屋久島ガイドツアー

屋久島ガイドツアー 人気ベスト5

サブちゃん
サブちゃん
はじめての屋久島なので、ガイドツアーに参加したいんだけど、おすすめの屋久島ガイドツアーってどんなのがあるのかな?
ヤックン
ヤックン
屋久島を知り尽くした現地プロガイドがおすすめする、屋久島ガイドツアーベスト5を紹介するよ!

屋久島は山、森、川、海、滝が凝縮している島です。
山ではトレッキングやキャンプを楽しむことができます。
川ではリバーカヤックや沢遊び、滝では水しぶきを浴びての深呼吸。
海ではシュノーケルやダイビングが楽しめます。

そんな多種多様な自然を体験できるのが屋久島の最大の特徴です。

屋久島を知り尽くした現地プロガイドがおすすめする、
屋久島ガイドツアーベスト5を紹介いたします。

 

1位 宮之浦岳1泊2日ピストンキャンプツアー


九州最高峰でもある宮之浦岳(1,936m)は、
屋久島の世界自然遺産エリアの核心部になります。
「屋久島といえば縄文杉!」というイメージがいまだに強い感じがしますが、
屋久島の自然の神髄を体感したい場合、やはり宮之浦岳登頂はおすすめです。

淀川登山口から出発

標高1300m付近にある淀川登山口。
人里の安房地区から登山口まで車で約1時間30分かかります。
途中に屋久杉ランドや紀元杉に立ち寄って、
14時ぐらいには淀川登山口に到着します。

定員約40名ほどの淀川小屋に泊まる


ゆっくり歩いて、約1時間半のところに淀川小屋があります。
無人の避難小屋で定員は40名ほどですが、
ゴールデンウイークの時などハイシーズンは満員で泊まれないこともあります。
庭に10テントぐらい張れる場所があるので、必ずテントは持って行きます。

荷物を軽くして快適な登山がおすすめ


淀川小屋にキャンプ装備などを置かせてもらい、
宮之浦岳までピストン登山するのがおすすめです。
早朝4時には起床して、朝ご飯を食べて、
お昼のおにぎりを作ってから5時30分頃出発。

淀川登山口から宮之浦岳までコースタイムでは所要時間が4時間ぐらいですが
ゆっくり行っても10時30分頃には宮之浦岳に登頂できます。

日帰りで宮之浦岳を往復す場合10時間以上かかりますので、
淀川小屋に1泊して早朝に出発するようにすると、
かなり時間的に余裕がありますのでおすすめです。

体力に自信がない方は宮之浦岳までの半分ぐらいのところにある
黒味岳(1,831m)登山がおすすめです。
黒味岳でも十分に屋久島の自然を満喫でき、
黒味岳頂上から見る、洋上アルプスのパノラマは絶景です。

 

 

2位 縄文杉1泊2日キャンプツアー


朝日を浴びた神々しい縄文杉。
神聖な朝の空気に包まれた縄文杉の森をじっくり堪能できます。

縄文杉までの行程は、トロッコ道を約8キロと山道を約3キロで片道11キロのコースになります。日帰りで縄文杉まで行って帰ってくる場合、所要時間が約10時間かかるコースになります。
そこで、縄文杉から200mぐらいのところにある高塚小屋に1泊(テント泊の時もある)
することで、時間的にかなり余裕ができます。
縄文杉までの登山道に生息している、
いろんな植物をじっくり観察しながら屋久島の自然を満喫でる、
縄文杉1泊2日キャンプツアーがおすすめです。

まずはゆっくり、トロッコ道を約8キロ歩きます。


大正12年から昭和45年までの約50年間、
本格的に屋久杉の伐採が行われました。
特に昭和30年代以降はチェンソーが導入され、
森全体が丸裸にされた皆伐の時代がありました。
戦後復興の木材需要がものすごかったためです。
その後、
赤土が見えるほどに丸裸にされた森の状況があまりにも酷いという事で、
自然保護団体の訴えが高まり、
昭和45年に小杉谷にあった屋久杉の伐採作業は閉鎖されました。

そして、約50年経った現在、
自然に復活してきた屋久杉の森を屋久島ガイドの解説を聞きながら
歩いて行きます。

途中のきれいな沢で寄り道


トロッコ道の途中にはきれいな沢がいくつもあり、
1泊2日で行く縄文杉ツアーですと時間的に余裕があるため
途中で寄り道をしてゆっくり行けるのが楽しいですね。

山道は根っこ注意!

屋久島の登山道は花崗岩の岩と根っこが露出した山道になります。
特に根っこが滑りますので足元注意で歩いてください。
特に下りは怪我をしやすいですので、蟹股のように横歩きをするといいです。
また、登山用ポールを持って歩いたほうが転びにくく安全です。
1泊2日縄文杉キャンプツアーは時間的に楽ではありますが、
1泊するのでやはり荷物は重たくなりますので、
ゆっくり歩くようにしてください。

ガイドが作る野外料理で乾杯!


縄文杉から10分ぐらい歩いたところに定員15名ほどの高塚小屋があります。
満員になって泊まれない時もありますので、
縄文杉1泊2日キャンプで行く場合は必ずテント持参していきましょう。
また高塚小屋付近には水場がありません。
縄文杉の下の水場まで汲みにいく必要があるので、大きめの水タンクを用意した方がいいです。

高塚小屋は3階建ての小屋になっています。
ここで屋久島ガイドが作る野外料理で乾杯するのが
縄文杉1泊2日キャンプの醍醐味ですね!

3位 白谷雲水峡トレッキングツアー

屋久島の中でもかなり苔が深い緑の森をトレッキングするツアーです。
屋久島に行くならまずは行ってみたい森で、
私たち屋久島ガイドも必ずおすすめしている森です。
丸一日かかて原生林コースから太鼓岩まで約8キロを歩くコースになります。

マイナスイオンたっぷりの沢で休憩しよう!

白谷雲水峡の苔むした森にはいくつもの沢が流れています。
沢のせせらぎを聞きながら、
マイナスイオンたっぷりの沢でコーヒーでも淹れて
ゆっくりするのがおすすめです。
ちょっと贅沢な森の時間を楽しみましょう。

太鼓岩からの望む洋上アルプスが絶景です!

白谷雲水峡に行く場合、
天気が良ければ是非行って欲しいのがこの太鼓岩(標高1030m)です。
正面に見えるのが九州最高峰の宮之浦岳(1936m)で、
九州の上位8位まで屋久島の山で占めています。
洋上に浮かぶ南洋のアルプスが屋久島なんですね。
冬に来ると山頂部では2m以上の積雪が見られます。

 

4位 エメラルドグリーンの沢遊び


屋久島に来たら是非行って欲しいのがこのエメラルドグリーンの沢遊びです。
宮之浦岳や屋久杉だけでなく、
このエメラルドグリーンの沢遊びも
現地プロガイドがおすすめするツアーになります。
夏限定の屋久島ガイドツアーになります。(7月10日から8月31日まで催行予定)

水の循環の島

島でこんなに水が豊富な場所は他にはないように思いますが、
屋久島は2,000m級の山がそびえ立ち、黒潮の暖流の影響で
山間部では8,000㎜から10,000㎜というけた違いな雨が降ります。
その雨が屋久島の森を駆け下りて再び海へ戻っていきます。
まさに「水の循環の島」なんです。

人間が本能的に求めている「幸せ」を体感

このエメラルドグリーンの沢でひと泳ぎすると、脳がスキッとして
「楽しい」「愉快」「気分爽快」「気持いい」「幸せ」
といった脳内物質であるBエンドルフィンがたくさん脳から分泌され、
どんどん脳を活性化させてくれます。
物質欲が満たされても決して味わうことのできない、
人間が本能的に求めている「幸せ」を体感してみてください。

 

5位 屋久島観光スポットを2日間で満喫できるツアー

屋久島は山、森、川、滝、海が凝縮している島です。
2泊3日や3泊4日での旅行を一度だけでは、
とても満喫しきれない、奥が深い自然があるのが屋久島です。
そこで、
はじめて屋久島に来られる方で、
すべて屋久島ガイドにおまかせしたいと方に、
おすすめなガイドツアーを企画しました。

樹齢約3千年の紀元杉に逢いに行きます。

車で標高約1,300m付近まで行けますので、
樹齢約3千年の紀元杉はあまり歩けない方でも行くことができます。
目の前で見る屋久杉の巨木は大泊力です。

ヤクスギランドを散策

屋久杉の森をゆっくり散策します。
お弁当を持ってこの沢で昼食。
川のせせらぎを聞きながらのちょっと贅沢な森の時間を満喫できます。

アカウミガメが産卵しにやってくる、いなか浜


花崗岩が砕けた砂浜です。
屋久島の中でも一番大きい砂浜。
ここに5月~6月にアカウミガメが産卵しに上陸してきます。

 

 

まとめ

サブちゃん
サブちゃん
屋久島の自然は奥が深いんだね~!屋久島ではガイドツアーを利用しないと行けない場所がたくさんあるんだね!
ヤックン
ヤックン
そうなんだよ! 

 

屋久島パーソナルエコツアー公式ページ

ABOUT ME
青木高志
青木高志
1993年から屋久島に移住。 屋久島ガイド歴21年。 屋久島パーソナルエコツアー代表 屋久島公認ガイド 日本山岳ガイド協会認定ガイド。 大好きなこと。 ①音楽が大好きでバンドでギターを弾くのが楽しみ。 ②焚き火が大好きでダッチオーブンでサーモンやトビウオの燻製料理が得意。 ③旅が大好きで、20代の頃はインド、ネパール、タイ、などを放浪。 ④キャンプが大好きで、縄文杉キャンプツアーをしている。 ⑤自給自足的な暮らしがしたい。原木シイタケにはまっている ⑥写真を撮るのが大好きです。 屋久島に関するお役立ち情報をブログやSNSで発信しています。
メールアドレスを登録いただきますと、ブログやYoutubuの更新情報をお届けします。

季節によって異なる屋久島のおすすめトレッキングコースなど、
屋久島のお役立ち情報をブログやYoutubuで配信しています。
ぜひ無料のメールマガジンに登録して更新情報を見逃さないでください。

 

メールマガジンの登録はこちら

こんな記事もおすすめ