屋久島といえば縄文杉!というイメージが強いですが、
縄文杉があるから屋久島は世界自然遺産になったわけではありません。

屋久島が世界自然遺産になった理由は主に、

①急峻な山々が連なる島に、亜熱帯から冷温帯の植生が垂直分布している事
②日本固有の天然の杉の森が生息している事
③アジアでも最大級レベルの照葉樹林が残っている事

この3つが世界自然遺産に屋久島が選ばれた理由になります。

そして今回、屋久島ガイドがおすすめするトレッキングコースが
この世界自然遺産地域をゆっくり歩く
「贅沢な森の時間を満喫!淀川トレッキングツアー」になります。

 

標高1300m付近にある淀川登山口。
ここから歩き始めます。
登山口から淀川まで約1.5キロ、通常1時間ぐらいのコースタイムになりますが、
当店がおすすめする淀川原生林トレッキングでは約2時間かけてのトレッキングになります。
屋久島の独特な自然をじっくり観察しながらのトレッキングです。

 

 

歩き始めてすぐにこのような屋久杉の巨木に出会えます。
樹齢2千年以上はありそうな屋久杉の巨木。
大きいですね~!!

ちなみに、この淀川トレッキングコースにある屋久杉には
名前がついていません。

 

モミ・ツガ・ヤクスギなどの巨木が生息する針葉樹の原始林。
太古から残る日本の森です。
屋久島の山間部では花崗岩の土壌で栄養素が少なく、また多量な雨が降り、日照時間が短い環境で生息しています。
ですので、このように樹木の上にもいろんな種類の苔がたくさん生息していけるんですね。

 

 

ツガの巨木に着生しているいろんな植物。

樹木の上で生息している苔たちがスポンジのようになっていて
樹の上でも十分に水分を得ることができるんですね。
このように、樹の上の水分で生きている植物のことを
着生植物と言いますが、
この着生植物が非常に多いというのが、
雨の多い屋久島の森の最大の特徴と言えます。

 

 

屋久島で「苔」というと白谷雲水峡が有名ですが、苔の種類が多いのはこちらの
淀川原生林コースになります。

ミズゴケ、ムクムクゴケ、タカサゴサガリゴケ、ヒノキゴケ、ケチョウチンゴケ・・・・
いろいろ見分けられると楽しいです.

時間には十分余裕があるコースですので、
じっくり植物観察や写真撮影をするのも贅沢なひと時です。

 

 

そして、淀川に到着。
ここでお昼のお弁当を食べましょう!
ほとんどの登山者は、早朝5時30分ぐらいに歩き始め
宮之浦岳や黒味岳を目指しますが、
淀川原生林トレッキングのコースタイムですと
ほとんど誰もいない静かな淀川を満喫できます。

 

ここで昼食をゆっくりとり、コーヒー(お茶)タイム。
贅沢な森の時間を満喫できる、
淀川トレッキングツアーです。

 

 

 

淀川の森トレッキングツアー のアートギャラリー

  • 淀川の森トレッキングツアーの画像
  • 淀川の森トレッキングツアーの画像
  • 淀川の森トレッキングツアーの画像
  • 淀川の森トレッキングツアーの画像
  • 淀川の森トレッキングツアーの画像
  • 淀川の森トレッキングツアーの画像
  • 淀川の森トレッキングツアーの画像
  • 淀川の森トレッキングツアーの画像

淀川の森トレッキングツアー のメニュー詳細

淀川トレッキング

淀川トレッキング の基本情報

距離約3km
標高差100m
対象年齢5~70歳(高校生以下は親同伴)
健脚度健脚度健脚度健脚度健脚度健脚度

淀川トレッキング の料金表

1名様 2名様 3名様 4名様 5名様 6名様
エコツアー料金(税込) 23,000 28,000 13,000 48,000 55,000 60,000
ひとりあたり(税込) 23,000 14,000 13,000 12,000 11,000 10,000

必需品!持ち物リスト(色付きのリストはレンタル可能です)

レインウエア 上下に分かれてフードのついたしっかりしたもの(お天気でも必ず持参ください)
トレッキングシューズ 足首までしっかりとサポートされているもの(靴下は厚手で、くるぶしより長いもの)
ザック(カバー付) 20リットルサイズが適当です
ストック 下るとき、あると便利です
ペットボトル 水筒替わりに。500ml程度のもの
軽量折りたたみ傘 雨天時の休憩、お弁当をとるときに役立ちます
手袋 防水加工タイプがおすすめ(夏は軍手でも代用可)
お弁当 エコツアー前日、宿で手配できます。もしくはガイドが代行手配できます。原生林コース・太鼓岩コースは昼のお弁当、スペシャルコースは朝昼のお弁当が必要です。
タオル 1~2枚程度。汗拭きや汚れ落としなど。
各自保険証

btn_rental_grn

服  装

  • 上は季節によって長袖Tシャツ、半袖Tシャツ、その上にフリースなど着脱が容易なもの。
  • 下は伸縮、速乾性のある軽い素材のもの(濡れると伸縮性のなくなるデニムはNG) 寒い時期はアンダーにCW-Xのようなレギンスタイプを履くのもよいですね。暑くても生足半ズボンはNGです。
  • 野球帽のようなツバのあるキャップ(レインウエアのフードを被ったとき視界が開けます)

確認事項

  • お申し込み送信後、当店からお見積もり、事前振込口座案内のメールが届きます。
  • エコツアー催行10日前まででしたら、事前のお振込をお願いします。
  • 当店は基本貸切のご案内ですので、貸切料金は加算されません。
  • 7名様以上の団体様は、お電話などでご相談ください。
  • 各コース消費税込の料金です。
  • お弁当や山岳部環境保全協力金(1000円)などは別途料金になります
  • 当店で国内旅行傷害保険に加入できます。補償内容はこちらのページでご確認ください。
  • エコツアー当日,宿までの無料送迎サービスいたします(基本宮之浦~尾之間地区) それ以外の地域は、レンタカーなどで指定の場所までご集合願う場合もございます。

頁トップ

電話番号