島の暮らし

屋久島暮らし~作業小屋を作るぞ!その1

sagyou0

屋久島の安房という東側にある約230坪の土地を購入。
これから建てる我が家のために、まずは作業小屋を作ることになりました。

まずは杭をつって、野地板を張り、道糸を使って水平を出します。

sagyo1

水平を取った後は、直角をとりながら基礎のセメント作り。
ちょうどよく、廃材捨て場へ行ったときに電柱の廃材があり、それを安く購入。
サンダーで均等に切り、セント型枠の出来上がり。
丸太は土地のおじさんがユニック代こみで安く譲ってくれ、皮をむいたところ。

sagyou2

棟梁が丸太に墨を入れ、切込みの最中。 くいたん(丸太を角材に製材するときにでた廃材)を
トラック一杯で4000円購入し、いろんなサイズに分類し使えそうな板を製材する。

 

sagyou3

さあ~今日は朝から組立だぞ! 気合い入れていきましょう!
まずは先ほどの電柱型枠セメントの上に柱を建てて、セメントに差し込んである刃金にボルトを打ち込み
柱の脇に支えの木をうち仮止めしておきます。
そして2本の柱がたった後、4mの丸太張をあらかじめ切ってある柱に組み立てます。
これが大変でした。。。
4mの丸太を2人で持ち上げるのがやっとなのに、柱が3m以上あるので、
脚立に乗ってその丸太を上にあげなければならないという。。。。危ない作業でした。。。。
が、なんとか作業完了!!

 

sagyou4

奥にも同じく4mの丸太を柱の上にのせます。
奥に柱は最初の柱より1m下がってますので(屋根のこう配のため)
先ほどよりかは若干らくだったかな?。。
なんとか、無事この作業を終え、ちょっと一服。。

いや~ここまできたね~

次ぐに続く。。。

 

ABOUT ME
青木高志
青木高志
1993年から屋久島に移住。 屋久島ガイド歴21年。 屋久島パーソナルエコツアー代表 屋久島公認ガイド 日本山岳ガイド協会認定ガイド。 大好きなこと。 ①音楽が大好きでバンドでギターを弾くのが楽しみ。 ②焚き火が大好きでダッチオーブンでサーモンやトビウオの燻製料理が得意。 ③旅が大好きで、20代の頃はインド、ネパール、タイ、などを放浪。 ④キャンプが大好きで、縄文杉キャンプツアーをしている。 ⑤自給自足的な暮らしがしたい。原木シイタケにはまっている ⑥写真を撮るのが大好きです。 屋久島に関するお役立ち情報をブログやSNSで発信しています。
こんな記事もおすすめ