屋久島を知り尽くした現地ガイドブログ

屋久杉自然館は面白い!

カテゴリー別 Weblog公開日時

shizenkann

 

 

先日、お客さんと一緒に屋久杉自然館へ立ち寄りました。
美術館などが好きというお話やったので、ここがいいのではないかな?と思って行ってみたのですがかなり満喫できて楽しかったですね!
屋久杉自然館は安房にある町立の博物館です。
屋久島の自然や屋久杉のことについて知るにはもってこいの場所で、面白い展示がたくさんあります。
興味深い資料がいくつもあるので、僕自身もたまに1人で立ち寄って勉強させてもったりとお世話になっているところです。
せっかくなので、今日のブログではこの屋久杉自然館について簡単に紹介していきますね!

 

 

 

 

shizenkann4

 

 

僕が屋久杉自然館で好きなところのひとつがこの床です!
館内は土足厳禁なので、靴をぬいであがるのですが床にはツガという木で作ったブロックが敷き詰められています。
これがまた歩くと気持ちいいので、僕は裸足になって館内をあるくのが好きですね(笑)
ちなみに入場料は、大人 600円 高校・大学生400円 小・中学生300円です。
受付でお願いすれば館内をガイドさんが無料で案内してくれるので、行かれた際はぜひガイドを頼んでみて下さい!
とても分かりやすく、屋久杉のことを教えてくれますよ。

 

 

 

 

shizenkan1

 

 

館内には平成17年(2005年)に大雪の重さで折れた縄文杉の大枝(長さ5m、重さ1.2t)も展示されています。
この枝だけで樹齢約1000年あったという話ですから、驚きですよね!
今はもう縄文杉に近づくことは出来ませんが、こちらの枝には触れる事ができます。
見ていると縄文杉の大きさを実感させられますね。

 

 

 

 

shizenkan2

 

 

屋久杉に関する展示もたくさんあって面白いです。
こちらは実際に切られた屋久杉の円板。
屋久杉は成長がめちゃくちゃ遅いという特徴があるのですが、この年輪を見ているとその成長の遅さがよく分かります。
とてもじゃないですが、年輪を数える気にはなれないですね(笑)

 

 

 

shizenkannn3

 

 

人気展示の一つがこちら。
昭和31年(1955年)に屋久杉伐採のために導入された超巨大チェンソー(全長約2m、重さ約20キロ)です。
実際に持ち上げてみることも出来るのですが、その重さにはびっくりさせられます。
これで本当に屋久杉を切っていたのだと考えるとすさまじいな…と思わされます。
行った方は試しに持ち上げてみて下さいね~。

 

 

 

 

 

shizennkann6

 

 

写真が好きな方はぜひこちらも見てみて下さい!
毎年開催されている「あなたが選ぶ屋久島写真コンテスト」の応募作品が展示されています。
プロ、アマ、個人、団体を問わず屋久島で撮れた写真を色んな人が応募し、自然館に来た人の投票で入賞作品が決定します。
素晴らしい写真がたくさんあって、見ていて飽きないですよ!
もう今年の入賞作品は決定してますが、応募は自由なのでこれはいいぞ!という写真が撮れた方は来年のコンテストに応募してみてはいかがでしょうか??
とまぁ、今回のブログでは屋久杉自然館の様子をザッと紹介させてもらいました。
本当に一度のブログではとてもお伝えできないほど、面白い展示がたくさんあるので屋久島や屋久杉に興味のある方は立ち寄ってみて下さい!
雨の日とかでもオススメですよ!
最後に施設の情報を載せておきますね~。

 

 

開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料 大人 600円 高校・大学生400円 小・中学生300円
※団体20名以上は100円割引あり
※屋久島町民は無料
休館日 毎月第一火曜日
※カメラの撮影は自由です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白谷雲水峡&ヤクスギランド最新情報(台風の影響について)

カテゴリー別 Weblog公開日時

こんにちは!
台風19号が通過する前から通行止めになっていた西部林道(県道上屋久永田線)が、
昨日(平成26年10月17日)やっと通行規制が解除されて通れるようになりました。
今回は18号、19号と間をあけずに二つの台風がやってきたので、影響も大きかったのではないかな?と思います。
台風が通過してからすぐに、ちょうど白谷雲水峡とヤクスギランドへと仕事で行ってきたので森の様子や台風の影響について最新情報をお知らせしたいと思います。

 

 

 

shirataniland2
まずは白谷雲水峡について。
現在、白谷雲水峡では台風による倒木などによって通行が不可能になっているコースはありません。
ただこれはヤクスギランドも一緒ですが、折れた倒木や写真のように根っこから倒れている木がたくさんありました。
森の中も心なしか所々が以前より明るくなったような気がします。
通行には支障がありませんが、台風の影響で落ちた葉っぱや小枝が登山道に多いので、登山をされる際は足元に注意して下さいね!

 

 

shitataniland1
そして、白谷雲水峡で目立って変わったのはこちらの景観かもしれないです。
「苔むす森」と呼ばれているエリアの正面に、切株に着生していたヤマグルマが倒れていました。

 

 

 

 

 

shirataniland
こちらの横になっているのが、その倒木です。
ここはよくガイドブックに載ったり、ポストカードになったりしている場所ですが少し景観が変わりました。
写真とかで見たことがある方は少し違うので、行ってみると「あれ?」となるかもしれないです。
またこの倒木もさらに苔むしてきて、徐々に緑に染まっていくんですかね?
光の入り方も変わったりすると思うので、変化を楽しみたいと思います!

 

 

 

shirataniland3
一方ヤクスギランドでは、倒木の影響で通行不能になっている箇所がいくつかあります。
こちらは、ヤクスギランドにあるコースの全体図です。
赤く×印がついている所が倒木により歩道が破損して通れなくなっている場所になります。

 

 

 

shirataniland4
拡大してみました。
②番から③番までのショートカットと、⑤番から⑨番までの仏陀杉歩道が通行不能です。
係の人に聞いてみると、特に仏陀杉歩道の破損が激しく、復旧には時間がかかりそうだ…とのことでした。
とはいっても、散策するのには大きな影響はないので心配しないで下さいね!
80分、150分コースは問題なく通れますし、帰りに迂回する必要はありますが、ちゃんと仏陀杉なども見る事ができます。

 

というわけで、白谷雲水峡とヤクスギランドの最新情報についてお知らせさせてもらいました。
大きな被害がなくて本当に良かったです。
荒川登山口~縄文杉までの登山道も問題なく通れるということでした。
みなさん怪我をしないように足元には十分注意しながら、屋久島の森を楽しんで下さいね~!

 

 

青山直樹

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールデンウィークの淀川登山口最新情報です!

DSC_2675

こんにちは!屋久島パーソナルエコツアーの青山です。
屋久島にもゴールデンウィークがやってきて、島内もレンタカーがたくさん道路を走り旅行者の方で賑わってきています。
今日(4月30日)淀川登山口まで行ってきましたので、淀川登山口の最新情報をお伝えしたいと思います。
ゴールデンウィークに縦走をされる方などは、気温や日の出の時間を参考にして下さい。

 
まず淀川登山口の混雑状況ですが、今日は朝5時20分の時点で登山口前の駐車場は一杯でした。
すでに何台かは写真のように路上駐車して車をとめているような状況でした。
さすが、ゴールデンウィークといった感じですね…。
淀川登山口は駐車場が狭いために、シーズン中は駐車場にとめるのが難しいです。
少し歩くことになりますが、他の車の通行に支障がないような所で路上駐車をするようにして下さい。

 

DSC_2666

次に気温ですが淀川登山口は標高1370mの場所にあるので、里とは気温がまったく違います。
朝の気温ですが、淀川登山口では気温が7℃でした。
里では朝の気温が15℃でしたので、大体8℃ぐらいの気温差があることになります。
縦走や日帰りで野黒味岳、宮之浦岳登山をする場合は、まだまだ防寒対策が必須といえますね!
僕は朝長袖tシャツとレインウェアを着ていましたがけっこう寒く感じましたね…。
フリースかダウンジャケットが欲しいな…と思えるような気温でした。

縄文杉付近の標高も大体約1300mぐらいですので、高塚小屋での宿泊を考えている方も淀川登山口の気温が参考になります。
5月とはいえ、ゴールデンウィーク中は朝と晩は10℃以下まで気温が冷え込むと考えて下さい。
山小屋やテント泊をされる場合は、薄手のダウンジャケット、フリース、帽子、手袋の他に、念のためほっかいろを持っておくことをオススメします!

DSC_2663

現在屋久島の日の出の時間は5時35分になります。
ですので、朝の5時30分ごろになるともうヘッドライトがなくても行動ができるぐらいに明るかったです。
写真は5時50分ごろに撮影したもので、もう大分明るいですね。

 

久しぶりに淀川登山口から淀川小屋までの森を歩きましたが、やっぱりこのルートの森の雰囲気は大好きです!
ぜひこれから来られる方は、途中で少し立ち止まって森の中でゆっくり深呼吸してみて下さい。
特に朝の空気は最高に気持ちいいですよ♪

 
最後に今日の情報をまとめて載せておきますね。

 
4月30日 淀川登山口情報

標高 1370m

気温  7℃(AM 5時30分)  里との気温差 約8℃

日の出の時刻  5時35分

日の入の時刻  18時54分

 

 

青山直樹

 

2014年 縄文杉・荒川登山バス情報

カテゴリー別 Weblog公開日時

DSC_2502

屋久島も4月に入り、あともう約2週間ほどでGWを迎えます。
いよいよ屋久島に本格的なオンシーズンがやってきますね。
GWになると縄文杉は混雑が激しく、ピーク時には一日で約1000人もの登山者が訪れるほどになります。
縄文杉を目指す場合は多くの登山者が荒川登山口からトレッキングをスタートしますが、
数年前から環境負荷の軽減と混雑緩和のため一般車両の乗り入れ(3月1日~11月3日)を規制しています。
荒川登山口までは屋久杉自然館からこちらのシャトルバス、もしくはタクシーを利用して向かうことになります。
今年はバスの時間と4月から消費税の関係で料金が若干変更になりましたので注意して下さい。
2014年4月からの荒川登山口シャトルバスの情報を下記に掲載しておきます。

屋久杉自然館発(荒川登山口行き) 所要時間 約35分
5:00
5:20
5:30
5:40
6:00(6月は運休)
13:00

昨年度までは4;40分が始発でしたが、今年からは始発が5:00になりました。
バスは20分間隔での運行になっています。

 

DSC_2501

荒川登山口から屋久杉自然館へのバス時刻は写真と以下の通りです。

荒川登山口発(屋久杉自然館行き)
7:00
14:00
15:00
16:00
16:30
17:00
17:30
18:00
18:30(7月20日~8月31日のみ)

帰りのシャトルバスの時間の関係で、日帰り縄文杉に行かれる方は縄文杉を1時までに引き返さなければいけません。
時間をしっかりと確認して安全なトレッキングが出来るように気をつけて下さいね。
暗くなった森は本当に真っ暗で何も見えません…!
もしもの時のために装備を整えて、ヘッドライトや非常食などは持って行くようにしましょう。

 

DSC_2508

料金は4月から片道850円→870円に変更となりました。
バスチケットを買い忘れた場合も当日の朝手に入れることはできますが、GWやシーズン中はかなり混雑するので事前購入するようにして下さい。
バスチケットは港や空港などの観光案内所をはじめ、土産物売り場、宿泊施設、登山用品レンタルショップなどでも扱っているお店があります。

 

 

DSC_2457

縄文杉は往復22キロのかなり長距離なハードコースです。
くれぐれも体調管理に気をつけて安全に登山できるように心がけましょう!

 

 

 

青山直樹

 

2013年1月23日、屋久島に帰ってきました。

カテゴリー別 Weblog公開日時

屋久島に帰ってきました
1月4日から21日まで、東京の実家のほうへ里帰りしてまして、
昨日やっと屋久島へ帰ってきました。

1月14日には新宿ネイキッドロフトで屋久島自然音ライブだったのですが、
関東地方が大雪で大変な日になってしまい、予約の方が40名ほどいたんですが
ほとんどの方が来れず。。。
でも、それでも長野から来てくれた友達など15人ぐらいの方々が来てくれました。
来てくれたみんな!どうもありがとうございます!

ほんとにみんなの笑顔が見れてうれしかったよ~
また来年、ライブの企画をしますので、よろしく!

と、10年ぶりぐらいの友達と再会することが多かった
東京ツアーでした(笑
おかげでかなり寝不足。。。。肝臓もちょっと休憩が必要みたい。。。

屋久島の空港に降りた瞬間、
「お~この匂い!!」深呼吸。。。あ~空気がおいしい~

ほっとしますね、家族がいる我が家、
そして、屋久島。

 

 

 

 

 

 

 

 

ミソサザイをやっときれいに撮れました。

カテゴリー別 Weblog公開日時

ef46515bd32d9a248459d7688dc7cf45

ミソサザイ

全長10.5cm。全身こげ茶色で細かい模様をしています。日本では全国に分布していて、山地の渓流ぞいの藪や岩のある林などに生息しています。
冬にはより低い山地や山麓の沢や岩のある林へおりてきます。
ミソサザイは山の谷あいのうす暗い林が好きな地味な鳥で、ふだんはヤブの中にもぐって暮らしています。スズメより小さい、日本でも最も小さな鳥のひとつですが、からだに似合わぬ大声で長くうたい続けることで有名です。

 

f2886d45cf4f13ae884afc3a61a86d70

鳥たちが集まって、いちばん高く飛べたものを自分たちの王として認めることになりました。ワシは太陽まで昇って行き、戻ってくると自分の勝ちを宣言しました。ところがミソサザイは、私はもっと高く昇ったと主張しました。ミソサザイはワシの首につかまって一緒に太陽まで昇り、ワシがいちばん高いところに達したとき、ミソサザイはそれより高くハネあがっていたというのです。鳥たちはミソサザイを鳥の王と認め、王冠をさずけました。
西洋ではミソサザイを「王さま」とか「年寄り」と呼びます。その理由をギリシャの哲学者は「弱々しいけれどもチャッカリ屋で器用で、暮らしっぷりが楽々としているところから」と言い、ワシのライバルに見たてているのは、この話がヒントになっているのかもしれません。

 

日本の鳥百科より。

 

 

 

 

 

録音日和

カテゴリー別 Weblog公開日時

 

私たちのライフワークのひとつでもある、屋久島の自然音を録音取材に行きました。

時間がたっぷりあり、お天気もよく、風のない日というのが、ベストコンディションなのですが、

オフシーズンの冬場というのは、なかなか風のない日がなくて、何日も待ち続けて、

天気予報とにらめっこして、今日はようやく訪れた「千載一遇のチャンスの日」でした。

子供たちを学校へ送り出し、いざ西部林道経由で目指す大川の滝へ。

1

 

朝日は森を眩しく照らしていました。照葉樹林の冬でも青々とした木々に点在する紅葉した木がとても綺麗。

 

2

 

大川の滝。このすぐ下流は海だなんて信じられませんね。(岩陰になっていますが、録音中です)

3

こんな小道を抜けると

 

4

 

まるで浦島太郎が海から亀にのってあがってきそう!

 

5

 

 

ここで波音を録音。(真剣です!!いい音撮れましたよ~)

 

6

 

滝からの流れが数分後には、海へ・・・。

7

 

この大きな自然の音とどんな感じで音を紡いで行こうかな・・・。

 

新宿でのライブ、乞うご期待!!

 

 

 

 

さつき吊り橋の上

カテゴリー別 Weblog公開日時

2d8c5fb7b89e1cef97295e34003405d0

昨日、白谷雲水峡に行ってきました。 
風が強かったですが、途中から晴れてきて気持ちよかったです
下山時のさつき吊り橋の時、ちょうどよく日が傾き、みんなでポーズ!!

この影を見てるとまだまだ元気ですね(笑

 

 

 

屋久島パーソナルエコツアー 白谷雲水峡ツアー
http://www.relaxin-yaku.com/shiratani.html

 

 

 

 

 

 

 

カリンバ自然音セッション

カテゴリー別 Weblog公開日時

カリンバ自然音セッション

 

2013年1月14日 新宿ネイキッドロフトにてライブが決定しました。
都合の良い方は遊びにいらしてくださいね!

「森と水の島、屋久島の自然音ライブ vol.2」

前半は、屋久島在住18年のネイチャーガイド青木が撮りためた、
屋久島の大自然の写真を見ながら、屋久島の特長や魅力を解説。

後半は、屋久島の自然音と写真を交えた、

即興民族音楽演奏のコラボライブ!

※当日、屋久島料理が楽しめます!
サバ節野菜スープ トビウオの燻製 三岳のお湯割りなど。。

【出演】
青木高志(アコースティックギター&ボーカル)
青木あきこ(キーボード)

【ゲストミュージシャン】
Earth Conscious
BUN Kalimba(カリンバ)
那須 仁 (一五一会 4本弦)
宮武 理恵 (フレームドラム ハング)

OPEN 18:30 / START 19:30
前売¥1,500 / 当日¥2,000(共に飲食代別)

※ご予約はネイキッドロフト店頭電話&ウェブ予約にて!!
電話→ 03-3205-1556(16:30~24:00)
ウェブ→ http://www.loft-prj.co.jp/naked/reservation/
※ご入場は当日の先着順になります。

 
場所はこちら
 
 
都合のいい方は、遊びにいらしてくださいね~
 
 
 
 
1 / 40123...最後 »