屋久島を知り尽くした現地ガイドブログ

秋の屋久島を満喫! 淀川の森トレッキングツアー

カテゴリー別 屋久島パーソナルエコツアーについて公開日時

 

 

屋久島の低山では照葉樹林がひろがり、高山では針葉樹林の原生林が生息している。

落葉広葉樹林がないので、真っ赤に燃えるような紅葉は屋久島では見ることができません。
山全体が燃えるような紅葉が見たい方は日光とかに行ってください。

そんな紅葉が貴重な屋久島の中でも特におすすめ紅葉ポイントが、
ここ、淀川です。

この淀川のほとりに生息している
ヒメシャラ、コハウチワカエデ、ナナカマドなどの紅葉が見事です。
10月の下旬から11月中旬までがおすすめです。

 

お昼にお弁当、レインウエアー、防寒着を持って出発!
「朝日が森に差し込んできた!」
濃いー朝の森の酸素をゆっくり深呼吸しながら歩いて行きます。

 

樹齢千年以上の屋久杉の枝の上に苔が厚くつき、ほかのいろんな植物のいい苗床になっている。

 

名も無き屋久杉。
樹齢2千年以上はある巨木です。

 

淀川登山口から淀川まで不通に歩くと約1時間ぐらいで到着しますが、
このトレッキングコースの途中にはたくさんの貴重な植物、苔などが観察できます。
屋久島を知り尽くした屋久島公認ガイドの解説を聞きながら歩くと
森の見え方が違ってきます。

 

 

ツガの巨木に着生するイワガラミも紅葉してきれいですね!
なんか首輪をかけた感じ。

 

コハウチワカエデの紅葉が綺麗です。

 

 

屋久島は花崗岩の巨石の島で、とても急峻な島で雨が多いため土壌があまり蓄積されず、
根っこが横へ横へと這いつくばっている森です。
雨の日は下り根っこ注意です。

 

太古の昔から伝わる
ヤクスギ、モミ、ツガの針葉樹の原生林をトレッキング。
自分たち人間が小さく感じます。

静寂した森の中に流れる淀川のせせらぎを聞きながら昼食のお弁当!

 

淀川のおいしい軟水でコーヒータイム。
ゆったりとした森の贅沢な時間です。

鏡のような淀川の水を優雅に飲んでいるヤクシカ。
まるで絵のようでした。

 

詳しくはこちら

淀川の森トレッキングツアー詳細

 

 

お客様の声 2019年

 

 

 

 

 

 

関連の記事