島の暮らし

カリンバワークショップとリトリートツアー

7月14~16日、屋久島平内地区にあるユースホステル、「サウスヴィレッジ」で

民族楽器「カリンバ」を作るワークショップ、リトリートツアー、ライブを開催しました。

 

講師は、BUNさんという、パーソナルエコツアー代表青木高志さんの長年の友人で

東京在住の民族楽器奏者であり、カリンバ創作者です。

カリンバというのは、こんな楽器。

<師匠BUNさん作>

 

屋久島の森の中でオルゴールのような素朴でかわいい音色を奏でたいね。

という会話をしたのがこのイベントを計画するきっかけでした。

 

自分で作る!といっても、きちんとした音色が出るものじゃないと、楽しくないよね。ということで、上面の板に自由に絵を描くというのが今回のワークショップ。

 

7月14日(土)

はじめにBUNさんが、このような

サラの土台を作っていてくれて、それに

自分たちで好きな模様をカーボンでコピーして

焼き鏝(コテ)で焦がしながら描いていきます。

ゆっくりゆっくり、失敗はできないので慎重に。

これは↑友人の、

こちら↑は、私の柄です。

東京、下町、町工場の職人さんが丹念に作ってくれたピアノ線を磨いて、

1本1本丁寧にBUNさんが調律。

ビブラートがうまく出る位置に穴をあけて(側面の材料はココナッツです)

完成!(約5時間かかりました~)

それぞれに個性的な図柄が出来上がりました。

弾き方のレッスンもしてくれます。とても簡単で、素敵な感じで弾けます。

みんなの楽器のキー(音階)が合っているので合奏が心地よいです。

 

 

そして翌日15日、それぞれに思いの詰まった自分のカリンバを手に屋久島の森のへ。

 

途中の岩で奉納演奏 とても神聖な気持ちになりました。山の神様にご挨拶をしているような。。。

 

淀川に着いて静かな川のせせらぎと鳥の声とカリンバと。

一期一会のコラボレーション演奏。

 

ずっと奏でていると自分の体内にある水分が震えて自身と自然と音魂が一体化するような、音符たちが私の周りを飛び回るような、不思議な感覚になりました。

軽くてコンパクトなので、ちょっとしたお出かけにもいつでも連れていきたくなります。

 

ヒメシャラのお花でおめかし*^^*

 

ちなみに、私の図柄は、自宅ベランダから見える景色(波と蝶々と雫)と、子どもたち(男の子と女の子で太極図)を表してみました。 愛着わくなぁ(笑)

 

最終日16日は講師BUNさんと、高志さん、そのフレンズでライブ!

しっとり聞く曲、

 

 

最後はノリノリで踊りながらきく、とても楽しい夜宴となりました。

 

 

当店に3台限定でレンタル用カリンバがあります。

エコツアーの途中、森で奏でてみたいな。と思った方は

お問い合わせください。

 

またこのようなイベントを企画する予定です。ご興味のある方はぜひ当店の

ウェブサイトをチェックしていてくださいね!^^!

 

文末ですが、このイベントにご参加くださった皆さん、

場所を快く提供してくださったサウスヴィレッジのオーナーさん、

そしてはるばる、東京から屋久島にWSを開催するために来てくださった

BUNさん、ありがとうございました。

<亜紀子>

 

 

ABOUT ME
青木高志
青木高志
1993年から屋久島に移住。 屋久島ガイド歴21年。 屋久島パーソナルエコツアー代表 屋久島公認ガイド 日本山岳ガイド協会認定ガイド。 大好きなこと。 ①音楽が大好きでバンドでギターを弾くのが楽しみ。 ②焚き火が大好きでダッチオーブンでサーモンやトビウオの燻製料理が得意。 ③旅が大好きで、20代の頃はインド、ネパール、タイ、などを放浪。 ④キャンプが大好きで、縄文杉キャンプツアーをしている。 ⑤自給自足的な暮らしがしたい。原木シイタケにはまっている ⑥写真を撮るのが大好きです。 屋久島に関するお役立ち情報をブログやSNSで発信しています。
こんな記事もおすすめ