息が切れないように歩くとあまり疲れません。
息が上がるようでしたら一度立ち止まり深呼吸しましょう。
とにかく、小股でゆっくりゆっくり歩くのが疲れないポイントです。
 
③下りの時の歩き方
下りの時は必ずトレッキングポールを先に足元についてから小股で歩くようにする。

特に根っこは注意して歩いてください。
雨が降って濡れているときは特に滑りますので
注意が必要です。

④ザックの持ち方
特に登りの時ですが、重たいザックを担いで歩く時はなるべく重たい荷物を上部に置くようにしてください。
重たい荷物を下の方に入れていると歩いている時に後ろに引っ張られてしまうので、重たい荷物は上の方に置いて体の姿勢を少し前に倒す感じで歩くといいです。

⑤足首まである登山靴がいい
荷物を背負って歩いている場合、特に下りの時に「ぐね」っと足首をひねる事があります。足首まである登山靴が捻挫防止にもいいです。
スニーカーとかは長時間歩くとかなり疲れます。
登山靴は防水機能がついているやつがいいです。
オススメのメーカーは、シリオとかキャラバンあたりいいかと思います。
登山靴の定番メーカー

・まとめ
楽しいトレッキング(登山)とは楽に歩くことです。
楽に歩くとはゆっくり歩くことです。
心臓がドキドキしない程度のペースを維持して歩くことが大切です。
急な登りや下りでは、歩幅を小さくしてさらにゆっくり歩きましょう。
濡れている岩や根っこがあるところで大きな歩幅で歩こうとすると上体が不安定になりスリップや転倒の原因になります。

大きな段差があるところでは、一気に足を上げるのではなく、
周囲をよく観察し小さな段差になるように歩きましょう。
また身体を進行方向に対し身体の向きを横向きにして登る、もしくは下ると
膝の負担も少なく安全に歩くことができます。

屋久島で登山する時は事前に体力は付けておきましょう!
普段から階段を歩くようにするとか、
スクワットを軽くするなど(やりすぎると膝に負担がかかる)
太ももと膝周り筋肉をつけておいてください。

太ももと膝周りを鍛えるトレーニング方法

疲労がたまるといくら気をつけていてもやはり怪我しやすいです。
思ったように足が上がらなかったり、注意力散漫になりやすいですよね。
屋久島で快適で安全な登山ができるようにするには、
やはり普段からトレーニングしておくことが最も重要なポイントです。

 

夏の屋久島は奥岳が最高!

カテゴリー別 黒味岳登山公開日時

kuromitake7

こんにちは!屋久島パーソナルエコツアーの青山です。
夏の繁忙期の合間、つい先日1泊キャンプで黒味岳へ行ってきました。
黒味岳は標高1831mに位置する屋久島では6番目に高い山で、奥岳の一つに数えられます。
夏の奥岳はむしむしとした里と違って、気温も約7~10℃ほど低くなるのでとても涼しくすごしやすいです!
特に朝や夕方の快適さはかなりのもので、夏は里に下りるのをためらってしまいます(笑)
今回は朝を黒味岳で迎えようと考え、初日はのんびりと歩きまわり2日目の朝に黒味岳頂上を目指すことにしました。

 

kuromitake3

朝にテントを出て出発した時はまだ薄暗かったですが、黒味岳頂上を目指している途中でだんだんと日が昇ってきました。
日の出の瞬間の赤い光に奥岳の山々が照らされて染まっていく様子に何度も目を奪われて立ち止まってしまいます。
山の朝は大好きなのですが、独特な雰囲気をもつ奥岳で迎える朝は特にお気に入りです。
朝を迎えて喜んでいるように囀る鳥たちの声を聞きながら、涼しい奥岳の山を歩くのは格別に気持ちがよかったです!

 
kuromitake2

黒味岳頂上にも日がだんだんと当たってきました。
ちなみに、写真の真ん中より少し右側に見える大きな花崗岩の岩が黒味岳の頂上です。
屋久島の山頂付近はこのように花崗岩の巨石だらけになり、屋久島が巨石の島であることを思い出させてくれます。
その中にはどうしてそこにあるのか分からず、頭の中が「??」になるような有名なトーフ岩などの奇岩がたくさんあります。

 

kuromitake4

そして、黒味岳頂上へ着き恒例のぼーっとタイムに突入(笑)
朝日を全身に浴びながら、次々に色が変わっていく奥岳の景色を眺める時間は至福のひとときですね。
黒味岳は日帰りでも十分に登れる山ですが、1泊2日で行くとかなりのんびりとできてまだ人の来ない早朝に頂上で過ごせるのでオススメです!

 

kuromitake6

すっかり日が昇りきると、夏らしい青色の空が見えてきました。
写真右側の山が宮之浦岳で、左側奥に見える山が永田岳です。
黒味岳頂上に登ると360°の大パノラマが広がっていて、こんな風に奥岳の景色を一望できます!
いや~、何度見ても贅沢な眺めやなぁ~と思います。

 

 

kuromitake5

帰り際に高山植物のヤクシマホツツジが咲いているのを見つけました!
つつじ科の植物で、屋久島が分布の南限の植物です。
名前に「ヤクシマ」と着いていますが、屋久島の固有種というわけではありません。
ちょっとややこしいですね…(笑)
7~8月は様々な高山植物が見ごろを迎える季節で、屋久島の固有植物も花をたくさんつけます!
屋久島の奥岳の独特な環境で進化した植物達を観察するのには最適な時期といえますね!
当店でも、7、8月のオススメツアーの一つとして黒味岳1泊2日ツアーをご紹介しています。
暑~い夏ですが、涼しい山の中でぜひ過ごしてみませんか?
あ、でも昼間の日差しは強いので、奥岳に行かれる際は日焼け止めを忘れないようにして下さいね~。

 

 

 

 

 

 

 

青山直樹

 

 

 

 

 

 

桃源郷はやはり桃色。

 

「今年のシャクナゲは例年になく花付きがいいよ~、ぜひ亜紀ちゃんもいったら?!」というガイドスタッフさんのすすめもあり、

天候、花のタイミング、子どもたちの予定、そしてお客様に迷惑のかからない日を選びつつ、先週土曜日、噂のシャクナゲを見に行ってきました!

 

全体的に3~4分咲きという感じでしょうか?素晴らしい景色が待っていてくれました。

 

ものすごく、張り切って早起きをして、いざ出発。

IMG_2309

淀川では、はかない黄色味がなんともいえない、ひかげつつじ

IMG_2312

トレッキング中、ずっとかぐわしい香りを楽しませてくれたハイノキ(オシベに黄色い花粉がついているものがよく香ります)

IMG_2324

 

さらに珍しいアクシバモドキも沿道に花を添えて。

しかし、なかなか肝心のシャクナゲさんは、姿をみせてくれず(じらすなぁ・・)     やっと。

IMG_2332

青空に映える屋久島シャクナゲが花束のように私たちを迎えてくれました~(^_^)

頑張って黒味岳まで登ってみよう!と森林限界に近くなって背丈が低くなった木々のトンネル、シャクナゲの横を通るのは、さながら

「千と千尋の神隠し」の1シーンのよう。(千尋ちゃんがかけていく1シーンはシャクナゲをかき分けていたと思います。。)

IMG_2335

頂上に近くなってよく見ると屋久島みつばつつじもいっぱい咲いています。

IMG_2337

山肌がピンク色、わかりますか?

IMG_0010

眼下には花之江河の湿地帯も見え(息子撮影)

IMG_0036

 

見晴らしもよく、最高の黒味岳でした。(宮之浦岳を望む)

IMG_2362

帰りも慎重に降りて行き、

IMG_2363

花之江河で休憩中にこんなサプライズも!!(ロケットの打ち上げ!!)しばし見とれていたら数秒後に爆音が空いっぱいに響きました。

IMG_2356

足元にはちいさな、ちいさな花、ヒメコイワカガミも風に揺れていました。

デジタルズームしてます。ほんとは、花の直径1センチくらいです。

 

IMG_2375

トレッキングでほてった体をひめしゃらさんに預けてクールダウン。。。

ほかの樹木よりとっても冷たくて気持ちいいんです。

IMG_2319

はじらうようなシャクナゲのつぼみ。

人は、桃色(桜色)に幸せを感じるのでしょうか? 桃源郷とは、よく言ったものですね。

今まで、霧の中に、ほの明るいシャクナゲばかり見てきましたが(それはそれで大好きなのですが)、抜けるような青空と深緑、そして花々の桃色グラデーションにすっかり魅せられて、心が澄んだ一日でした。子どもたちとも貴重な思い出ができて、幸せいっぱいです。

亜紀子

 

見事な絶景!!日帰り黒味岳ツアーレポート

カテゴリー別 ツアー, 黒味岳登山公開日時

DSC_2935

5月9日、愛媛県からお越しのSさんと一緒に日帰り黒味岳ツアーへ行ってきました。
黒味岳ツアーでは、標高約1300m~1800mの針葉樹の森を歩きます。
今回Sさんは前日にガジュマル巨木の森ツアーにも参加されて標高約0~200mほどの照葉樹の森を歩かれたので、屋久島最大の特徴である植物の垂直分布を体感するような2日間になりました!
2日でまったく違う森を歩くことが出来るので、この二つのツアー(黒味&ガジュマル)の組み合わせは中々面白いかもしれませんね。

 

DSC_2865

淀川登山口を出発して、まず目を奪われたのはこちらの名もなき屋久杉の巨木です。
樹齢2000年以上はあるでしょうか…見ているとただただ圧倒されます…。

黒味岳へ行く道中には本当に素晴らしい巨木の森が広がっていて、僕自身この森は大好きで思いっきり雰囲気を味わってほしい場所でもあります!
今回のツアーでは、なるべくこの森の雰囲気を味わってもらるように、植物達や森の様子をゆっくり観察しながら黒味岳山頂を目指してレッキングしました。
Sさんにも、森の雰囲気をすごく気に入ってもらえたようで嬉しかったですね~。

 

DSC_2904

5月9日はお天気が少し心配な日ではあったのですが、思いっきり快晴で気持ちのいいトレッキング日和になりました!
花之江河の後に見えているのが黒味岳です。
淀川登山口から黒味岳は標高差が約471mほどですが、景色が森、湿原、絶景…とドンドン変化していくのが面白いです。

 

DSC_2910

黒味岳山頂へと続く道にはこのようにロープを使う所も数カ所あります。
慣れない方もいらっしゃるかもしれませんが、しっかりとグリップが利く靴をはいて、ゆっくりと登っていけば大丈夫です!
Sさんは、「自然のアスレチックみたいですね~」と楽しんで登っておられました(笑)

 

DSC_2917

そして…黒味岳山頂へ無事到着です!!
目の前には、見事に絶景が広がってくれました。
写真からもSさんの喜んでいる雰囲気が伝わってきますね~。

 

DSC_2928

屋久島の奥岳の景色が広がる絶景を見ながらのお昼ご飯。
頑張って登った後に山頂で食べるご飯は格別に美味しいですよね♪
思う存分景色を眺めた後にゆっくりと下山しました。
Sさん2日間ツアーに参加してくださりありがとうございました!
今度はぜひ念願の縄文杉キャンプへ行きましょうね!

 

青山直樹

黒味岳最新情報です!

カテゴリー別 屋久島の森, 黒味岳登山公開日時

こんにちは~。
屋久島も3月に入ったということで、人里のほうでは春を感じるような温かい日が多くなってきました。
ただしそれは人里の話…屋久島は標高差が約2000mもある島ですので、
今頃の時期は里は温かくても山では雪が積もっている!!なんてことがある不思議な場所です(笑

実際に1、2週間前までは寒波の影響で、奥岳のほうではまだまだ雪が積もっているような状況でした。
そんな中、3月2日に黒味岳まで様子を見に行ってきたので最新情報をお伝えします!
DSC00520

3月2日の花之江河です。
この日の午前中はあまり天気は良くなく、山の方では小雨と曇りを繰り返すような一日でした。
標高約1600mの花之江河ですが雪が残っている様子はまったくありませんね。

DSC00521

途中ちらほらと雪が残ってましたが、
それも写真のように溶けづらい日陰にほんの少~しだけ残っているような感じです。
歩くときに障害となるような雪は見られませんでした。

DSC00528

黒味岳頂上付近の登山道も雪はなく快適に歩けました!
ゴムアイゼンをザックに入れて持って行ってましたが、一度も使う場面はなかったですね。
標高1831mの黒味岳までなら登山道上に雪が残っている場所はありませんでした。

ただし、頂上付近に近づくにつれて風が強くなってきてすごく寒さを感じました…。
気温は約7℃ぐらいあるのですが、風の影響で体感温度はかなり低かったと思います。
風避けのための上着やレインウェアは必須ですね。
DSC00531

黒味岳頂上にも雪は残ってないですね~。
久しぶりに黒味岳まで歩きましたが、やはりこの道は人も少なくてのんびりと歩けるのですごく好きです♪
3月2日は登山口にあった車も自分のを含めてたったの2台、人とも1人としかすれ違わなかったです(笑

DSC00529

頂上に登ると一瞬だけガスがとれて目の前に黒味岳からの展望が広がってくれました。
やはり奥岳から見える景色は別世界で何度見ても絶景です…!
今年も屋久島でどんな景色が見れるのか楽しみですね~。

以上が黒味岳の最新情報になります。
雪の心配はありませんでしたが、まだまだ山は寒いです。
屋久島で山登りをされる方はしっかりと防寒対策をして下さいね。

青山

 

日帰り黒味岳ツアーに行ってきました。

カテゴリー別 ツアー, 黒味岳登山公開日時

9月18日に当店のガイドである佐々木さんと一緒に、
日帰り黒味岳ツアーに行ってきました。
今日は、黒味岳ツアーのルートの様子を簡単にレポートしたいと思います。

DSC00103

まずは、こちらが今回のツアーの出発地である淀川登山口(標高約1360m)です。
この登山口からのルートがすごいところは、しばらく歩くと世界自然遺産エリアに入ってしまうところです!
登山口から森に入ると、そこは既に巨木の森です。

DSC00105

樹齢2000年はあると思われヤクスギの巨木です。
スギ以外にも、モミ、ツガといった針葉樹の巨木がこのルートではたくさん見られます。
縄文杉や白谷雲水峡に比べると、人がすごく少ないので、
静かで深い森を、ゆったりとした気分で眺めて歩けるのが本当に贅沢ですね~。

DSC00110

こちらは、途中にある淀川小屋近くの沢の様子です。
ここの沢は本当に綺麗で、一日ここでのんびりしてもいいぐらい素晴らしい場所です(笑
この日は、天気が曇りだったので少し暗めになってますが、
それでもやっぱりお客さんと一緒に思わず景色に見とれてしまいました。
晴れると水面が鏡のようになって、それもまた綺麗で最高なんですよね~。

ちなみに、ツアー帰りの際に、みんなでここの沢で足をつけてのんびりクールダウンしてました(笑

DSC00119

巨木の森を抜けると、日本最南端の高層湿原、花之江河(と小花之江河)が目の前に現れます。
ここが、この日は一番印象的な風景が広がってましたね。
曇っていたので、湿原に霧が漂っていて、なんともいえない幻想的な風景になってました。
曇って霧が出ると、森や花之江河の雰囲気がガラっと変わりますね~。
この写真ではちょっと伝わりづらいのが残念です…。

ここからしばらく歩くと、黒味岳へと続く登山ルートへの分岐があります。
そこから黒味岳の頂上を目指します!

DSC00137

ちなみに、黒味岳は標高1831mの高所にあるので、行く途中には色んな高山植物が咲いてます。
この花は屋久島固有種のヤクシマシオガマです。
他にもイッスンキンカ、ヤクシマアザミ、キッコウハグマ、ワチガイソウなど色んな植物を見ることが出来ました。

DSC00134

そして、この日の黒味岳頂上からの景色がこちらです!
やっぱり風も強くて雲が多かったので、山側は真っ白でした(笑
ただ、海側の方はたま~に、写真のように雲が切れて、上から海を眺める事ができました!
みんな、海が見えると大興奮!といった感じで楽しかったですね~。
ここでお昼を食べて、頂上でゆっくりしてからこの日は下山しました。

以上が今回のレポートになります。
黒味岳の良さを伝えたかったのですが、一つの記事では全然書ききれないですね(笑
黒味岳は、巨木、森、沢、高山植物、高層湿原、絶景…と色んな要素を楽しめるので、
すごく贅沢なツアーだと思います!しかもそれでいて人も少なくて静かです。

個人的には、日帰りもいいですが、黒味岳をキャンプで行くのがもっとゆったりできて最高ですね~。

黒味岳ゆったりキャンプツアーの詳細はこちら
http://www.relaxin-yaku.com/1paku-kuromi.html

 

 

 

淀川小屋1泊2日キャンプツアー GW

カテゴリー別 黒味岳登山公開日時

yodokawakyanpu1
今年は黒味岳1泊2日ゆったりキャンプツアーにご参加の3人娘。
2年前には縄文杉ひとりじめキャンプツアー、昨年はなんと2泊3日の屋久島大縦走キャンプツアーに参加していただきました、
リピータ様の3人ガール。 今年も皆さんの笑顔が見れてうれしかったです!

ただ、今年は吉本さんが左足をツアー前に捻挫してしまい、ゆっくりなら歩けるということでしたので、
石塚小屋まで行くのはあきらめ、淀川小屋キャンプツアーに変更することにしました。

 

yodokyan2
淀川登山口から淀川小屋まで通常1時間ぐらいの距離ですが、3時間ぐらいかけてゆっくり自然を観察しながらのツアーになりました。
それでも、朝8時30分ごろ出発でしたので、12時前には淀川小屋に到着。
GWということもあって、さっそくテントを張りました(はやっ!)
昼からは荷物を淀川小屋に置いて、お弁当をもって行けるところまで世界自然遺産の森を歩き、いいところで昼食。
最高に贅沢な散歩でしたね~(笑

yodokyan
夕方からは三岳(焼酎)のお湯割りで乾杯! 屋久島の自然水で割った三岳は甘さが増す感じでおいしかったですね~
この日はわたくし青木が、インドカレーをキャンプでは初めてのトライ。
ターメリック、コリアンダー、クミン、ガラムマサラ、塩、プチトマト、オリーブオイル、ニンニク、ショウガ、ジャガイモ、グロッコリーのインドカレーを作りました。
淀川キャンプだからこそできる手作りインドカレー!  自分で夕のもなんですが、おいしかったですね(笑
ただ。。。。お米が。。。。ちょっと。。。失敗してしまい。。ちょっと芯がある。。
みんな食べた瞬間、無言。 やばーい!

しかし、元インドカレーの店主はあわてず、「じゃーチーズカレーリゾットにしようか!」
なんと新しいメニューが完成されました。めちゃうまかったです!!(自分で言うのもなんですが。。)

 

kuromitouchou

黒味岳頂上にたどり着いた3人。研修生の青山君が一緒にご案内。
最高の天気に恵まれ、絶景の黒味岳でしたね~

yodokyanminna

淀川小屋で醤油ラーメンを食べて、コーヒーを飲んでゆっくりした後、夕方5時に淀川登山口に下山しました。
みなさん、お疲れ様でした!! 今日はゆっくりお風呂に入りたいね~
また、お会いできる日をスタッフ一同、楽しみにしております!!

 

 

黒味岳ゆったりキャンプはこちら
http://www.relaxin-yaku.com/1paku-kuromi.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒味岳登山

カテゴリー別 Weblog, 黒味岳登山公開日時

5月15日に黒味岳登山にご参加いただいたS様とS様。

実はもう、何回もいらっしゃっていて、縄文杉キャンプも、白谷雲水峡も経験済みです!
(ありがとうございます!!)

今回は海抜0メートルくらいの亜熱帯の森ガジュマルコースと、奥岳とよばれる
標高1800メートル級の黒味岳登山です!

当店ではゆっくりと森を歩くことを基本的にお奨めしていますが、

登山は登山で達成感があり、楽しいですよね。

df88f3fc0671a2d246bd833bdd83c01b

今は、黒味岳付近にはミツバツツジがきれいに咲いていたそうです。
(撮影ヨッシー)

次は縦走コースにトライ!?ですね♪

本当にありがとうございました。

7ce224ec24c520830c4bfe7bef7aae9b

 

黒味岳登山

 

 

黒味岳 ゆったりキャンプ

5~6日でご参加のN様ご夫婦です。

奥岳と呼ばれる屋久島の奥の山々はこのような巨岩が出迎えてくれます!

d45c1adbc4078add3658fd7c3772b5b7

雨の中 がんばりました~~。

0e1dccdcc214a38fbf247b1f6e576e7b

終始雨模様だったので、なかなかタイトルどおりにゆったりとは、いかなかったかもしれませんが、
お二人とも登頂達成感!の笑顔で素敵です!!

ご参加ありがとうございました。

黒味岳ゆったりキャンプ

1 / 212