OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「はじめて屋久島に行くんだけど、トレッキング(登山)なんかしたことない!」
「何をもって行ったらいいのかまったくわからない」など、
 このような不安を思っている方はかなり多いかと思います。
そこで、
はじめて屋久島トレッキング(登山)をする方に知って欲しい
7つのポイントをご紹介いたします。

 

① 事前の準備

まず屋久島でトレッキング(登山)を楽しむために必要なのが体力です。
日帰り縄文杉の往復の場合一日で22キロ、約10キロを歩くコースになります。
日帰り宮之浦岳の往復はもっと厳しいコースで往復は約16キロで10時間~11時間歩きます。
一日で10時間歩くコースになりますので、
当店屋久島パーソナルエコツアーでは1泊キャンプツアーをおすすめしております。
それでも縄文杉キャンプですと約7キロのザックを担ぎ、片道11キロは歩きますので、
それなりの体力は必要になります。
ですので、まずは事前に体力作りを必ず行ってください。

1、一日に30分以上歩く。
2、階段を登ったり降りたりを繰り返す。

3、スクワットを一日20回程度(やりすぎると膝によくない)
これを1ヶ月以上やればかなり登山に必要な筋肉がつきますので
頑張ってください。
体力がつけば余裕をもって歩くことができ、心の余裕もできますので
屋久島ガイドの説明もよく理解できて、楽しいトレッキング(登山)になりますよ!

 

 

 

 気温と服装について

屋久島は南の島なので、温かくて温暖だと思っている方も多いと思いますが、
山があるため標高によって気温がまったく違ってきます。
冬になると山間部では、2メートル以上雪が積もります。
亜熱帯~冷温帯までの植生が山に垂直分布している屋久島。
沖縄~北海道までが凝縮された島ですので、登山場所や目的に応じて服装もかわってきます。

詳しくはこちらのページへ

屋久島の気温と服装

 

 

③ 屋久島トレッキング(登山)の装備・持ち物

rentaru9

 

持ち物

 

キャンプツアーで必要な装備 日帰りエコツアーで必要な装備
ザック40L以上 ザックカバー ザック20L以上 ザックカバー
レインウエア  レインウエア
ペットボトルもしくはマイボトル ペットボトルもしくはマイボトル
朝、昼のお弁当 昼食のお弁当(早朝出発の場合朝食も)
シュラフ 3シーズン用  
 シュラフマット  
 ヘッドライト  
 ストック(杖)1本でOK  

詳しくはこちらのページへ

屋久島キャンプトレッキング(登山)で必要な装備

詳しくはこちらのページへ
屋久島日帰りトレッキング(登山)で必要な装備

 

 

④ 屋久島の雨対策

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

屋久島の雨は降るときは半端じゃありません。
よく「ラッキョウのような雨」と表現されるほどの大粒の雨が降ることがあります。
1時間に40mmの雨ぐらいは普通に降る屋久島です。
雨対策はしっかりしておきましょう!
まず、ポイントはとにかく絶対濡らしたくないものはビニールに入れるということです。
シュラフは頑丈なビニール製のごみ袋に入れます。
着替えやタオルは大き目のジップロックにいれ空気もある程度抜くとコンパクトにまとまります。
そしてさらに、ザックの中に大き目のごみ袋をいれて2重にしておきます。
あとは、ザックカバーをかけておけばまず大丈夫です!

 

 

⑤ 屋久島の登山道の安全な歩き方

 

屋久島の登山道は花崗岩の石だたみの道と根っこが露出している道になります。

登り方
下り方

詳しくはこちらのページへ
屋久島登山の安全な歩き方

 

⑥ 屋久島のベストシーズン

春から夏にかけてが一番のハイシーズンになる屋久島。
標高によって気温が違うので、屋久島の中でもどこに行きたいかで
おすすめの季節は異なります。

縄文杉キャンプに行きたい!という方は、日が長い7~8月がおすすめ
白谷雲水峡に行きたい!という方は、花がきれいな4~5月
宮之浦岳縦走キャンプに行きたい!という方は、高山植物が多く咲く8から9月

屋久島の青い沢で泳ぎたい!という方はやっぱり8月ですよね。

詳しくはこちらのページへ
屋久島のベストシーズン 

 

 

⑦ 屋久島を満喫するためのおすすめセットプラン

2泊3日もしくは3泊4日で屋久島旅行に行きたいんだけど、
効率よく屋久島を満喫するにはどのようなプランを立てればいいのでしょうか?

白谷雲水峡や縄文杉キャンプ、宮之浦岳登山キャンプなど
見どころ満載の屋久島ですが、体力や目的が人によってそれぞれ違いますよね。
そこで、
森の中でゆっくり過ごしたい方かた向けコースプラン
ちょっとアクティブに遊びたいかた向けコースプラン。
当店オリジナルプランを考えてみましたので、
参考にしてください。
詳しくはこちら
屋久島を満喫するためのおすすめセットプラン

 

屋久島パーソナルエコツアーに参加された方々の感想です。

 2017年 お客様の声はこちら