縄文杉キャンプ

ウィルソン株って…?

ウィルソン株 中

この写真がなんの写真か、一目見たら分かる方も多いのではないでしょうか?
これは、縄文杉に行く途中にある「ウィルソン株」という切株の中から空をとった写真です。
ある場所から空の写真を撮るとこのように、切株の穴がハート型に見えるということで、縄文杉ルートでも人気スポットになっています!
本当に見事なハート型に見えるのがすごいですよね~。

 

ウィルソン株 (3)

こちらの写真は、ウィルソン株の外観です。
ウィルソン株は、切株の周囲が13.8m、切られた時の推定樹齢が約3000年といわれています。
内部は畳10畳分ほどの広さがあり、かなり大きな切株です。

この「ウィルソン株」という名前ですが、アメリカの植物学者であるウィルソン博士が大正3年に屋久島へ来島し、
日本の針葉樹の森を初めて世界に紹介した方で、屋久島へ来島した記念でウイルソン株と名付けられました。
(ウイルソンさんはラン科の植物ハンターだったとも言われていまして、屋久島のめずらしいラン科の植物をアメリカへ持ち帰った可能性は大です。)

それまでは、この切株は島の人達から単に「大株(おおかぶ)」と呼ばれていました。
なので、今でもトロッコ道からウィルソン株に至るまでの道を「大株歩道」と呼んでいます。

ウィルソン株の中には、屋久島の神様である「彦火火出見命(ヒコホホデミノミコト)」と「久久能智命(ククノチノミコト)」
をまつった木魂神社があり、いつもツアーの際はここで安全祈願をして行きます。

個人的に、ウィルソン株の中は本当に神社のような神聖な雰囲気があって、お参りをすると身が引き締まる感じがします…。
ウイルソン株の入り口に鳥居があった昔の写真もありますね

ウィルソン株 (2)

また、ウィルソン株は天正14年(1586年)に豊臣秀吉が島津氏に命じて、方広寺大仏殿の用材として、
伐採させた切株の一つともいわれていたんですが…。
お寺に使うような大きな用材を深い森の奥から下界に運ぶことが当時可能だったのか?という疑問が残ります。

さらに、このウィルソン株が切られた後に育っている杉が樹齢300~350年ぐらいで、
秀吉の時代から100年ほどずれていることなどから、
現在では、ウィルソン株は江戸時代になってから伐採されたという説が有力なようです。

ただ、どちらにしろこのウィルソン株がかなりの巨木であったことは間違いないです!
切られる前のウィルソン株を見てみたかったですね~。

ちなみに、屋久杉自然館の中にはこのウィルソン株の切られる前の再現映像コーナーがあるので、
興味がある方はぜひ一度行ってみて下さい!

ABOUT ME
青木高志
青木高志
1993年から屋久島に移住。 屋久島ガイド歴21年。 屋久島パーソナルエコツアー代表 屋久島公認ガイド 日本山岳ガイド協会認定ガイド。 大好きなこと。 ①音楽が大好きでバンドでギターを弾くのが楽しみ。 ②焚き火が大好きでダッチオーブンでサーモンやトビウオの燻製料理が得意。 ③旅が大好きで、20代の頃はインド、ネパール、タイ、などを放浪。 ④キャンプが大好きで、縄文杉キャンプツアーをしている。 ⑤自給自足的な暮らしがしたい。原木シイタケにはまっている ⑥写真を撮るのが大好きです。 屋久島に関するお役立ち情報をブログやSNSで発信しています。
こんな記事もおすすめ