屋久島動画

屋久島エコツアー!もっと深い森の中へ

屋久島の西部地域にある照葉樹林・ガジュマル巨木の森ツアーの動画です。
3~4月は常緑樹の新緑がとてもきれいな時期です。
このエコツアーは川沿いを下って歩き、その川の水が海に流れるところまで歩いていきます。
途中にガジュマルの巨木やアコウの巨木など亜熱帯系の植物も多く見られる森です。

4月上旬はサクラツツジが満開でとてもきれいな時期です。
森の中を歩いていると、ひそやかに桜ツツジが咲いていて心を打たれます。

gajumaru

この日は、15年ぶりに屋久島を訪れた友人〇さん、Kちゃん、やっち~と
「照葉樹林・ガジュマルの巨木ツアー」に行ってきました。
gajumaru3nin

屋久島をイメージすると屋久杉とか苔を思い出しますが、「ここもまた屋久島なのか!」といった感じの森です
ガジュマルの大きさに圧倒されますね!
だらーんと垂れているのが「気根」と言って、空気中で水分を得ている根っこになります。
この気根が地中に達すると幹になっていきます。
またほかの木にもその気根がからみつき、絞め殺し木としても有名です。
ガジュマルの気を切ってみると、たいていはほかの気が入っています。
ですから、切っても年輪はわからないんです。
このガジュマルの巨木もひょっとしたら、千年ぐらいたっているかもしれませんね。。。(だれにもわからない。。)

gajumarumori

世界自然遺産にも入っているこの照葉樹林。カシやシイの木が多い常緑樹の森です。

常緑樹は年中葉っぱがつきっぱなしですので、(長いものでは7,8年葉がつきっぱなしの植物もあります。)
葉が焼けないように、葉の表面がキラキラ光っていて太陽の光を反射させる能力を持っています。
ですから、常緑の森を遠くから見るとキラキラ光って見えるので、照葉樹林と言います。

。(。)
屋久島の西部にあるこの森は、アジアでも最大級の森とも言われています。
屋久島でも唯一、海岸線沿いから頂上までの垂直分布が残っているエリアなんです。

 

 

 

ABOUT ME
青木高志
青木高志
1993年から屋久島に移住。 屋久島ガイド歴21年。 屋久島パーソナルエコツアー代表 屋久島公認ガイド 日本山岳ガイド協会認定ガイド。 大好きなこと。 ①音楽が大好きでバンドでギターを弾くのが楽しみ。 ②焚き火が大好きでダッチオーブンでサーモンやトビウオの燻製料理が得意。 ③旅が大好きで、20代の頃はインド、ネパール、タイ、などを放浪。 ④キャンプが大好きで、縄文杉キャンプツアーをしている。 ⑤自給自足的な暮らしがしたい。原木シイタケにはまっている ⑥写真を撮るのが大好きです。 屋久島に関するお役立ち情報をブログやSNSで発信しています。
こんな記事もおすすめ