屋久島の動物・鳥・昆虫

アカウミガメの産卵がピークを迎えています。

umi

屋久島の西側にある永田浜(いなか浜)。
この花崗岩が砕けたきれいな砂浜に毎年5~6月ごろ、アカウミガメが産卵しに上陸してきます。
ワンシーズンでなんと1000頭以上のアカウミガメがこのいなか浜に上陸してきます。
その数は世界でも有数です。当然、圧倒的に日本一多くのアカウミガメが産卵しにやってくる砂浜です。
umigame

甲長が約80~100cmあるアカウミガメ。
明かりに非常に弱く、ほとんど夜中に産卵しに上陸してきます。
産卵しているときに涙を流しますが、これは別に痛いとか悲しいわけではなく、
普段は海中で生活しているため陸に上がってくると超ドライアイになるため
涙を流しながら産卵しています。(笑

深さ約60cmぐらいの穴を後ろの足で上手に掘り、
1回の産卵でおよそ100~120個のピンポン玉ぐらいの卵を産みます。
年に3~5回ほど産卵しにやってきます。

アカウミガメは動物食の強い雑食で、主にカニやエビといった甲殻類、貝類などを好んで食べます。
近年、アカウミガメにチップを埋め込んでどのくらい海を泳いでいるか調査していますが、
なんと太平洋をぐるりと回っていることがわかっています。

卵は砂の熱により暖められますが、面白いのはこの砂の温度でオス・メスが決まると言われています。
温度が29度より高いとメス、低いとオスが生まれることが多く、
ほんの2,3度の違いで、全てがオスかメスの一方になることもあります。
現在、地球温暖化のため地中の温度が高いとメスばっかり生まれることになります。。。

そのことをアカウミガメもわかっているのか?!
ここ数年は徐々に産卵する時期が早くなってきています。
通年6月が産卵のピークですが、最近では4月に産卵しにやってくるアカウミガメもいます。

umigamenoko

卵は50~80日で孵化します。
屋久島では8月になると、
永田の前浜やいなか浜で夕方や朝方に、子亀が海に帰るシーンに出会うことがあります。
この子亀ちゃんたちが大きく成長できるのは、5000分の一ぐらいと言われています。。。

そして、やっと大きくなったアカウミガメはまたこの屋久島の砂浜に帰ってくるといわれていますが、
今のところその科学的証拠はありません。

がんばれよ~!!
またこの屋久島で会える日まで!

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
青木高志
青木高志
1993年から屋久島に移住。 屋久島ガイド歴21年。 屋久島パーソナルエコツアー代表 屋久島公認ガイド 日本山岳ガイド協会認定ガイド。 大好きなこと。 ①音楽が大好きでバンドでギターを弾くのが楽しみ。 ②焚き火が大好きでダッチオーブンでサーモンやトビウオの燻製料理が得意。 ③旅が大好きで、20代の頃はインド、ネパール、タイ、などを放浪。 ④キャンプが大好きで、縄文杉キャンプツアーをしている。 ⑤自給自足的な暮らしがしたい。原木シイタケにはまっている ⑥写真を撮るのが大好きです。 屋久島に関するお役立ち情報をブログやSNSで発信しています。
こんな記事もおすすめ