屋久島を知り尽くした現地ガイドブログ

冬も楽しめる! 屋久島観光7つの魅力

 12月から2月までオフシーズンに入る屋久島ですが、
皆さんはご存知でしょうか?

屋久島は春から夏が人気の観光地ですが、
実は冬でもたっぷり満喫できることを!

それは冬ならではの魅力が7つあるからなんです!

 

なんと桜や梅も!冬に咲くきれいな植物がいろいろある。

umenohana

 1月下旬になると人里では梅の花が咲き始めます。
メジロもたくさん飛んできて、
もうすぐ春だなあ~と思わせる季節です。

 

 

oogokayououren

 標高600m付近にある白谷雲水峡などの山では
1月下旬ぐらいからオオゴカヨウオウレンの花が咲き始めます。

屋久島固有植物でよーく見るとが黄色い花弁が可愛らしいですね。

 

 

sakura2

なんと、2月上旬にはソメイヨシノや大島桜などの桜が咲き始めます。

3月になると山桜も咲きはじめ、屋久島ではもうすっかり春になります。

 

冬だけの特典!絶景の冬景色

 yukinagata2

この写真のように、
屋久島では標高1700m付近から山頂部では2m~3mの雪が積もります。
 
しかしながら、

人里の海岸線あたりではぎりぎり亜熱帯の気候で、
冬でもハイビスカスやブーゲンビリアの花が咲いています。

沖縄から北海道までの植生が凝縮している島。
これが屋久島の最大の特長なんですね。

このハイビスカスを見ながら雪山も見るというのも
冬でしか体験できない屋久島の魅力の一つです。

この雪山は永田岳と言いまして、
九州でも2番目に高い山になります。

冬に屋久島に来られる方は是非見ておきたい雪山です。

 

真冬でも見れる緑鮮やかな常緑樹の森

seibu

屋久島の西側にある真冬の照葉樹林。

世界自然遺産にもなっている地域です。

真冬に来てもこのように緑あざやかな常緑樹の森なんですね! 
ヤクザル、ヤクシカをたくさん見ることができます。

 

 

天気さえよければ、暑くない快適なトレッキングを楽しめる。

 siratanihare

2月上旬の写真です。

晴れるとこのぐらいの服装でトレッキングすることができます。

歩いているとそんなに寒くもなく
非常に快適なトレッキングを楽しむことができます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

年によっては寒波が南下してきて、
このように雪化粧することもあります。

白谷雲水峡あたりの標高ですと
ゴムアイゼンという簡易スパイクを履いていれば、
問題なく歩くことができます。

 

もちろん当店が無料でお貸しいたします。 
雪化粧した苔の世界もなかなかいい感じですよ。

 

人が少ないので、静寂した森をゆったり過ごせる。

 siratani

静寂した森に流れる沢でコーヒーでもいかがですか?。贅沢なひとときです。

 

オフシーズンだから交通費や宿が安くてお得!

 hikouki11

2019年10月 JALで発売されている、

「JALのウルトラ先得
がめちゃくちゃ安いです。
73日前までに予約をすると最大88%の割引になります。

また夏のハイシーズンと比べると飛行機代がかなり安くなります。 

最近はLCCなどの格安航空券を見ると驚くような安さだったりします! 
ちょっと調べてみましたが、

東京から鹿児島までが冬の時期ですと8000円から、

鹿児島から屋久島までが7500円から 

伊丹空港から屋久島までの直行便が19900円から 

福岡から屋久島までが15200円から

屋久島に泊まるホテルなどもハイシーズンと比べれば割安になっています。
 

女性も安心! 冬だから虫が出ません。

 

 特に女性の方は虫が嫌いな方が多いですが、

冬のシーズンはいろんな虫がほとんどいませんので、
快適に森の中で過ごせるかと思います。

 

以上、冬も楽しめる!屋久島観光7つの魅力でした。

冬の屋久島を満喫できるおすすめツアーがこちらです。

 

島周遊・ガジュマルの森エコツアー

詳しくはこちら >>

 

白谷雲水峡トレッキング

詳しくはこちら >>

 

2日間で満喫!屋久島まるごとエコツアー

詳しくはこちら >>

 

 

2日間で満喫!屋久島まるごとトレッキングツアー

樹齢約3千年の紀元杉。
「屋久島といえば縄文杉だけど、一日に22キロを10時間かけて歩くのはとても無理!」
「もっと手軽に歩けて、屋久島の自然を満喫したい!」
という方におすすめなエコツアーを企画しました。
2日間かけて屋久島の自然をまるごと満喫できるコーススケジュールにしています。

屋久島公認ガイドにおまかせツアーなので、あれやこれやといろいろ調べなくても
屋久島の絶景ポイントを効率よく楽しめます。

 

「2日間で満喫!屋久島まるごとトレッキングツアーのコーススケジュール」

1日目 白谷雲水峡トレッキング~島周遊エコツアー

宿を出発 8:00(宮之浦地区の宿を想定)→白谷雲水峡駐車場に到着 8:30
トイレ休憩、準備体操をした後、
白谷雲水峡~二代大杉まで往復のコースを約1時間30分ほどゆっくり歩きます。

 

二代大杉です。
初代の杉はおよそ2千年ぐらいはありそうな大きさです。
その初代の屋久杉が自然に折れて、新たに更新している杉がこの2代目の杉になります。
屋久島公認ガイドの詳しい解説を聞きながら歩くと、いろんな不思議がわかり楽しくなってきます。

 

屋久島の沢の水はどこでも飲めますので、空のペットボトルがあると便利ですね
是非、屋久島の超軟水の水を飲んでみてください。
スーッと体に沁みていくのがわかります。

白谷雲水峡下山 10:00→一湊の海 10:40ここでちょっと深呼吸。
蒼い海がきれですね。

 

絶景ポイントでは車を止めて、写真撮影。
島に来たなぁ~って感じですよね!

いなか浜到着11:20
アカウミガメが4~6月に産卵しに上陸してくる砂浜です。
1シーズンでなんと1000頭以上のアカウミガメが上陸してきます。
靴を脱いで足を海につけるとデトックスにもなって気持ちいですよ!

横河渓谷到着 12:00
ここでお昼のお弁当タイム! 足をつけたり、夏でしたら泳いでもOKです!笑
水が本当にきれいなんですよね~

西部林道到着 14:00

屋久島の中でも唯一、海岸線沿いから世界自然遺産地域に入っている照葉樹林です。
亜熱帯から冷温帯までの植生が、
海抜0mから約2千mの宮之浦岳まで垂直分布している屋久島。

アコウの巨木。
西部林道の森の中を少し歩いてみると、
ガジュマルやオオタニワタリなどの亜熱帯植物をたくさん観察できます。 
日本では屋久島が亜熱帯の北限になります。

 

ヤクシマザル
西部林道の森ではヤクザルの群れに出会うことが多いです。
本土の猿と比べると、小柄で毛が長いのが特徴です。

 

ヤクシマシカ
日本の鹿の中では一番小さい種類になるヤクシカ。
猿も鹿もこの照葉樹林に一番多く生息しています。

 

大川の滝到着 14:40

落差88mある滝で、目の前まで行けるので大迫力です!
水しぶきを浴びるとまさに気分爽快!
ここでもゆっくり深呼吸すると、リフレッシュできます。

この後は、ポンタン館によってトイレ休憩~お土産ショッピングタイム
をして、宿に到着が16:00頃になります。

 

「2日間で満喫!屋久島まるごとエコツアーのコーススケジュール」

2日目 屋久杉を体感!屋久杉ランドトレッキングツアー

宿を8:00に出発して、紀元杉に到着が10:00
推定樹齢3千年の屋久杉です。
標高約1200m付近まで車で行きますので、そんなに歩かずに屋久杉の巨木に逢うことができます。

あまり知られていない名も無き屋久杉の巨木。
屋久島公認ガイドがご案内いたします。

ヤクスギランド到着11:30
お弁当を持って屋久杉ランドトレッキングツアー。
50分コースをゆっくり歩きます。

 

沢に到着12:00
お昼のお弁当タイム!
屋久島のおいしい水で淹れたコーヒーでもいかがでしょうか!

沢の音をききながらのコーヒーはちょっと贅沢な時間ですね。

下山13:40

千尋の滝に到着 15:00
最後に水の島、屋久島を体感。
大迫力です!

この後、トイレ休憩~お土産ショッピング~宿到着が16:00頃になります。

海、滝、川、屋久杉、苔、山、森、動物。。。。

屋久島の大自然を知り尽くした屋久島公認ガイドが、
2日間かけて屋久島の絶景ポイントをご案内いたします。

 

エコツアー料金や持ち物の詳細はこちら

2日間で屋久島をまるごと体感できる、
屋久島まるごとトレッキングツアー!

 

※ 宿によりコーススケジュールが変わりますが、行くところは同じになります。

※ 屋久島に到着する時間が午前中の方、または屋久島を出発する日がが夕方の方も屋久島まるごとエコツアーに参加できますので、ご相談ください。

※ 10名以上の団体の方は団体割引がございますので、一度ご相談ください。  

 

エメラルドグリーンの沢遊び

 

屋久島の夏を遊び尽くす!夏限定3つのスペシャルプラン
こちらのセットプランとのコラボツアーも夏限定で可能ですので、
ご希望の方はご相談ください。

 

 

屋久島パーソナルエコツアー公式HP

 

 

屋久島の海

カテゴリー別 屋久島の海, 島周遊公開日時

issounoumi

今日は島周遊ツアーということで、写真が大好きなお客様と屋久島を一周してきました。

屋久島は周囲134キロの島で、車道はおよそ100キロになります。
車でぐるっと回るとだいたい3時間ぐらいかかる島です。
島には信号がほとんどないので、 (宮之浦とか安房などの町に2,3箇所あるだけ)
渋滞というのもありません。(笑
屋久島では5台ぐらい車が連なっていると「渋滞してるね~」などと言っています(笑

上の写真は屋久島の北側にある矢筈岬と言って、ラクダみたいな形をした岬です。

この日は空気が澄んでいて、水平線の左側に見える島が硫黄島といいます。
あの戦争の時の「硫黄島玉砕」とは全然違う島で、同じ名前の硫黄島があります。

結構日本には同じ名前の島がありまして、
この硫黄島の隣にも竹島、黒島という島があります。

竹島はあの韓国と領土問題になっている竹島と同じで、
黒島は沖縄の八重山にある黒島と同じ名前ですね(笑

この矢筈岬の先端に矢筈神社があります。

yahazujinja

30mぐらいの洞窟になっていまして、その奥に神様(弁天様)が祭られています。
この岬の上の方まで車で行くことができ、歩いていくことができます。
この洞窟が種子島とつながっているという昔話もあり、昔の人の想像力も面白いですね。。。
屋久島のパワースポットのひとつがこの矢筈神社になります。

 

yudomarionsen

屋久島をさらにぐるっと回って、この矢筈岬の反対側にあるのがこの湯泊温泉の秘湯です。
この温泉は地元の人しか知らないような温泉で、
ほとんど観光客は来ませんので、いつものんびりこの秘湯に入らさせていただいています。
ロケーションもばっちりで、もう最高の温泉ですね!
ただ、海水が入っているときもありぬるいので、冬の時期は晴れている日しか入れません。
この秘湯の脇にも何か所か温泉がわき出ていて、
あせもとか、傷口にもよく効く温泉ですね。
満月の夜に入るのが超おすすめです(笑

 

島周遊エコツアー 詳しくはこちらから
http://www.relaxin-yaku.com/shimasyuuyuu.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月に咲いている高山植物 ~後編~ 

カテゴリー別 屋久島の海, 屋久島の花公開日時

前回の記事の続きで、いま咲いている高山植物達を紹介します!

DSC00035

ツクシゼリ(セリ科) 花期 8~9月

屋久島が分布南限の植物です。
本州では、中国、九州地方の山中、鹿児島県では、霧島山と指原(開門岳、千貫平)に広く分布しています。
屋久島以外では、茎の高さが20㎝以上にもなりますが、屋久島の奥岳の山頂付近では茎の高さが3㎝ほどのものになっています。
白色のごく小さな花がびっしり集まって咲いていますね。
どうやら、屋久島の固有種、または固有変種とする説もあるそうです。

ヤクシマコオトギリ

ヤクシマコオトギリ(オトギリソウ科) 花期 6月~9月

屋久島の固有変種。花之江河から上の、高所の湧水が流れているような場所に多く咲いてます。
6月の末ごろから咲き始め、長い雄しべがよく目立つ花です。
「ナガサキオトギリ」の矮小品に当たるそうです。
イッスンキンカと同じく、小さくて黄色の花が可愛らしいですね~。

DSC00095

ハナヤマツルリンドウ(リンドウ科) 花期 9~10月

屋久島の固有種。標高1500m以上の山頂付近や登山道に生息しています。
屋久島の高山植物の中では花が大きいな~という印象です。
ツルリンドウの仲間に似ていますが、果実が細く、熟すと裂けるのが特徴です。

DSC00070

ヤクシマリンドウ(リンドウ科) 花期 7~9月

数ある屋久島の固有種のうちでも、屋久島を代表する植物。
標高1700mを越える高山の、山頂の岩の隙間に根を下ろして生息している。
園芸用の盗掘などにより数が減っており、絶滅危惧種に指定されている。

今回、個人的にどうしても見つけたかった植物だったので、
見つけた時には1人で勝手にテンションが上がってました(笑
晴れた日にしか花は咲かないので、この日はちょっと雲があった関係もあり、花は咲いてなかったですね。
絶滅危惧種に指定されているので、心ない人に見つからず、
このまま咲き続けてくれることを願います…。

以上で今回の高山植物紹介を終わります!
まだまだたくさんの高山植物が咲いているので、
みなさんも奥岳を歩かれる際は、ぜひ探してみて下さいね~。

 

 

トローキの滝に大接近!!

カテゴリー別 リバーカヤック, 屋久島の海, 公開日時

つい先日、代表の青木と一緒にカヌー研修&取材を兼ねてトローキの滝へ行ってきました。
今日はその様子をレポートしたいと思います。

前々から、カヌーでトローキの滝へ行ってみよう!という話をしていたのですが、使用する代表のカヌーは川用のカヌー…。
「海やとひっくりかえるのではないか…」という話を2人でしながら、とりあえず出航です!!

DSC00449

はじめは、比較的波もなく穏やかな雰囲気。
この日の午前中は天気も良くて気持ちよかったですね~。
海も透明ですごくキレイでした~。屋久島は山もいいですが、川も海も最高ですね♪

DSC00455

途中でこんな光景にも出会いました。
小さいですが、中央に鳥(アオサギかな?)がいるの分かりますか?
なんか、銅像のようにすくっと立っていてカッコよかったです(笑

このままトローキの滝へ向かって前進します!
実はこのあと今日一番の難所がありました…。
そこは、「ひたすら漕げ!!」って感じで写真を撮る余裕がなかったです…(笑
でも、ひっくり返ることなく無事に乗り越えることができました!
代表のリバーカヤックが、しっかりしてるタイプのもので助かりましたね~。

DSC00472

難所も越えて、ついに…。
見えてきました!トローキの滝!
ここからやと、鯛之川の赤い橋もばっちり見えてますね~。
もっと近くまで寄ってみます。

DSC00479

おお~っ!滝の後ろに見える山はモッチョム岳です。
花崗岩の岩肌が出てる感じが、男らしいですよね。
このカヤックコースはモッチョム岳を横に見ながら、トローキの滝を目指します。
こんな視点で滝とモッチョム岳が見れるのは、カヤックだからこそですね!

DSC00492

そして、さらに接近(笑
水しぶきがめちゃくちゃ気持ちよかったです!
下から眺める『トローキの滝』は大迫力でした!!

トローキの滝は落差が6mぐらいしかありませんが、
このように、海に直接落ちる滝は全国に2ヶ所しかないそうです。
それを考えると、これってめちゃくちゃ珍しい光景ですよね~。

DSC00511

帰る途中で、休憩のために浜辺に上陸して記念撮影です。
取材&研修ということもほぼ忘れて、この日は思いっきり楽しんでしまいました(笑
この後立ち寄った温泉も最高でしたね~。

代表おつかれさまでした!
今度は安房川や、釣道具も持って別の場所もせめていきましょう!!

 

7月です!さあ~そろそろ梅雨明けかな!

カテゴリー別 屋久島の海公開日時

natu2011

昨日、奄美大島が梅雨明け宣言をしていましたが、屋久島もそろそろ梅雨明けかな?という感じです。
例年、奄美大島が梅雨明けすると、その後1週間ぐらいで屋久島も梅雨明けしますので、
来週ぐらいには梅雨明けしてるといいですね!
この上の写真は、去年も7月11日に撮った写真です。
梅雨が明けてからの1週間ぐらいが、一年で一番屋久島がきれいな時期になります。
青く澄んだ空が眩しく、限りなく透明な海が青く染まります。
梅雨明けなので、空気がとてもクリアで気持ちい時期ですね!
海の透明度も抜群で、15mぐらいは簡単によく見えます。
熱帯魚、温帯魚がちょうど重なる位置に屋久島はありますので、
魚の種類もすごく多いですね。 チョウチョ魚、ナンヨウブダイ、ハリセンボン、クマノミ、オヤビッチャ、ダーツ、きびなご。。。
そうそう、きびなごの大群の中を泳ぐのは神秘的ですね~(笑
夏、屋久島に来れれる方は水着も忘れずに~です!
屋久島は縄文杉だけじゃありませんので!
是非とも、夏に屋久島に来られ来られる方は、
海で泳いで、そのあと、沢で泳いでください。

これが最高の屋久島の遊び方です。

 

natu2012

去年の7月10日に撮った写真です。
この日は、家族でこの川で泳いでいました。(笑
あ~早く川に飛び込みたーい!
まあ、今日も室内温度は30度ありましたから、晴れれば余裕で泳げますね!
夏はこれがたまりません。 水の島、屋久島ならではの贅沢ですね!!

屋久島パーソナルエコツアーがおすすめする夏限定ツアーが、
「森と水のエコツアー」です。
早朝に白谷雲水峡をトレッキングして、少し汗をかいた後、
沢でお弁当を食べて、そのまま沢や秘境の滝壺に飛び込むツアーで、
お子様がいるご家族には大人気のエコツアーになります。
詳しくはこちらをどうぞ
https://www.relaxin-yaku.com/moritomizu.html
暑い夏には、屋久島の青く澄んだ滝壺に飛び込みませんか!?(笑
ご希望があれば、沢で溶岩プレートでのプライベートBBQパーティーも
受けれますので、お気軽にお問い合わせください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋久島の照葉樹林へ

カテゴリー別 屋久島の海公開日時

seibusawa

屋久島の西側にある通称、西部林道という世界自然遺産地域の照葉樹林へ行ってきました。
屋久島が世界自然遺産になった一番大きな理由は、海岸線沿いからそびえたつ急峻な山に亜熱帯の植生から亜寒帯の植生までが垂直分布していること。 沖縄から北海道までの植生をぎゅうぎゅうっと凝縮したような島になっているのが屋久島の最大の特長なんですね。
「屋久島」というと、縄文杉とか苔の森とか、もののけの森とか、屋久杉・・・・といったイメージですが、「ここもまた屋久島なのか!」とみなさん言われる森がこの西部林道の森なのです。 また、ヤクザルやヤクシカさんともたくさん出会える森でもあります。

akou

アコウの巨木。 クワ科

アコウの種子は鳥類によって散布されるが、その種子がアカギやヤシなどの樹木の上に運ばれ発芽して着生し、成長すると気根で親樹を覆い尽くし、枯らしてしまうこともある。そのため絞め殺しの木とも呼ばれる。これは樹高の高い熱帯雨林などで素早く光の当たる環境(樹冠)を獲得するための特性である。琉球諸島では、他の植物が生育しにくい石灰岩地の岩場や露頭に、気根を利用して着生し生育している。

このアコウの上に大きな葉が着生しているのが、オオタニワタリです。

葉がお猪口型になるのは、落ち葉をここに集めて、自分が成長するための肥料とするための適応と考えられる。ここに溜まった落ち葉はやがて腐葉土になり、葉の間から出る根によって保持され、株の成長とともに株の下部に発達する根塊の一部となる。このように、大量の根が樹上に大きなクッション状の構造を作るため、ここに根を下ろして生育する植物も出現する。沖縄ではオオタニワタリやシマオオタニワタリの大株には、必ずと言ってよいほどその下の根の部分から着生性のシダ植物であるシマシシランが多数の葉を垂らしているのを見かける。同様な着生シダのひとつコブランもこのようなところに生育する。また、ここにもぐりこむ昆虫もおり、東南アジアにはこの仲間の根塊にのみ穿孔生活をするクロツヤムシの存在がよく知られている。このように、タニワタリ類の根塊は一つのまとまった生物群集を支えることとなる

このアコウの巨木にはサクラランも多く着生していますので、これから初夏にかけて咲くのが楽しみですね!

 

gajumaru

ガジュマル クワ科

樹高は20m。実は鳥やコウモリなどの餌となり、糞に混ざった未消化の種子は土台となる低木や岩塊などの上で発芽する。幹は多数分岐して繁茂し、囲から褐色の気根を地面に向けて垂らす。垂れ下がった気根は、徐々に土台や自分の幹に複雑にからみつき派手な姿になっていく。ガジュマルの名の由来は、こうした幹や気根の様子である「絡まる」姿が訛ったという説がある。気根は当初はごく細いが、太くなれば幹のように樹皮が発達する。地面に達すれば幹と区別が付かない。また、成長した気根は地面のアスファルトやコンクリートなどを突き破る威力がある。こうした過程で、土台となる木は枯れていくことから別名「絞め殺しの木」とも呼ばれる。観賞用に、中の枯れた木を取り除いて空洞状にした木も存在する。枝には輪状の節があり、葉は楕円形または卵形、革質でやや厚く、毛はない。イチジクのような花序は枝先につき、小さい。
ガジュマルの名は、沖縄の地方名だが、由来は不明。前述の「絡まる」の他、一部には『風を守る』⇒『かぜまもる』⇒『ガジュマル』となったという説がある。

このガジュマルの巨木は去年の台風の影響で左が上部がかなり折れてしまいましたね~
今は大きな明かりが森に生まれ、シダやクワズイモなどのパイオニアの植物が芽生えはじめています。
自然の循環ですね。

(ウィキペディア)参考

 

 

 

 

 

 

ぱしふぃっくびーなす、神戸~屋久島

カテゴリー別 屋久島の海公開日時

ぱしふぃっくびーなすという日本のクルーズ船に、
屋久島の自然を紹介する講師として乗船してきました。

pashifukkifune

屋久島か伊丹空港まで飛行機で飛んで、伊丹空港から高速バスに乗って三宮まで行って、
1泊ビジネスホテルに泊まって、翌朝10時にぱしふぃっくびーなすに乗船。
天気も良く気持ちいのいい船旅になりそう!

 

pashi2

乗船前にクルーズ船を掃除している人。
窓枠の錆を落としているようですが、
こんなに高いところを掃除するのは大変でしょうね。。。
お疲れ様です。

 

pashi3
午前11時に神戸港を無事出航!
次の日の朝8時に屋久島に到着予定です。
海もべた凪で今回は酔わなそう。
快適な船旅のスタートです。
この日の前の日に、淡路島で震度6の地震があり、ちょっと心配していましたが、
クルーズ船の方に「地震は大丈夫でしたか?」と聞くと、
「船の上は全然揺れないんですよ!笑」とのこと、2年前の東北大震災の時もちょうど東北沖に船は浮いてたようですが
津波も全然大丈夫だったようです。
地震には船は強いようですね!!

 

pashi4

出発セレモニーでは、クルーズ船専属バンドが生演奏。
「ダイアナ~」をみんなで合唱!

pashi5

昼食の後、いよいよ私の出番。
「森と水の島、屋久島」というタイトルでの45分間の解説でした。
屋久島の写真と自然音を入れながら、屋久島疑似体験。
楽しんでもらえたでしょうか?
今回でぱしふぃっくびーなすに乗るのは5回目なんですが、
今回はあまり緊張もせず、ちょっと余裕をもって屋久島の自然の特長を話すことができました。

今度は、5月中旬にまた神戸から乗船する予定です。

今回、「森の水の島、屋久島」を聞いていただいたお客様、
ご清聴ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

静かな里の森

カテゴリー別 屋久島の海公開日時

春が近づいているような、陽気の昼下がり、近くの里の森へ散歩へ行ってきました。

目を閉じると小さな沢の流れと森を抜ける風の音が聞こえて気持ちが洗われるようでした。

 

1 / 3123